人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」若妻との性生活に満足できず40歳の義母に思いを馳せて…

2016-06-06 [週刊大衆06月13日号]
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

事件調書
被害者  40歳の看護師
犯行現場 被害者女性の自宅
犯行手口 侵入者に脅されて
レイプ犯 被害者女性の娘の夫

「絶対に許されることではないと知りながら、我慢できなくなってしまい……」
男がこう前置きして述べた犯行の内容は、身の毛もよだつようなものだった。
なんと、通りすがりの犯行を装って自分の妻の母親を襲撃。緊縛して陵辱を遂げたのだ。
そのきっかけは、義母の“秘密の行為”を目撃したことだというが……。

須田広毅(27)は、アルバイトで生計を立てるかたわら、老人ホームのボランティアにも顔を出していた。幼い頃に両親を交通事故で亡くし、親戚の家で育てられたためか、年長者を慕う思いが強かったという。
そのうち、ボランティア仲間として知り合った麻美さん(21)と、小さい頃に父親を亡くしたという似た境遇も手伝って、すぐに親密な仲に。1年の交際を経て結婚したのは、事件の1年前のことだった。

2人とも収入がそれほど多くないため、麻美さんの母・今日子さん(39)が購入したマンションで同居することになる。
今日子さんは看護師で、シフトは夜間がメイン。その出勤時間帯を狙って、若夫婦はセックスに耽った。だが、須田が愛撫をして挿入し、ピストン運動をしても妻の反応は高まらない。
「ん、うん」
と、苦しげに小さな声を出すだけ。それどころか、
「痛い、もう止めて……」
と拒否反応まで示した。それ以来、仕方なく自分の手で射精を済ませるのがお決まりとなっていた。

そのせいで、須田はいつしか有り余る性欲を抱えながらセックスに飢え、こんな願望を抱くようになった。
“セックス経験を重ねて、男に開発された熟女を抱きてえ……!”

そんなある夜。トイレに起きた須田は、廊下で“話し声”を耳にする。
“お義母さん、こんな時間にテレビかな?”
そう思って今日子さんの部屋の前で耳をすますと、ドアの向こうから妖しげな声と荒い息づかいが……。
「突いて、もっと奥まで突いてぇ……」
それは、義母が一人で密かに楽しむ“慰めの時間”だったのだ。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」若妻との性生活に満足できず40歳の義母に思いを馳せて…

池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

「あれだよ、文字入力予測だっけ。あれのせいで、オレの人生は終わったね」

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号