人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」コンプレックスに悩む伊達男 一発逆転を狙って清楚美女を

2016-06-27 [週刊大衆07月04日号]
秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

事件調書
被害者  30歳の独身女性
犯行現場 シティホテル
犯行手口 睡眠薬で昏睡させられて
レイプ犯 37歳の非正規雇用者

「うまくいかない人生を一発逆転できると思って、やってしまいました」
犯行動機を法廷でこのように明かしたイケメンの男には、強いコンプレックスがあった。それは、「非正規雇用」という立場だった。
その“引け目”は、見合いパーティで出会った女性にひと目惚れしたことで、間違った方向に向かってしまうのである。

栗本雅紀(37)は有名大学を卒業後、外食産業に正社員として採用された。だが、長時間のサービス残業を強制され、一方で給料はびた一文上がらない。
“こんな給料ではやっていけない。大学時代の友人と話しても、卑屈になるだけだから会えない……”
それでも5年は働き続けたが、改善の兆しがないため、退職を決意した。学歴とルックスには自信があったため、次の働き口はいくらでもあると思っていた。

しかし、思うような職場は見つからず、貯金もすぐ底をつき、ネットカフェ難民になってしまう。
住所がなくなったことで、さらに職探しは厳しくなり、30代半ばまで日雇いバイトで食いつなぐ日々を過ごしていた。
そんな折、あてどなく盛り場を歩く栗本に、スナックのママ架純さん(45)が声をかけてきた。

「お兄さん、イケメンなのにそんな格好しちゃって。おごってあげるから、ウチで一杯やっていきなよ」
久しぶりに飲む酒に、男は饒舌になり、彼女に身の上話や悩みを吐露する。
「ウチに……泊まっていく?」
その夜、2人は同じベッドで時を過ごした。

そして、貪るようにお互いの体を求めたのだ。栗本はワレメからあふれ出る愛液をなめ上げ、架純さんは何度も絶頂寸前に。やがて、コンドームを装着したイチモツが彼女の中に導かれ、激しいピストンの応酬となった。架純さんも腰を動かして自ら快感を求める。
下腹部で巨大化する快感の波に栗本は感激し、我慢ならずに射精。その瞬間、彼女も大きなアエギ声とともに絶頂に達したのだった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」コンプレックスに悩む伊達男 一発逆転を狙って清楚美女を

秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

深夜バイトで暮らすバツイチ男の唯一の楽しみは、女性の部屋をのぞき見することだった。 そんな男が淫らに自慰行為に耽る女性の姿を目撃。 その光景に衝撃を受けた男は、彼女の部屋を徹底マークするようになった。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号