人妻大衆 TOP 桃色コラム

夫の知らない「人妻援助交際」最前線

2016-06-28 [週刊大衆07月04日号]
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

「エンコー!? けしからん!」そう言われて育った少女達も立派な大人。さらに進化した最新手口とは!?

90年代半ばから後半に起こった“援助交際”ブーム。当時、女子高生たちは「ブルセラ」をはじめ、「テレクラ援交」などで“青い果実”を売りさばいていた。
あれから約20年――。

「現在、30~40代の人妻を中心に“謝礼交際”なるものが流行り、メディアでもたびたび取り上げられています。まあ、“謝礼”と呼び方は変わっていますが、実態はお金と引き換えにデートやセックスをする、援助交際と同じ。昔取ったきねづかで小遣い稼ぎをし始めているんです」
こう説明するのは社会風俗評論家の青山輝彦氏だ。

かつての援交ブームの担い手だった女子高生たちは、大人になって結婚しても、まだ、あの味が忘れられないというのだろうか。
しかし、多くの男性はこう思うはず。誰が買うの!?
「ほとんどが60代以上の高齢男性です。この世代は30代、40代の人妻が大好物(笑)。娘以上に年が離れた若い女の子よりも、人妻のほうが優しく受け入れてくれますからね」(前同)

となると、高齢化社会に伴い、イマドキ人妻たちの「援助交際」が勢いを増すことは必至。そこで週刊大衆は、その実態を徹底取材した。
まず、気になるのは両者の“出会いの場”だ。
「基本的には出会い系サイト。<パパ募集>といった、援交相手を求める人妻からの書き込みも増えています。また、交際クラブにも、その手の奥様は登録していますよ」(風俗ライター)

むろん、60代以上の男性となれば、サイトや交際クラブと無縁の方も多い。
「ただ、最近では“パパ活サークル”なるものもできており、誰か一人がパパを見つければ、それを足掛かりに“私の友達もやりたがっている”といって別のパパを紹介してもらうんです。すると次第にサイトなどを通さずとも“出会い”は成立していきます」(前同)

実際に援助交際をしている奥様とも接触できた。
幸代さん(38・仮名=以下同)は結婚12年目の専業主婦。元美容師で永作博美似のかわいらしい熟女だ。謝礼交際は4年前から始めたという。
「女友達と飲んだとき、出会い系サイトで60代の男性と知り合って、毎回エッチのたび、5万円も貰っていると聞いたんです。驚きました。友達は私と同い年ですから。こんな年齢でも援交ができるんだって……」

かくいう幸代さんも、かつて援交少女だった。
「ただ、その当時は1回3~4万が相場。若くもないのに、今のほうが高い値段がつくなんて、信じられないですよね(笑)」(前同)

半信半疑のまま友達に別のパパを紹介してもらった。
「65歳の自営業者の方で、今も現役バリバリ。昼間にホテルのラウンジで会ったら、すぐに“この後、どうですか?”と誘われました。謝礼はやっぱり5万円で、現金の入った茶封筒を渡されました」(前同)

約20年ぶりの援交だが、抵抗感はなかったという。
「その点は慣れているというか。別に好きな人じゃなくても目を閉じて、身を任せていればいいやって感覚ですよ。それに……10代の頃と違って、それなりに体も開発されているし、夫とも最近はほとんどないんで、正直、私も気持ち良かったんです(笑)」(前同)

今では3人のパパと定期的に謝礼交際をしている。
「一番若い人は50代で、昼間に時間が取れる営業マンです。それ以外は自営業者さん。子どもが小学生なので、活動できるのはほぼ、平日の午前11時から午後4時ぐらいまでなんです。その時間帯に会える人でないと厳しいですね」(前同)

一方、男性側も人妻のほうが都合はいいようだ。
「さすがに20代の女の子を連れて歩くのは抵抗があるんだよ。周りから白い眼で見られそうだからね」
と言うのは自営業者の男性Aさん(62)。
現在、一緒に歩いても恥ずかしくない39歳の人妻と、月に1回は会っているという。
「とにかくエロいんだよね。うちの古女房と違って、キスをするだけで“うふふ~ん”なんて反応して、アソコもすぐ濡れる。オマ○チョをレロレロしてやると、ブシャーッと潮を吹くんだよ。それを飲むのが最高でね」(前同)

ニヤニヤ告白するあたり、本人は相当、ご満悦の様子。ゆえに実入りがいいときは、
「1回10万円渡したこともあるよ。本当は高級ホテルでディナーをご馳走したいんだけど、そういう時間はないみたいだしね」(前同)
援交というより、恋人感覚。デート代を謝礼として渡しているというのだ。

援助交際ではなく、謝礼交際――実はこの言い方の違いにこだわる人妻もいた。
「お金が目当てではありませんから、援交といわれるのは心外です。男性側が“私の素晴らしさ”に感動して、勝手に謝礼を渡すんです」
と言ってのけるのは、東京・世田谷区在住の専業主婦・奈美さん(42)。
ぽっちゃり体型ではあるが“自分磨き”には余念のない様子で、もともと帰国子女のバイリンガル。夫は大企業の社員で――と自ら語るあたり、かなりの自信家。

「今は2人のパパがおります。1人は60代で、もう1人は70代。“女房のシワシワな肌とは違う”って足の指までうれしそうに舐めるんですよ。私のことが好きすぎて、“オシッコも飲みたい”なんて……」(前同)
オシッコを飲ませて“私の素晴らしさ”とは……いやはや。男性がそうしたプレイを喜ぶ背景には、老いらくの性事情が関係しているようだ。

「高齢男性は若い頃にできなかったことをしたがりますね。一番多いのは複数プレイ。それも知り合いの人妻同士がいいみたいで、“友達も呼んでよ”と頼まれることが多いです」
こう話すのは、元大手企業の受付嬢だった寛子さん(36)。スラリとした長身の清楚系美女で、夫はテレビ局に勤めるエリートだ。
だが、夫は浮気をしており、彼女は「自分の女としての市場価値を確認するため」に謝礼交際を始めたというのが一応の大義名分。

次ページ >> 夫の知らない「人妻援助交際」最前線

池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号