人妻大衆 TOP 桃色コラム

激安1万円ソープに「現役アイドル」がいた!?

2016-04-06 [週刊大衆04月11日号]
パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

懐寒い我々に、狂喜乱舞のニュース。なんと諭吉さん1枚で、憧れの“あの子”たちが抱けるというのだ!

昨年の後半頃から、風俗界に大異変が起きているという。男の夜遊び情報に詳しいライターの鎌田和男氏が、こう語るのだ。
「まだ稼げない駆け出しのアイドルやモデルの卵らが、デリヘルなどの風俗店でアルバイトをしているというケースは珍しくなかったんですが、そのほとんどは5万円以上もの高級店。もしくは、ソフトサービスのライト風俗でした。ところが最近、彼女たちが、総額1万円ちょっとで、きっちり本番まで楽しめる激安ソープに大移動を始めていると、風俗界で噂になっているんです」

そんなウソみたいな話が本当にあるのか!? と訝(いぶか)る本誌記者だが、アイドルの裏事情に詳しい、現役三十路グラドルのAちゃんも、「あ、その話なら本当ですよ」と暴露するのだ。
「お客さんが先にチェックインしたラブホテルに訪ねるデリヘルは、盗撮カメラを設置される危険性が高いので、アイドルたちの中で“働くなら(お店の個室でプレイを行う)店舗型が安全”という考えが広まっているんですよ。基本、お客さんが受け身でいてくれるソープは、働く女の子にストレスも少なく、ヘルスよりも最近、人気になっているんです」(Aちゃん)

なんでも、アイドルたちが警戒心を強めたのは、昨年秋に流出した、人気グラドルXの援交動画事件がキッカケだったという。
「“捏造(ねつぞう)されたもの”と援助交際の事実を否定しましたが、Xは今年の1月いっぱいで所属事務所を辞め、芸能界を引退してしまっています」(芸能記者)

苦しい懐事情から風俗バイトはやむなしとしても、一発アウトとなるサービス中の映像流出は絶対に避けたいアイドル心理が、その裏にあるようだ。

だが、アイドルなら高級ソープでだって働けるはずなのに、なぜ1万円ちょいの激安店に?
「長引く不況で、高級店はお客さんが激減していますからね。単価は安くても、お客さんが集まる激安店のほうが安定して稼げると、ひと昔前なら高級店で働いていたようなキレイな子が、大衆店や激安店に流れているんです。アイドル活動の合間の限られた時間にサクッと稼ぐなら、激安店ということになるのはよく分かります」(前出の鎌田氏)
“激安ソープにアイドルがいる”となれば、この目で確かめるしかない!

鎌田氏、Aちゃんの情報から、特にアイドルの入店が多いとされる都内エリアを絞り込み、中でも若い女性が多く在籍する、50分1万4500円の『B』という店に突撃取材を敢行することにした。

指名したのは、2月に入店したての新人、23歳のHちゃん。店のホームページの彼女のプロフィール内の、<○○○○の経歴を持つ、スタイル抜群の女の子>という店長の推薦コメントにピンと来たからだ。もちろん、出勤は確認済みだった。

次ページ >> 激安1万円ソープに「現役アイドル」がいた!?

パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

思えば学生時代から“女子大生”というものが好きだった。 理由こそ「素敵なお姉さんにいろいろ教えてもらいたい」から、「好奇心旺盛な若い子にいろいろ教えてあげたい」に変わったが、30代を超えた今も女子大…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号