人妻大衆 TOP 桃色コラム

橋本マナミ「フェロモン暴走」が止まらない!? “公開逆セクハラ”一部始終

2017-02-03 [週刊大衆2017年02月06日号]
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

 類まれなるセクシーさとサービス精神で話題を提供し続ける“エロ女神”が、今年もさっそくやってくれた。溜め息と興奮に満ちたその模様を余すことなく公開する!

 1月17日、東京都内で行われた記者会見が、まさかの“公開逆セクハラ”劇場と化してしまった。事情を話すのは、映画記者だ。「会見は、韓国映画『アシュラ』が日本公開されるに当たってのPRイベントで、メガホンを取ったキム・ソンス監督が主役でした。ところが、映画PRのために会場に駆けつけた橋本マナミさんが、そのフェロモンを暴走させ、監督や報道陣が赤面するシーンの連発だったんです……」

 会見冒頭、キム監督が、まずは報道陣に対して映画の魅力を熱く述懐。そこへ、真っ赤なドレスで登場した橋本だが、存在そのものが、もはや“事件”。豊満な胸は衣装からあふれんばかりの迫力で、タプンタプンと揺れる始末。一方で視線を下に移せば、膝上15センチはあろうスカートのミニっぷりで、誰もが息を飲んだのだ。

 くぅー!! 「ドレスのサイズが少し大きめだったのか、たびたびズリ落ちてしまって、乳輪が危うく見えそうになるんです。そのたびに橋本さんは胸元のドレスを持ち上げるんですが、それがエロいのなんの……。そんなシーンが10回はありましたね」(前同)

 衣装だけでも十分だが、それだけで終わらないのが彼女のスゴいところ。キム監督との2ショット撮影を求められると、なんと、監督の腕を自ら導いての腕組みを披露。しかも、「妖艶なGカップを、監督の左腕に思いっきり押しつけたんです。このサプライズには監督もタジタジで、思わず顔を背けてしまうほどでした」(前同)

 さらには、トークでも男心を惹きつけた。“愛人キャラ”として人気を博した彼女だが、愛人にしたい男性のタイプを聞かれると、「ジェットコースターみたいなスリルのある男性」と即答。続けざまに、具体的な相手を尋ねられると、「ダメ、ダメ……」と赤面して照れながらも、「宇梶剛士さんみたいな方が(いい)。危ないイメージなんだけど、すごく優しくて。危なさと優しさの間で揺れ動きたい」と、仰天の“実名告白”をカマす始末。

 会見を見た芸能記者は、「もともとサービス精神が旺盛で、切り返しもうまい橋本さんですが、今年は一皮ムケた姿が見られそう。“エロ神って”いました」と絶賛したうえで、次のように分析する。

「おそらく、昨年末のNHK紅白に出演し、妖艶なダンスを踊ったことが大きな自信につながったんでしょう。だって、国民的番組でお色気を披露するということは、日本全国に、そのセクシーキャラが認められたということですから」

次ページ >> NHK紅白歌合戦で外れたブラジャーのホック

吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

ある日、一人息子のトオルがいじめられていることを知った香織は、その身を挺して息子を守ろうとする。そんな健気な香織に、ヨシノは息子の目の前 で裸になることを強要する。そして無理やりオナニーをさせて写メ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号