人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

カーセックス専用駐車場も…「世界のセックス」こうなっていた!!

2016-04-03 [ヴィーナス03月04日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

男と女のまぐあいは万国共通。けれども、イタし方は千差万別! 仰天必至の世界の夜事情を完全レポートしちゃいます!

情熱の国イタリアでは、なんとカーセックスが大ブーム!
「観光地としても人気のナポリは、カーセックスの聖地ともいわれるほど。郊外の通りには不審な車がズラリと並び、揺れまくっています」(元イタリア駐在員)

というのも、イタリアの35歳以下の失業率は30%で、特に南部のナポリは貧しく、親と同居している若者が3分の2以上。日本と違い、ラブホテルのないイタリアでは、セックスできる場所が車しかないのだ。

「この対策に市議会までも動き出し、カーセックス専用の有料駐車場、その名も“ラブ・パーキング”の設置を可決しました」(前同)

ラブ・パーキングでは区画ごとに仕切りを設置し、覗き見を防止。さらに警備員が常駐し、入場者は無料で避妊具を貰えるという。

「こうしたカーセックス専用駐車場はドイツやスイスにもあって、“セックスボックス”と呼ばれています。こちらは恋人用ではなく、売春婦用で、車に乗った男性がドライブスルーのように入って行くと、道路脇に娼婦数十人が並んでおり、お気に入りの子と交渉するという仕組みです」(同)

ドイツやスイスでは売春は合法。しかもスイスの最大都市チューリッヒでは、駐車場建設費2億5000万円と年間運営費7500万円はすべて政府が負担しているという太っ腹ぶりだ。

また、カーセックスに関して“笑撃”の法律が存在するのが訴訟大国アメリカ。
「アイダホ州の法律では、“カーセックスの現場を目撃しても、警官はすぐに話しかけてはいけない”と定められています。話しかける場合、パトカーのクラクションを3回鳴らし、2分ほど待ってから声をかけるとか」(海外情報誌編集者)

さらに、プレイ内容にも細かい禁止事項が存在。
「アリゾナ州など18の州では“フェラチオ禁止”で、見つかれば処罰されます。また、ヴァージニア州では正常位以外の体位を法的に禁止しています」(前同)

いやはや、いろんな法律があるものですなぁ……。
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

ホテルヘルス&デリバリー『ギン妻パラダイス梅田本店』のあかりサン(39歳、T156‐B84W63H86)は、抱き締めたなる強烈な女らしさが最大の魅力やて、ゲンダイ紙に書いた。 で……。以前にも触れた…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号