人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

40代人妻の「不倫激増」4つの理由

2016-11-02 [週刊大衆2016年11月07日号]
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

普段は控えめでしとやかな奥様が、些細なきっかけで道ならぬ道へ……。そこに隠された女心を徹底分析!

代人妻の不倫が「どうにも止まらない」状態になっている――。
避妊具メーカーの相模ゴム工業が、パートナーのいる女性約1万4000人を対象に調査した『ニッポンのセックス』(2013年)によると、<現在、不倫や浮気をする相手がいる>と回答した女性のうち、最も多かったのは40代の女性だったのだ(19%=以下30代、20代と続く)。

四十といえば不惑の年。分別もあるはずの40代人妻が、不倫に走るのはなぜなのか。今回、40代女性に不倫のきっかけを聞くと、トップが≪子どもが手を離れたので働きに出た≫という結果になった。

子どもに手がかからなくなり、仕事や趣味などで外に出る機会が増える。当然、不倫のきっかけも増えるというわけだ。今年4月から、事務職のパートに就いた美弥さん(42・仮名=以下同)も、働きに出たのが不倫のきっかけだったと語る。お相手は、パート先で指導してくれるNさん(40)。スーツがピシッと似合う、褒め上手の男性だった。

「仕事がうまくできると、頭を撫でんばかりに褒めてくれるんです。手の込んだ料理を作っても反応がない夫とは、大違いなの」
こんな好感が恋愛感情に変わったのは、誕生日にこっそりプレゼントされた小さな花束だった。

「主人は私の誕生日さえ忘れていたのに、彼は私がチラッと話した誕生日や好きな花まで覚えていてくれたから感激でした」
肉体関係に至ったのは、ご主人とほとんど口を利かない状態だったこともある。
「彼と、体の一線を越えるつもりはなかったんだけど……夫とは会話すらなく、寂しいっていうのもやっぱりあったんだと思います」

このケースだけでなく、40代人妻が不倫のハードルを越えるのは些細なきっかけが多い。子どもが手を離れ、地元有志が主催する郷土史研究サークルに入会した真澄さん(44)は、世話役のKさん(55)と道ならぬ関係になった。

「知的で面倒見がいい彼を“素敵な男性だな”と思っていたんですが、町の史跡を見学するイベントに参加した日のことでした。古い建造物の中を歩いているときに、段差がある場所で、彼がスッと私に手を差し伸べてくれたんです。あんなふうに女として扱われたのは本当に久しぶりだったから、なんだかポ~ッとしちゃって……。家に帰ってもグッと握りしめられた彼の手の感触が残っていたぐらいでした」

以降、真澄さんはKさんに急接近。「次の史跡巡りイベントの下調べ」という名目で、2人きりで会うようになり、体の関係を持つまでに、さほど時間はかからなかった。
「彼に会うときは、スカートをはき、お化粧も念入りにするんだけど、夫はこんなこと、全然気づかないんですよね」

夫がこんなに無関心だから不倫に走ったのだろうか。前出の美弥さんは「1年以上、セックスどころか会話もない」状態で、真澄さんも「夜のオツトメは年に1~2回」。≪セックスレス≫の40代妻は、ちょっとしたきっかけで一線を越えるようだ。
ちなみに、前出の『ニッポンのセックス』によると40代女性の56%がセックスレスおよび、それに近いと回答している。本誌の調査結果にも、こんな辛辣な回答が並んだ。

<正直、デキないんだったら、バイアグラでもなんでも飲んでよって言いたいときがあります>(42・パート勤務)
<完全レスになって4年。もう一生セックスはないかも……。40代のうちに一生の思い出になるセックスをしたい。不倫でもかまわないです>(47・会社員)
<夜、隣に寝ている夫のお腹を、なんの気なしに触ったら、いきなりパチンと手をはたかれたことがありました。別にアレがなくてもいいんだけど、せめて手を握るとかのスキンシップが欲しい>(43・公務員)

「現在、浮気検討中」と書き込んだ由樹さん(45)には、直接、話を聞いた。
「夫は10歳年上だから、ある程度は仕方ないと思っているんですが、まったくないのも寂しくて……。だから、こないだ、夫を温泉旅館に誘ったんです」

子どもが生まれてから夫婦2人の旅行は初めて。ご主人はあまり乗り気ではなかったが、彼女は密かに女性誌で『夫婦の愛情を高めるマッサージ法』も勉強して臨んだほどだった。
「ところが、夜になると夫は先にさっさと寝てしまって……。私が体を揺らしても寝たふりをするんです。なんかもう、悲しいやら腹立たしいやらで。“夫がそんなつもりなら、もう浮気するしかない”って腹をくくりました(笑)」

由樹さんは現在、出会い系で物色中というが、すでに浮気を実行した奥様もいる。ふっくら系美熟女の麻美さん(47)だ。
「1年ぐらい前、夫に迫ったときがあったんです。すると“まだしたいのかよ。自分の年と体を考えろよ”って言うの。ひどいでしょう? あれは本当にグサッときました」

このときから、ネットを使って不倫相手を探す日々が始まった。
「何がなんでもセックスしたいってより、あの夫の言葉への反発とか、“まだ、私とセックスしたい男性はいる”っていうリベンジみたいな気持ちでした」

次ページ >> 40代人妻の「不倫激増」4つの理由

吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

抜群のプロポーションと美貌で、会場の人々を盛り上げる高嶺の花たち。見た目からは想像できない衝撃の下半身をほろ酔いザンゲ!

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号