人妻大衆 TOP 桃色コラム

グラビアや濡れ場で体当たり! スター芸能美女の「恥ずかしすぎる過去」発掘レポート

2016-07-17 [ヴィーナス06月07日号]
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

並ぶのは押しも押されもしない人気スターの面々だが、誰にだって下積み時代はある。今では考えられないようなエッチな水着グラビアや、口が裂けても言えない淫語など……隠しておきたかった芸能美女の恥態を、しだるま発掘!

ドラマから映画、CMまで彼女の姿を見ない日はないほどの国民的売れっ子女優の綾瀬はるか(31)に、公式プロフィールからも消された恥歴史があるのは業界内では有名な話。芸能ライターの織田(おりた)祐二氏が言う。
「2001年放送の深夜番組『品庄内閣』(TBS系)にアシスタントとしてレギュラー出演していたんですが、毎回セクハラの連続。特に、みうらじゅんがゲストの回は、品川庄司とみうらがオナニー話で大盛り上がり。締めに“どうだった?”と振られ、“そういう人もいるということで……”とオナニー談義に、恥ずかしながらも、しっかりと対応していましたね」

当時は完全にB級グラドル扱いで、「イメージDVDでは極小水着で反復横とびさせられ、おっぱいブルンブルン。なぜか茄子を片手に定点カメラに話しかけるという演出では、茄子をシコシコ、ムキムキ、ツンツンと、どう見てもに“手コキ”でしたよ」(芸能プロ関係者)
と、さすがに封印したくなるものばかりだったのだ。
だが、そんな“なんでもやる”という心構えが、現在のトップ女優の地位を確立させたと言って間違いない。

綾瀬以上の、もはやD級アイドルだった菜々緒(27)も、恥ずかしい過去を糧に成り上がった。
「彼女は、10年『くだまき八兵衛』(テレビ東京系)のレギュラーでしたが、出演は毎回ほんの数秒間。セリフは“アレ、大きいよね”“一緒に洗いっこ”などの淫語。あげく水着姿でソフトオンデマンドのAVで有名なマジックミラー号に乗せられたりと、仕事内容は企画AV女優と同等でしたよ」(制作会社スタッフ)

それでもパッとしなかったので、「このまま売れなかったら“女性向け”という口実でヌード写真集の企画が進んでいた」(ファッション誌ライター)という噂もあったのだが、彼女はバラエティでの毒舌キャラから悪女系女優にシフトし、見事成り上がってみせたのだった。

売れっ子の登竜門である朝ドラ出演女優にも、恥ずかしい過去は存在する。まずは、今世紀最高視聴率を叩き出した『あさが来た』主演の波瑠(24)はというと、「13年公開の映画『みなさん、さようなら』で、相手役の濱田岳の股間を握り、胸を鷲づかみされ、悶絶するという濡れ場を演じました。さらに下着の中に手を入れられ“指入れ”されているようなシーンでは、目をつぶり感じていましたね。あれは自身の実体験から得たリアルな演技かもしれませんね」(芸能プロ関係者)

そして、波瑠の娘の親友役を演じた急上昇株の吉岡里帆(23)は、過激すぎるグラビアに挑んでいた。「ドラマでは素朴で控えめな演技でしたが、ボディはすごい。わざとサイズが小さく生地の薄い水着を着て、推定Fカップバストは半分以上ハミ出し! 形丸分かりの食い込みヒップ姿で銭湯の男湯に入るグラビアなんて、AVの『タオル1枚男湯入ってみませんか?』シリーズのパケ写にしか見えませんよ」(アイドル誌ライター)

自身も、SMバーで突然女王様からア◯ルに指を入れられ大声で喘いでしまい店中を驚かせてしまった、という恥ずかしい過去があるコラムニストの下関マグロ氏も太鼓判を押す。
「彼女が登場した瞬間、この子は何かあると感じネット検索して、過去のグラビアを探し当てました。他のネット民も“こんなすごいことしてた!”と大興奮。吉岡さんのグラビアは一見健康美ですが、よく見るとヌケるように仕上がっています。何より、おっぱいの形がGOOD! 感じやすい乳首していそうだし、いつも潤んだ瞳をしていますから、あっちのほうも濡れやすいんじゃないかと」

今後、貴重なお宝になること間違いなしだ。
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

雨の日は部屋にこもってハッスルハッスル!

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号