人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

芸能人美女「伝説のおっぱい丸出し場面」プレイバック!

2016-05-29 [週刊大衆05月30日号]
社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

「女優が脱ぐのは女優人生の起爆剤としてでしょう。人気の陰りやアイドルからの脱皮……成功すればファンの記憶に一生残りますよ」と語るのは、芸能美女の濡れ場に詳しい芸能評論家の平林雄一氏だ。今回は、美巨乳女優7人のおっぱい丸出し場面を振り返ってもらった。

「まず思い出すのは、連ドラ『悪魔のKISS』(1993年)でロケット巨乳を露わにした常盤貴子(44)。当時21歳。アイドルっぽいのにアンバランスなDカップ乳。彼女はこれでスターになりました。一流女優となった今、所属事務所の意向か、同作品は再放送NGとのことです。

団鬼六原作の『花と蛇』(04年)で全身入れ墨、逆さ宙づり、縛りの過激大作に挑んだのは杉本彩(47)。翌年公開の2作目では十字架に縛りつけの宙づり、乳房全部出し! あの過激な全部まる出しの脱ぎっぷりは大したものでした。

映画『忠臣蔵外伝四谷怪談』(94年)でプルンと出したのが、当時22歳の高岡早紀(43)ですね。あの薄ピンクの乳首が神々しいFカップ乳には、こちらが戸惑った記憶があります。

真木よう子(33)は映画『ベロニカは死ぬことにした』(06年)で完脱ぎしてくれました。難解な映画でしたが、彼女の爆乳で実に分かりやすくなった。しかし以降は封印気味で残念です。

映画『極道の妻たち』(86年)の大胆濡れ場で話題になったのはかたせ梨乃(59)。世良公則と3分近くの豊乳まる出しのベッドシーンは本当にエロく、主演の岩下志麻を食うほどでした。

武田久美子(47)は、時代劇映画『紅蓮華』(93年)で乳輪の大きい88センチの巨乳を披露しました。彫りの深い顔立ちも印象的な彼女は、太陽の下での全裸が似合うタレントでしたね。貝殻水着グラビアも、今や伝説です。

日本が高度成長を突っ走っている時代、“同棲”という言葉が認知されたのは、由美かおる(65)主演の映画『同棲時代』(73年)の大ヒットがあったから。当時22歳の彼女の背中と、振り返って乳首が露わになった映画ポスターで日本男児は射精しまくったものです。B86W58H86のスリーサイズは今も同じ。40年以上経っても愛らしいおっぱいを維持しているんですね」

芸能美女たちの濡れ場は、いつの時代も我々の股間を熱くさせてくれる。
社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

街を歩いていて、思わず「おっ!」と目を奪われちゃう女のコっていますよね。そして、男は妄想するんです。「あのコは、普段どんなセックスをしてるんだろう?」と。そんな妄想を抱かせる美女たちのセックスの実態…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号