人妻大衆 TOP 桃色コラム

テレビ美女「エッチな性癖」大暴露!

2017-02-13 [週刊大衆2017年02月13日号]
雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

 おっぱいマニアの元AKBセンターから、ダメンズ好きの平成の団地妻まで、高嶺の花がヒタ隠す「恥ずかしい」性的嗜好とは?

「なくて七癖」というように、人は誰でも自分だけのクセやこだわり、性癖を持っているもの。テレビ美女も事情は同じらしい。

 1月16日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、共演した巨乳グラドルの胸を背後からモミモミ。“おっぱいマニア”ぶりを世に印象づけたのは元AKB48の大島優子(28)。

 この日はドラマ『東京タラレバ娘』の番宣で、主演の吉高由里子(28)と共演の榮倉奈々(28)、大島の3人が集結してガールズトークを繰り広げたが、榮倉が「おっぱいが生で見たい人」として、Iカップ爆乳グラドルの天木じゅん(21)を指名。天木がスタジオ内に登場すると、3人は大コーフン状態になった。

「天木は地下アイドルグループ・仮面女子の元メンバーで、148センチと小柄ながら、B95のデカパイで人気急上昇中。榮倉が彼女を指名したのも、大島から教えてもらったのがきっかけだそうです」(テレビ誌記者)

 吉高、榮倉、大島の3人は、天木のおっぱいを見るだけでは収まらず、触りたいとリクエスト。「ぜひ、触ってください」と天木が答えると、榮倉は軽く胸にタッチして、「やば~い、やば~い、すご~い、フワフワ」とエキサイト。

 吉高も胸の谷間に触って「広げたい」とノリノリだったが、大島は天木の背後に回って、後ろからおっぱいをわしづかみすると「うお~ッ!」と大絶叫。あまりの“オヤジぶり”にMCの上田晋也が、「何を興奮してんだよ!」とツッコミを入れたほどだった。

 それもそのはず、「大島優子はAKB時代から、人のおっぱいを見るのも触るのも大好き人間として有名でしたからね。彼女自身も楽屋ではパンツ一丁になり、おっぱいを惜しげもなく露出。AKBのメンバーの胸も“ほとんど網羅している(見たことがある)”そうです」(グラビア誌編集者)

 芸能ライターの織田(おりた)祐二氏は、こう付け加える。「大島はキスシーンの前に焼肉を食べるそうです。相手の反応を見るのが楽しみなんだとか。その発想自体が“セクハラおやじ”そのものですよね(笑)」

 おっぱいといえば、吉高由里子も、ドラマで共演した男優やスタッフに“乳首ツンツン攻撃”をすることで有名だった。

次ページ >> 下ネタ好きで“乳首ツンツン攻撃”

雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号