人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

人妻たちの「里帰り不倫SEX」2016

2016-09-07 [週刊大衆2016年09月12日号]
シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

夫とはできない、あんなことやこんなこと。地元でこっそりと楽しんでいるんです。この快楽、クセになりそう

残暑真っ只中のニッポン。先頃、閉幕したリオデジャネイロ五輪と同様、いや、それ以上にホットに燃えていたのが、里帰りをした麗しき人妻たちだった。
懐かしい同級生や初恋の人との“命の洗濯”を堪能したスケベな奥様も少なくないようで……。

「田舎に帰ると、昔の自分に戻って気持ちも若くなるでしょ? そのせいだと思うんですよ」
首をすくめるようにしてこう言うのは、西日本に実家がある曜子さん(41・仮名=以下同)。篠原涼子に似た美人妻だが、この夏、息子さんは部活の合宿。夫(43)も仕事が忙しく、一人で実家に帰省した。

「実は、私の母校が甲子園に出まして。で、地元にいる高校時代の女友達と、球場に応援に行ったんですけど、ここで、当時の野球部員だった同級生のH君にバッタリ会ったんです」
H君(自営業)とは高校2、3年時に同じクラスだった。試合の後、友達と3人で飲みに行った。
「でも、彼が“都会に住んでると、やっぱ垢抜けてるわ~”って、私ばかりチヤホヤしてきて。当然、友達は面白くなかったようで、先に帰っちゃって……」
H君が曜子さんの耳元で、「なあ、せっかくやから、どこか涼しいとこに行かへん?」と誘ったのは2軒目の店でのこと。

「ふだんなら断ってたんだろうけど……あの夜は高校生の気持ちに戻っていたから、“シャワー、浴びたいね(笑)”って答えて」
最近、夫婦仲もシックリいってなかったこともある。
「正直、セックスもずいぶんご無沙汰だったんです」
彼に腰を抱かれるようにしてラブホテルに入るときは、さすがに胸が高鳴った。ただ、エレベーターで「オレ、もうこうなっとる」と手を彼の股間に導かれると、“何もかも忘れて楽しんじゃえ”と開き直った。

「風呂にお湯を溜めてる間、ソファでイチャイチャしてたんです。で、H君が私のスカートの中に、ゴツゴツした手を入れてきて……」
パンティ越しに秘部を撫でられると、はしたないほどビショビショなのが自分でも分かった。
「バスルームの湯船は、光が七色に点滅するやつで、彼と一緒にお風呂に入りました」

後ろから抱かれ、豊かな乳房を揉まれると、思わず自分から男のソコに手を伸ばしていた。
「H君のそれはバットみたいに硬くて太かった。腰の振りもシャープで、さすが元野球部でしたね(笑)」
その同級生が求めてしまったように、四十路美女は抗いがたい魅力を放っていたのである。

まだ結婚して1年にも満たない新婚ホヤホヤの沙織さん(28)も、山梨の実家に帰ったとき、初不倫を経験した。銀行員の夫は忙しく、一人で帰省した折、
「近所の夏祭りで、“お兄ちゃん”に会ったんです」
北川景子系の端正な顔立ちで、甘ったるい声がいかにも男好きしそうな若妻が言う“お兄ちゃん”とは、昔、近所に住んでいたMさんのこと。
「私より3つ年上で、中学2年になるまで、“お兄ちゃんのお嫁さんになる!”と言っていた初恋の人です」

彼は高校卒業と同時に、家を出て、町の工務店で働き始めたが、このお兄ちゃんが一人で暮らすアパートを、彼女は高校を卒業して地元を離れる前に訪問。
「私のほうから、お兄ちゃんに“ね、キスして”って頼んだけど、いつの間にか盛り上がって、下着も脱いじゃって……。でも、チ○チンを入れる前に、“ピンポ~ン”って彼の友達が来たから、途中で終わっちゃったんですが……」

Mさんと会ったのはそれ以来。懐かしい気持ちも手伝い、祭りを抜け出し、幼い頃に2人で遊んだ川に行き、缶ビールを飲んだ。
「私がしゃべってる間、お兄ちゃんは黙って聞いてたんだけど、話が途切れたとき、ふいに“結婚は幸せか?”と聞いたんです。なんか、私……それを聞いたら急に涙が出てきて……」

ご主人とは見合い結婚。性格もセックスも合わないという。
「回数も少ないし、すごく早いし雑で……“え?これがセックス?”って感じ。本当に、今まで一番良かったのが、お兄ちゃんとのペッティング。だから、お兄ちゃんに言ったんです。“ね、お兄ちゃん、昔やったこと、もう一度して”って」

次ページ >> 人妻たちの「里帰り不倫SEX」2016

シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 封を開くまで中身が分からないのが年明けの楽しみ福袋ですが、本誌の“ぱい詰め合わせ”はハズレなし!  新年早々、超ド級のおっぱいニュースが飛び込んできた。かつて“おっぱい番長”の異名を取ったフジテレ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号