人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」SM愛好家の中年男が好色なキャリアウーマンを緊縛陵辱

2017-03-06 [週刊大衆2017年03月06日号]
パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

事件調書
被害者 29歳のキャリアウーマン
犯行現場 ラブホテル
犯行手口 手錠とロープで拘束し陵辱
レイプ犯 46歳のアルバイト

 法廷内に犯行の証拠品として、各種のSMグッズが並べられ、裁判官が被告の中年男に聞いた。「あなたはSMマニアですか?」「はい……。俺は女を怖がらせて痛めつけたい“変態”なんです」

 そう答えた男は、行きずりの女性とラブホテルに入ると彼女を緊縛。SMグッズを悪用し、さんざん痛めつけたあげく、凶悪な陵辱に及んでいたのだ

 村上広治(46)は、アルバイトを掛け持ちしながら安アパートで、一人暮らしをしていた。外見は温厚な印象だったが、いつも持ち歩く黒いカバンの中身が、村上の心に巣食う“ドス黒い欲望”を表していた。そこには、数々のSMグッズが詰め込まれていたのだ。チャンスさえあれば、女を徹底的に痛めつけたいという一心で、村上は生きていた。

 村上は生まれた直後に路上に捨てられ、養護施設で育てられた。母親の生死も分からず、まして父親の存在など想像することさえできなかった。やがて男女の営みを知った村上は、自分のような人間を生みだした行為であるセックスを激しく憎み、強く呪った。

 セックスや女性に対して激しい憎悪を抱える一方で、自身の性欲は強く、仕事をしてお金が入るようになると性風俗店に行き、SMクラブでも遊んだ。“俺はセックスがしたいんじゃない。女に憎しみをぶつけたいだけなんだ” 村上はいつも、心に怒りと性欲がないまぜになった“澱(よど)み”を感じていた。

 そんな心に降り積もったドス暗い思いを晴らそうと、村上は黒いカバンを提げながら、アルバイトの帰りなどに女性をナンパして回るようになった。

 村上は、ナンパには成功したものの、2度ほど犯行寸前で失敗したことがあったと後に供述している。1回目は、ナンパ相手とラブホテル街を歩いている最中のことだ。「ねえ、そのカバンに何が入ってるの」と聞かれ、ぎっしりと詰まったSMグッズがバレてしまったのだ。たちまち女性に逃げられ、村上は犯行を諦めた。2回目は、ナンパ相手とラブホテルの部屋まで入ったものの、SMグッズを取り出した瞬間に激しく抵抗され、部屋から逃げられてしまった。

 失敗を繰り返し、村上はさらに邪悪な思いが増していった。そんな彼の毒牙に掛かってしまったのが、証券会社のキャリアウーマンで独身の野口友紀さん(29)だった。悲劇は週末の晩に起こった。

次ページ >> 豊かな乳房がプルンと揺れて、シャワーを浴びながら…

パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

上品さの中に知性と艶を感じさせる端正なビジュアルと、170センチの長身スタイル。森下夕子さん52歳。彼女の本業は現役弁護士。仕事と子供の成長を生きがいに順風満帆に暮らしてきたものの、気付けば年齢も5…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号