人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」居酒屋主人が美人店員と密交 怒った女将が常連客を使い…

2016-09-20 [週刊大衆2016年09月19日号]
五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

事件調書
被害者  28歳のアルバイト女性
犯行現場 勤務先の居酒屋
犯行手口 女将に昏睡させられて
レイプ犯 40歳のサラリーマン

法廷に引き出されたのは居酒屋の女将と、店の常連客の男だった。この男は、居酒屋でアルバイトをする若い女性に片思いをし、店に通っていた。しかし、まるで相手にされなかった。そこで男は、女将と極悪な犯行を共謀したのである。

小倉克典(40)は、不動産会社に勤務するサラリーマンで、ずっと独身だった。若い頃から給料の大半を風俗に注ぎ込んで遊び尽くし、素人女性と交際した経験は一度もなかった。そんな小倉が風俗で遊んだ帰りに、ふと立ち寄った居酒屋があった。
その店は夫婦で営んでおり、水木梨沙さん(28)がアルバイトをしていた。アイドルグループにいてもおかしくない、かわいらしい顔立ちの梨沙さんは、屈託のない笑顔を振りまきながら働いていた。

小倉は思った。
“こういう女とセックスしてみたい”
その日以来、男はこの居酒屋に執拗に通い続けた。実は彼女は夫を交通事故で2年前に亡くしたシングルマザーで、幼い子どもを実家に預けていた。昼間はパン工場、夜は居酒屋で働き、実家の生活費も工面している、健気な女性だった。
そんな事情を知った小倉は、彼女にこう持ちかけた。
「結婚してくれ」
梨沙さんは、小さな笑顔で受け流すだけだった。

そこで男は、女将の美和子(47)に対して「梨沙ちゃんとの仲を取りもってよ」とまで懇願し始めた。
そんな小倉には、“恋敵”が存在した。それは、居酒屋の主人、敬之さん(51)である。彼は、妻の美和子とセックスレスの関係が続いていた。そのため、毎日顔を合わせる梨沙さんに思いを寄せるように。いつしか、彼女との再婚願望さえ芽生えてきたのである。
やがて、“恋の軍配”はこの主人に上がった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」居酒屋主人が美人店員と密交 怒った女将が常連客を使い…

五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

 看護師、美容師、女医など、専門知識が必要な職業に就いている女性は、性に対してオープンで、比較的落としやすいんだとか。「1回目のデートでもSEXはOK」の回答も、ほかの職業と比べて断トツに高い。こう…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号