人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

トラベル&セックス! 10万円で行ける「スケべぶらり旅」

2016-10-16 [ヴィーナス2016年9月4日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

ひと夏のアバンチュール……そんな華々しい世界とは無縁の記者についに、ついにチャンスが到来!! フーゾクではない、笑顔の優しい素人女性と好き放題ヤリまくる!

「やっぱり、と言いますか……タイが今、めちゃくちゃアツいんですよ!」と言うのは、ベテランのトラベルライター。
むろん、アツいと言っても気温のことではない。
「往復便、宿代、そして諸々のお金を含めて10万円もあれば、ゆうにタイの素人の女の子とハメハメできるんです。しかも若い、かわいい、気立てはいい、明るい……そのうえ、プレイも激しいと来た!」(前同)

むむ、聞き捨てならぬスケベ情報だ。ここで黙っていたら男がスタる。実際にどうすればいいのか、徹底リサーチ!! 格安の航空券をゲットする術、安価な宿を確保する方法、そして、タイ美女と出会って持って帰る奇策を極秘伝授しよう!

まず、格安航空券のゲットする方法だ。3泊4日と想定し、8月26日(金)に東京発、29日(月)にタイ・バンコク発のものを直行便で調べると、ANA(全日空)だと6万5830円、JAL(日本航空)だと5万3530円(時期による変動あり=以下同)。
「10万円以内に収めるには、少しばかり高いなあ……」と思うのが正直なところだろうが、爆発的にチケット代を下げる裏ワザがあるという。旅行代理店スタッフが、こっそり打ち明ける。

「インターネットですよ。今、LCC(格安航空会社)の航空便が非常に安く、それをインターネットを使って予約するんです」
パソコンに向かうのが得意ではない記者だが、ここで折れては先がない! と意気込んではみたものの、教えられたサイトを見てみると、実にあっさり、簡単に予約ができてしまった。「『トラベルコちゃん』、『エクスペディア』というサイトがあるんですが、これはいわば、私たち旅行代理店の業務をネット上で行っているようなものです。日付を入れて、行き先を入力すれば、選り取り見取りの格安航空券がズラリと並びます」(前同)

今回、予約するのは『スクート』というシンガポールにある航空会社の成田―バンコク直通便。お値段は3万3672円――ANA便と比べると、3万円以上も安い!
「タイは、アメリカへ行くときに必要なESTA(電子渡航認証システム)への申請なども必要なく、30日間以内の滞在であれば、ビザも不要。パスポートさえあれば行ける手軽さも、魅力なんです」(バックパッカー)
これで“足”の確保はバッチリOKだが、さらに、「LCCは定期的に“セール”を開催しています。これ以上、もっと安くなるんです」 と言うのは、前出のバックパッカー。

「先ほどの『スクート』でいえば、7月下旬に成田―バンコクの往復で1万円台の便を出していました。数千円で海外に行ける便も多くあります」(前同)というから、知られざる価格破壊に驚くばかり。こうした“爆安航空券”をゲットするためには『エアアジア』、『ジェットスター』など、各LCCのホームページを定期的にチェックするのがいいという(『ピーチ』、『バニラエア』はバンコクへの直通便はないが、香港などにお得便あり)。
「加えて、LCCのお得情報でいえば、『トライシー』というサイトが最新ニュースを配信していて、使えます」(同)
金が惜しけりゃ、検索すべし!!

さて、お次は宿の確保だ。
「先ほども言った『エクスペディア』、そして『Agoda』というサイトで検索すると、ズラリとホテルが出てきます。1泊3000円ほどのホテルで、十二分。この値段で、中級ホテルに泊まれます」(前出の旅行代理店スタッフ)
3泊で〆て9000円。日本でサウナに泊まるより安い!
そして、宿で肝心なのは、“場所”。
バンコク市内でいろんな場所にアクセスしやすい“スクンビット地区”に取るのがベターだという。
加えて、もっと宿泊費用を下げる方法も存在するというのだ。

「タイのホテルは、“1人あたり”ではなく、“1部屋あたり”で、値段が決まっています。 つまり、1泊3000円の宿でも、友人を連れていけば安くなる、という策も一つの手です」(旅行雑誌のカメラマン)
よし……航空券も宿も万全だ。そうしたら、次は出会いだ! 
連れ出しOKな「ゴーゴーバー」で女の子をゲットするのは定石だが、「それもいいけど、極上の素人と遊べるほうがよくないですか?」とスケベそうな顔で言うのは、冒頭のベテラン旅行ライター。

「SNS(ソーシャル・ネット・ワーキング)ですよ! スマホ1台あれば、大丈夫です。Facebookみたいなもので、タイのピチピチギャルがホイホイ釣れちゃうんです」(前同)
スマホ程度なら、どうにか操作できる記者には非常にありがたい話。さっそくチャレンジしたいものだが、日本で契約したスマホをそのままタイで使うと、ン十万円も電話会社から請求されかねないのが実情だ。どうすれば……?

「あらかじめ、日本の中古携帯ショップで、SIMフリーのスマホを買っておくんです」(同)
日本全国各地にある中古携帯ショップ。そこで、SIMフリーのスマホをまず入手。値段は1万円くらいだという。
「で、バンコクの空港に着いたら、“トラベラーズSIM”をゲットしましょう。『TrueMove』『AIS』『DTAC』という3社があるんですが、そこで、1週間ほど電波を使えるSIMが1000円程度で売られているんです」(同)
航空券は3万3672円、宿が9000円、通信費が1万1000円……まだ5万円ちょっとだぞ!

「食事は“地元めし”が一番ウマいです。だいたい300円とか、500円とかあれば事足ります。これで、3食を4日間食べても6000円以内。あと、これは好みの問題ですが、高いレストランはいわば観光用で、あまりオススメはしません」(前出のバックパッカー)
なんと、6万円で収まった!! あとはギャルと会うだけ!

次ページ >> トラベル&セックス! 10万円で行ける「スケべぶらり旅」

モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号