人妻大衆 TOP 桃色コラム

「江戸」は日本一の売春都市だった!!

2016-03-16 [週刊大衆03月21日号]
鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

 江戸は男が多い町でした。参勤交代でやってくる武士は単身赴任だし、出稼ぎの職人や奉公人も男ばかり。男女の比率は7対3ぐらいだったといわれています。そうなると当然、欲望を持て余した男たちの“遊び場”が必要になってきます。

 幕府が公認した遊郭は吉原だけでしたが、ほかにも非公認の岡場所が100か所以上。さらに街角に立って客を引く夜鷹も出没。江戸は日本一の売春都市になっています。吉原は格式が高く、遊ぶにはそれなりのお金が必要でした。しかし最底辺の夜鷹なら安い値段(現代の感覚で1000円程度)で買うことができたそうです。

 江戸で体を売っていたのは女だけではありません。陰間(かげま)と呼ばれる男娼もいました。陰間の多くは13歳から18歳ぐらいまでの少年。当時は女色だけでなく、男色も楽しむのが「粋」とされていたらしく、陰間茶屋は同性愛者以外の一般男性も利用し、けっこう繁盛していたようです。陰間茶屋での遊び代はコースによって変わりましたが、最も安い2時間コースで1分(ぶ)だったと記録されています。江戸中期の1分は、今の金額でおよそいくらぐらい?

(1)5000円
(2)2万5000円
(3)4万円





答え:(2)

出題:浜川卓也

鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

当欄初参戦のデリバリー&待ち合わせ『されるがママ十三店』で、お相手したスレンダー美女みやびサン(40歳、T167−B82W56H80)の第一印象は、すんごい優しそうな人……。 基本静かで、落ち着いた…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号