人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

性格いいタレントは誰!?「お願いすればSEXさせてくれる」と噂の芸能美女

2016-10-29 [ヴィーナス2016年10月04日号]
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

彼女たちは、いわゆる“ヤリマン”ではない!! 男に土下座で頼まれると断れない“女神様”は芸能界にも多数、存在。世の男たちを優しさで包んでいるのだ。
芸能美女たちのマル秘エピソードを徹底探求!!

「芸能人が、芸能人同士で交際、SEX、結婚する時代は、もう終わりですよ」と言うのは、ベテランの芸能記者。
「先頃、結婚したS・E(34)、G・M(30)などを挙げるまでもなく、“一般男性”と結婚する芸能美女は、この20年近くで大きく増加しているんです。実際、その辺のバーや飲み屋などで聞き込みをすると、常連さんとも仲良く飲んでいる芸能人が多いこと、多いこと……」(前同)

我々も、いつ何時、憧れの芸能美女と知り合い、交際に発展しうるか、分かったものではない。
そこで今回、本誌では、「お願いすればSEXさせてくれると噂の芸能美女」を暴露! 拝み倒せば断れない「性格いいタレント」は、誰だ〜!?
まずは、映画やテレビを中心に活躍する“女優”から。

「間違いなく、Y・Y(28)ですよ」と怪気炎を上げるのは、業界歴15 年のスポーツ紙芸能記者。彼女は、性格も非常に良いという。
映画宣伝会社のスタッフが言う。
「気取りがなく、下っ端のスタッフにも気を遣うチャーミングな女性です。誰とでも友達みたいなノリで話します」

前出のスポーツ紙芸能記者も、「そう、友達は男女関係なく多いんですよ。で、地元の周辺を聞き込みすると、同級生や先輩と、今もよく飲み会をしているようです。ただ、会を開くと、Y・Yと体の関係を持ったと主張する男がゾロゾロいるそうですから、やはり、頼まれると断れないのでは」
映画で見せたような、激しいSMプレイもあった!?

飲み会で、「Y・Yは、キャッキャッと言いながら下ネタを連発する」(前同)というが、それに負けていないのがN・M(29)だ。
「酔っ払って、その場にあったバナナを手にし、股間へ持っていき、腰振りダンス。ある夜は、若手芸人相手に、“カキは絶倫食品だよ”“アナタの出身地でオマ○コのことを方言で、なんて言うの?”などと容赦なし。かなり酒豪だし、酔った勢いでお願いしたい」(夕刊紙記者)

同じくサセ頃のアラサー世代では、忘れてはならないのがA・H(31)。
「ほんと、ド天然で人間的魅力がある人。スタッフにも分け隔てなく、いつも笑顔で接しています」(制作会社スタッフ)
女性からも男性からも愛される“性格美人”なのだ。
「Aは年上男から口説かれて、交際するパターンが多いのは周知の事実。インタビューでも“女性は押しに弱い”という持論を展開しており、恋愛に関しては完全に“受け身”です」(芸能事務所スタッフ)
もしやベッドでもマグロ!?

そして、子持ち人妻のU・A(30)も「押せばイケる」と、もっぱら。
「AとUは“性格良い女優”の二大巨頭です」と言うのは、映画会社スタッフ。
「Uでいえば、あれだけの“顔・体・演技力”を持つパーフェクトな女性なのに、どこかスキがあるんです。周りに他のスタッフさえいなければ、グイグイ押してましたが……」(前同)
偶然の再会に期待!?

一方で、「僕がお願いしたいのは、I・H(40)さんです!!」と欲望を吐露するのは、冒頭のベテラン芸能記者。
続けて、こんな都市伝説を披露するのだ。
「かつて交際していた男性によれば、“彼女の性欲が凄すぎて太刀打ちできず、別れることになった”という話です。彼がIの家に行くなり、玄関で靴を脱ぐ前にフェラを仕掛けられたこともあったとか……」

信じるか信じないかはあなた次第だが、逆にK・M(39)は典型的な“押しに弱い女”だという。
「高視聴率ドラマでおなじみの俳優S・Mと結婚しましたが、きっかけはSからの熱烈なアプローチ。猛チャージの結果、結婚を決意したんです」(民放局ディレクター) ぜひ、お相手願いたい!!

さて、バラエティ番組に出演多数の人気タレントたちも、性格が良く、たおやかな女性が少なくない。断トツで腰が低いのは、I・S(32)だ。
「某プロ野球球団との仕事をやっていたときは、“神宮球場の女神様”といわれていました。というのも、男が“頼む!”と土下座すれば、即座に応じる器のデカさがあったからということです。“ベッドテクが凄い説”“ドM説”など、未確認ながら夜の伝説も多数、聞こえてきています」(前出の夕刊紙記者)
ロリ顔に大きなおっぱい……くぅ〜、たまらん!!

今やワイドショーでおなじみの人気者K・R(22)も“性格良い美女”と、もっぱらの評判だ。
「確かに(テレビでの)リアクションが大きすぎるけど、あれもドMゆえ、相手に合わせて反応しているだけのこと。典型的な押しに弱い女性です」(番組プロデューサー) こじるりの“隠れ巨乳”にムシャぶりつきて〜!

バラドルでいえば、“はんなり美女”Y・M(34)の動静も、見逃せない。
「ここ数年、マラソンに打ち込んでいるからですかね。夜のほうが非常に“強い”とも聞いてます」(前出のスポーツ紙芸能記者)
加えて、Yは、部屋が散らかりっぱなしの“片づけられない女”であったと自身で告白しているが、片づけられない女は、自制心に欠け、押しに弱いという“安い女”が少なくないといわれていますが、事実、私もその通りだと思います」(スカウトマン)

一方、S(31)も、ガンガン押せばイケると囁ささやかれる一人。
「SNSでは、露出度の高い水着姿の写真を次々とアップしています。“かわいいね”“セクシーだね”とでも褒めて、頼み込めば、1回くらいサクッとヤラせてくれそうです」(前出の民放局ディレクター)
あのアニメ声で喘がれたら……くぅ〜、最高!!

S・S(28)も噂の一人。性格が良すぎるのだ。
彼女をインタビューしたことのある記者が言う。
「現場で、完全にこちらが原因のトラブルがあって迷惑をかけたんです。でも、ずっと笑顔で、優しい女性でした」
芸能プロ幹部は言う。
「Sが、かつて熱愛を報じられた唯一の相手は一般人の男性でした。福岡出身の彼女は、九州女性らしく“押しに弱い”と自分で話しているほど、優柔不断のようです」

一方、“トリプルスリー”を達成した“若き球界の至宝”Y・T選手との「通い愛」が報じられたK・A(36)の名も挙がる。
「仕事がなかった不遇時代に仙台へ行き、キャバクラで働いていたんです。で、そのときのお客さんと恋に落ち、芸能界を引退して、結婚しようと考えた時期もあったと、本人が話しています。良い意味で、軽いところがあるんです」
熊切も、昔は水着で誌面を彩った“グラビアアイドル”だが、他のグラドルたちも男の土下座に弱い。

問題発言で物議を醸したのは、T・Y(34)。名古屋の番組で、地区限定かつ深夜放送なのをいいことにブチまけている。
「“ここ10年、彼氏がいない”としながらも、“いろいろとやってはいますけど……”と、SEXフレンドの存在を公言。そのうえで、“ファン喰いしたこと、ありますもん!”と爆弾投下。ファンとSEXしたんです」(女性誌記者)
あのグラマラスなナイスバディを……と垂涎必至!!

現在も、トップグラドルとして第一線をひた走るFカップ巨乳K・Y(30)も負けてない。
「最近は、舞台女優の仕事なども増えてますが、懸命に稽古をしている印象があります。それに、現場に溶け込もうと低姿勢で、他の出演者とも密なコミュニケーションをしているんです」(演劇関連スタッフ)
続けて、「そのコミュニケーションが密過ぎるからか、勘違いした俳優たちがアタックしては死屍累々。一方で、“ヤッた”と吹聴している人もいますが……」
イケそうな気がするのも、分かる気もするが……。

芸人のK・Kが、「許されるものなら仰向けに寝転んだ俺の顔に座ってほしい(笑)」と絶賛する美尻の持ち主が、Y・K(29)。彼女も噂の一人だ。
「典型的なドMです。バラエティ番組では、視聴者を口汚く罵る役を演じていましたが、実際は真逆。押せば落ちるんでしょうが、今は実家住まいらしく、門限の時間もあるよう。それがネックですが……」(前出の民放局ディレクター)

グループアイドルも、やるときはやる。Aグループでは卒業生も含めて多くのメンバーがいるが、「O・M(28)とS・M(30)は金持ちのオジサマ、S・R(23)とK・Y(25)はイケメン限定で、ハードルは高い」と指摘するのは、A番の編集者。しかし、一縷の望みが。
「O・Y(27)です。握手会では“神対応”とされていますが、確かに凄い。ファンの男性が“毎日、Oさんで抜いてます!”と言ってきたところ、“しょうがないなあ。ほどほどにね”と大きな愛で対応。ファンでも、スタッフでも、誰にでも優しいんです」(前同)
自宅や楽屋では全裸になる“裸族”のO……お願いですから、見せてくれ!!

最後は“真打ち”D・A(26)。性格が良いだけではなく、夜もお盛んなようで……。
先日、放送されたラジオ番組に出演し、“マグロ疑惑”を追及されると猛反発!
「私、マジで声出し過ぎて、次の日、声出なくなる。めっちゃ動くし、めっちゃ声出しますよ」と積極性をアピールすると、続けて、「1年半くらい前に初めて(潮を)吹きました。ビックリしちゃいました」
潮吹き体験まで告白。オイオイ、どうなっちゃってんだ……。
「これまでは“身持ち堅いキャラ”を演じて来たD・Aですが、我慢の限界が来たんでしょう。溜めてきたツケが“潮吹き発言”となって、世間にブチ撒けられたんです」(前出のベテラン芸能記者)

彼女の潮を顔面に浴びるのは、あなたかもしれない!?
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

「今日のランチは親子丼にしようかな」 そんな呑気なことを考えているアナタ! リアル親子が味わえます!!

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号