人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

いつでも、どこでも、誰とでも! 平成生まれ「ずるマン女子」ハメまくり実態

2016-10-15 [ヴィーナス2016年9月4日号]
社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

今、場の流れに引きずられ、ずるずると股を開いてしまう女子、通称“ずるマン女子”が急増している。
年の頃は10代後半~20代前半、ゆとり世代の後輩にあたる、さとり世代が主らしい。
周囲の空気を敏感に察知し、ハミ出すことを恐れる彼女たちは、他の世代には到底理解できない、とんでもない理由でハメまくっているというのだ。その実態を徹底取材!

「だって、かわいそうじゃないですか」
セックスを拒否らない理由について開口一番、そう答えた美結ちゃん(20・居酒屋バイト・仮名=以下同)はある日、男友達に誘われた。
夜のドライブへ繰り出そうと車に乗り込むと、彼の友人2人がすでに車内にいたという。
「初めて会う人だけど、友達の友達だから、もう友達みたいなもんでしょ。その片方のKってヤツが“公園で鬼ごっこしよう”って言い出したの」
夜の公園につくや、鬼も決めぬまま彼女の手を取り、遊具方面へとズンズン突き進むK。

「ここに隠れよう」と滑り台の陰に隠れた途端、美結ちゃんの後ろに回り込んだ彼はスカートの中に手を入れてきた。
「ええやろ、ええやろ」、鼻息荒く言うKに、彼女は引きながらも……。
「そんなに興奮しているのに、断るのもかわいそうじゃん。友達の友達だから、あとで面倒くさいことになってもイヤだし。だから、そのままお尻をクイッと突き出してあげたら、前戯もなしに即パコ(笑)。マジかよって思ったけど、流れには逆らえないし、ね」

結局、三擦り半で発射した彼に、美結ちゃんは不満一つ漏らさず、友達にクレームも入れず、その夜の出来事は胸に留めたという。
その理由は一つ、ただ「かわいそうだから」だそうだ。

毎年、女友達数人と海に行くのが恒例になっているという莉奈ちゃん(23・アパレル関係)は去年も、もちろん海で、“ひと夏の思い出”を作ってきた。
「ビーチでナンパされたんです。向こうも同じくらいの人数だし、遊ぶだけなら楽しいかなと思って、みんなで、ボートとかで遊んでいたんです」
だいぶ打ち解けてきた頃、一番先輩格らしき男Mが、「ジェットスキーの後ろに乗せてあげる」と誘ってきたという。

「Mは別にタイプじゃなかったけど、ジェットスキーは楽しそうだし、乗せてもらったの。実際、めっちゃよかった。でも、いつの間にか沖のほうにいて、突然彼がエンジンを止めたの」
大海原のど真ん中、彼は莉奈ちゃんにキスをすると、ビキニの上からFカップ乳を揉み始めた。
「イヤ、イヤ!」と身を引く彼女に、「大丈夫だから!」と迫るM。
「もう、途中から断るのが面倒くさくなっちゃって。一発ヤラせないと、ビーチに戻ってくれなさそうだし、早く帰りたかったから」

こうして彼のされるがままにコトを終えると、莉奈ちゃんの予想通り、Mは素早くジェットスキーを走らせた。
「あー、やっと帰れる」と、彼女は心底、ホッとしたという。

芹香ちゃん(21・介護職)がある休日、いつものように友達とショッピングのフードコートでお喋りに興じていると、友達のLINE友達だという40代後半の男が偶然通りがかった。
「私も、そのオジサンにLINEのIDを聞かれたから教えました。それから適当にLINEをやってたんですけど、オジサン、すごく聞き上手なんですよ! 私が仕事で悩んでいると、〈分かるよ、芹香ちゃんは悪くないのに〉とか、私がオススメの芸人を教えてあげると〈俺も面白いと思う。売れるかもね~〉とか」

そして、話を聞いてあげるだけで好感度が急上昇していたオジサンから、ついに決定打が放たれた。
「数日後、会って遊ぶことになったんです。“何食べたい?”って聞かれたから、びっくりしちゃって。だって、タメの男は自己チューで希望を聞いてくれることすらないし。で、恐る恐る“お寿司食べたい”って言ったら……」
行ったのは、1皿100円の回転寿司店だった。
「マジ、ありえない! 私の意見を尊重して、ちゃんとお寿司屋さんに連れて行ってくれたんですよ? ありえないくらいイイ人じゃないですか!?」
芹香ちゃんがその晩、オジサンに抱かれたのは言うまでもない。

取材班が「回らない寿司屋じゃなくてもいいんだ?」と問うと、キョトンとして「回転寿司、マジで美味しいじゃないですか」と言うのだった。

心音ちゃん(21・大学生)は黒髪ロングに清楚なパステルカラーのワンピース姿、一見して堅そうだ。
本人も「男といるより、女友達と2人で遊ぶほうが楽しい」と言う。
取材日も女友達と連れ立って現れ、「今日、どっちのリップにしたらいいかな」「何、頼もうかな。まいぷー、どれ飲む? 同じのにするー」と、ベッタリ。

そんな彼女だが、なんと経験人数が23人の猛者だというのだ。
「いつも、まいぷーが後押ししてくれるんです。この前も、LINEのアイコンを見て“タイプだから”って私に告ってきた男子がいたんですけど、私は決めれられなくて。そんなときまいぷーが、“いいじゃん、いきなよ!”って背中押してくれたんです。で、翌日会ったその日にエッチしちゃいました。彼の家に連れてかれ、まいぷーに“どうしよう?”ってLINEしている間にガマンできなくなっちゃったみたいで」

流れに身を任せっぱなしの心音ちゃん、結局、彼とは3日後には破局。
「まいぷーがいるから、いいんもん」と、声を弾ませた。

次ページ >> いつでも、どこでも、誰とでも! 平成生まれ「ずるマン女子」ハメまくり実態

社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

有花もえ編vol.1 「処女でAVデビューした18歳の美少女が初体験を告白!」  人気のAV女優が、今まで語ったことのないディープな秘密を告白! 今回は、18歳にして、なんと処女でAVデビューしち…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号