人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 人妻

隣の奥さん直撃「ワタシ、AV面接受けちゃいました」エリさん(24歳)

2016-04-02
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

もっと画像を見る

「旦那とのSEXがあまりにつまらなくて……」
こんな理由でAV面接を受けたと語るのが、24歳の若妻・エリちゃん。黒髪の似合う清純派ロリ系で、女子学生役でも通用しそうな可憐な奥様だ。

とはいえ、夫のSEXがダメ──その程度の理由で、わざわざAVに出る必要があるのだろうか。
どれほどダメなのか、まずは探ってみた。
「結婚してすぐの頃、私は以前から興味のあったSMルームのあるラブホテルに旦那を誘ったんです。彼は普段からホント、普通のエッチばかりするんで、たまには刺激が欲しかったんですね」

念願のSMルームには、産婦人科で使うような検診台をはじめ、壁には磔をする道具、天井から縄で吊るせるようにもなっていたという。
「すごく本格的で、まさにエッチな拷問部屋(笑)。私はちょっとワクワクしたんですけど、旦那のほうは完全に怖気づいてしまって……結局、数ある責め道具を一つも使わず、普通にベッドでエッチをして帰ったんです」

なんともはや……実に情けない夫だが、それだけではない。
「ソフトなものならと思って、コスプレエッチも試したことがあります。私は学生服を着て、彼に先生をやってもらいたかったんだけど、やっぱりコレも役になりきれないみたいで、ダメでした」

お聞きの通り、彼女がAVに出演したい気持ちも分かってきたはず。確かにエリちゃんの憧れるSEXは、AVワールドそのものなのだ。
そんなエリちゃんだが、浮気経験のほうは……。

「恋愛を楽しむぐらいならいいかな、と思って。男友達とメールしたり、たまに会ったりして、好きと言わない程度の距離感を楽しんでいます」
とのこと。恋愛ごっこ程度ならと思いきや、
「まあ、キスぐらいはしたことあります。その時、軽くオッパイを触られて、あと、下のほうも触られたけど、まあ、それぐらいならギリギリセーフ」

これがイマドキ若妻の感覚!? なにはともあれ、キュートで淫らなエリちゃんでした。
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

ショウガ、ニンニク、唐辛子

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号