人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

ピアノの個人レッスンをしていた男性に愛の告白をされた末に…

2016-01-04 [増刊大衆11月29日号]
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

[先生50人に聞きました]大人の習い事「性の課外授業」の実態に迫る!

子供が中学生になったのを機に、ピアノの派遣講師を始めた小夜子さん(39)は、昨年11月から60代半ばの男性、Kさんの個人レッスンをするようになったと言う。
「奥さんがお亡くなりになり、娘さんも嫁いで一人になった彼は、妻や娘が弾いていたピアノを自分でも弾いてみたいと、受講されたそうなんです。ロマンスグレーの品のいい方で、レッスンは週2回、自宅で行ったんですが……あれは6月の終わりでした。レッスンを終えて帰ろうとすると、玄関まで送ってくれた彼が、私に愛を告白したんです」

薄々、彼の好意は感じていたが、突然の告白に驚いた。音大を卒業して、商社マンの夫と見合い結婚した小夜子さんは、決して夫と仲が悪いわけではない。
「でも、それは女としてではなく、妻や子供の母親としてでしょう? Kさんに真正面から告白されると、どうしていいか、わからなくなって……」

その日、「私は夫もいますから」と逃げるように家を出たが、次のレッスン日。
「彼の家は、玄関脇の潜り戸から庭に入る小径があり、その奥に広縁があるんですが、玄関口に立って広縁を見ると、そこに彼が立っていたんです。彼は私を見ると、裸足のまま踏み石まで降りてきて“よかった。こないだ、あんなことを言ったから、もう来てくれないかと思って心配してました”と近寄ってきたんです。まるで初恋をしたときの少年のような表情に、なんかジーンとなって……。先生と生徒、しかも不倫という道ならぬ恋だけど、彼の愛を受け入れる決心をしたのは、そのときでした」

彼女はいまも、このKさんと道ならぬ恋を密かに続けているそうだが、大人の習い事はロマンスに溢れている!?
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

事件調書 被害者 22歳の芸能プロダクション社員 犯行現場 芸能プロダクション事務所 犯行手口 睡眠薬入りの酒を飲ませ昏睡姦 レイプ犯 35歳の芸能プロダクション制作部長 「妻とセックスレスにさえ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号