人妻大衆 TOP 桃色コラム

美人妻(恥)告白 袋いずみさん「思わず体の一部がキュゥとすぼまり次いでジュンと…」

2016-01-22 [増刊大衆12月27日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

袋いずみさん(59歳)
結婚32年目の専業主婦。夫は税理士。子供2人。実際より10歳は若く見える


もうすぐ還暦を迎えようとしているのに、自分でも思いがけない人生のドラマが待っていました。

地域でママさんバレーの指導員をボランティアでやっている私は、心も肉体も若いつもりなのですが、ひと回りも、ふた回りも若いママさんたちを見ると、やっぱり自分の年齢を感じずにはいられません。5歳ほど年上の夫とは、夜の生活は久しくご無沙汰なので、彼も知らないことですが、この2年の間に下のヘアに白いものが混じってきていました。

<このまま老いて、あとは孫だけが人生の楽しみ。なんだか寂しいなあ>と思っていた矢先、私がまだまだオンナなんだって痛切に感じさせてくれる出来事が起こったのです。

「いやあ、プロ顔負けですね。最近の演歌歌手はハートに迫ってくる人が本当に少ない。その点、いずみさんはハートどころか……」
「はあ、ハートどころか、なんでしょうか?」
からかうつもりではなく、ウブな私が率直に聞き返すと、彼、野尻さんは庶民的な顔をポッと赤らめ、「正直、勃起しちゃって」そのストレートな言葉に私も思わず耳たぶが朱色に染まるのを意識し、意識したと同時に、肉体のどこか一部がキュゥと音を立ててすぼまり、次いでジュンと濡れるのを感じたのです。

次ページ >> 美人妻(恥)告白 袋いずみさん「思わず体の一部がキュゥとすぼまり次いでジュンと…」

モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

すっかり敦代さんに没頭した彼は、すぐにでもプロポーズをしたかった。 だが、彼女は代理人を立てて離婚話を進めている最中で、離婚成立まで一緒に暮らすわけにいかない。 そんな事情もあり、国原が勤務中の深夜…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号