人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

飯島直子「乱れ髪騎乗位」ベッドシーン誌上再現

2016-03-01 [週刊大衆03月07日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

「下からズンと突き上げられると、のけぞりながらも男にしがみつくんです。奥までズッポリ入っている感じも伝わってきました。あそこまで熟女の性を表現できる女優だったとは……」こう語るのは芸能記者。

 今年初といっていい“濡れ場”ニュースが届いた。2月13日から放送開始の中井貴一主演の任俠ドラマ『連続ドラマW きんぴか』(WOWOW)で、ヒロインを務める飯島直子(47)が魅せてくれたのだ。「物語は出世やカネよりも筋を通したために、組織に裏切られた昔気質のヤクザ(中井)と自衛官、政治家秘書の3人が集まり、信義を貫くため行動を起こすというもの。飯島が演じるのは、中井と恋に落ちる男勝りの看護師長役です」(テレビ雑誌編集者)

 そんな大人のドラマはどうにもエロいと評判で、冒頭で触れた“絡み”も、そのワンシーンだった。「熟年の中井と飯島が全裸となって、対面座位に近い騎乗位で絡みあうんです。飯島の白くてキレイな背中に、中井ががっしりと腕を回して、乳房に顔を埋める。飯島は髪を振り乱して、全身にうっすらと汗が輝いていました。ふっくらした二の腕も女性らしくて、色気がありましたね」(前同)

 ドラマが始まったばかりなのに、早くも女の色気全開なのだ。飯島といえば若い頃は“元祖癒(いや)し系”と呼ばれる一方で、男好きする芸能界一の“魔性の女”としても名を馳せた。「芸能界でも飯島の色気の虜になった男は数知れず。明石家さんまも本気で“結婚したい”と口説いていたのは有名な話です。他に、元『光GENJI』の諸星和己や、香取慎吾、伊藤英明らと熱愛の噂もありましたね」(TV美女研究家の八木晶王氏)

 モテモテの飯島だが、97年に『TUBE』の前田亘輝と結婚。だが、約4年で離婚してしまう。「離婚の理由も“セックスレス”で、飯島の欲求不満が爆発したから、とまことしやかに囁かれたほど(笑)。それほど生々しい“女の魅力”があるんです」(同) 現在は再婚し、1つ年上の会社経営者の妻でもある飯島。そんな人妻女優がなぜ今、濡れ場に挑んだのか。「熟女界のライバルである篠原涼子に負けたくなかったのでは」(芸能記者)

 どういうことか? 芸能記者が続ける。「13年の篠原涼子主演のドラマ『ラストシンデレラ』(フジテレビ系)で、飯島はバツイチの44歳で“セックス依存症”のスポーツインストラクター役を演じています。初回から、飯島は“セックスしなきゃ!”と元祖癒し系のイメージを覆すセリフを連呼するんです。居酒屋で知り合った大学生とトイレで即エッチするシーンもありました。これで40代にして、体当たり演技もこなす本格派女優へ脱皮したんですが……」

 だが、その後、ドラマからは遠ざかっていた飯島。その隙に『ラストシンデレラ』で共演した篠原涼子(42)が、その地位を不動のものにしていた。「篠原は昨年公開の映画『アンフェア』で全裸シャワーシーンを披露。艶のある背中にくびれた腰、四十路らしからぬシェイプアップされたボディは、男性のみならず女性からも羨望の眼差しを向けられたのです」(民放局ディレクター)

 すっかり、40代のセックスシンボルの座を篠原に奪われてしまったのだ。「そこで、今回のドラマで勝負に出たんだと思います。ちなみに、中井貴一とは12年のドラマ『最後から二番目の恋』で兄妹役として共演しており、気心も知れた仲ですからね」(テレビ局関係者)

 ならば、今後、同ドラマで、もっとエロい官能濡れ場を期待したいところだ。浅田次郎氏の原作小説『きんぴか』では、「仕事から疲れて帰ってきた飯島演じる看護師長が、セックスをせがむシーンもあります。セリフも秀逸で、“抱いてよ、体がバラバラになるぐらい”と淫らに誘い、前歯がガチガチ当たる激しいディープキスをしながら、セックスをするんです」(出版社関係者) と、ケモノじみた熟年男女の“性愛”が描かれているのだ。

 さらに、中井がバーから酔っ払った飯島を、彼女の部屋に連れて行く場面もあり、ここでは、<セーターを脱がせると、いましめから解かれたように、豊潤な女の匂いが溢れた>という表現に続いて、ブラジャーも脱がされる。「さすがにテレビなのでおっぱい丸出しは無理でも、現在の脱ぐ気満々の飯島なら、かなり際どいところまで見せてくれるでしょうね。はだけた胸元から、女の色気をムンムン漂わせてくれるはず」(前出の八木氏) 篠原を蹴散らして“熟女界の星”の座を奪還するのかは、このドラマ次第?

モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号