人妻大衆 TOP 桃色コラム

金も見た目も関係なし!? 「還暦からモテる男」になる方法

2017-01-19 [週刊大衆2017年01月23日号]
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

金があるワケでも見た目が良いワケでもない。なのに若い頃より女運がイイ! 末広がり人生の秘訣とは!?

 還暦を超え、定年を迎えても艶聞が絶えない人がいる一方、本誌50代後半記者のように、同窓会のときも元同級生の女性陣に避けられる男もいる。いったい、どうして、こんな差が出るのか? まずは70歳を超えても現役バリバリ、いまだに女性から夜のお相手をお願いされる、漫画家の成田アキラ氏に話を聞いてみた。

「還暦を超えてモテる男ってのは、簡単に言えばスケベなんですよ。ボクは人一倍スケベだから、モテたいし、セックスもしたい。だから、服装も女性から嫌だなって思われないように気をつけ、若さと健康を保つ努力もしています。逆に言えば、モテたい、ヤリたいと思わなくなった男は、どんどん老けて女にもモテなくなるんです」

 特に50代半ばを超えると、体や肌、頭髪などの見た目も老けてくるから、「もう女はいいや」と諦めがち。「55歳を過ぎたら、スケベ心を“意識的に”喚起する必要がある。僕も道を歩いている女性を見て“セックスすれば、どんな感じなんだろう”と妄想をするよう心がけています」(前同)

 還暦を超えると“男”であることから脱落した人が増えるため、スケベ心を保ち続けた普通の人が、自然とモテ始めるというわけだ。では、実際に女性に対面したとき、どんなことに注意すればいいのか。話を聞いたのは、熟女の色香がムンムン漂うFカップAV女優の倉本雪音さん(47)。実は彼女、事務系OLだった30代後半の頃に、新宿の交差点で60代の男性Aさんから声をかけられ、今も交際中だという。

「飲んだ帰りに交差点で信号待ちをしていると、スッと近寄ってきて“ビール一杯だけでもご一緒しませんか”と誘ってきたんです」

 彼女は「じゃあ終電まで」と応じたのだが、第一のポイントは、いいなと思った女性にはダメモト覚悟でとにかく声をかけること。

 ちなみに倉本さんには、もう一人、現在70歳近い彼氏もいるそうだが、こちらもきっかけはナンパ。「たまたま出席したセミナーの隣の席の方で、講義後に“ちょっとお茶でも?”と誘われたんです」(前同)

 前出の成田氏もこう言う。「特に中高年は、外見がいい男よりも、マメに声をかける男のほうがモテます」

 実際、Aさんは髪もやや薄めで白髪交じりだったが、「モスグリーンのコートが上質そうで雰囲気も良かったので、一緒に飲んでもいいかなって。男性って腕時計や靴といった小物にこだわりますけど、第一印象で見るのはコートや上着など面積の大きいものですね」(前出の倉本さん)

 不倫相手は62歳というネイリストの恵さん(43・仮名=以下同)も、こう語る。

次ページ >> 金も見た目も関係なし!? 「還暦からモテる男」になる方法

池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

あるスマートフォンが女性たちの間でバカ売れしています。その理由を次の中から選んでください

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号