人妻大衆 TOP 桃色コラム

添削指導のあと酔った彼の口におっぱいを含ませてしまい…

2016-01-01 [増刊大衆11月29日号]
雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

[先生50人に聞きました]大人の習い事「性の課外授業」の実態に迫る!

資格の取得講座は生徒も明確な目標があるため、比較的セクハラが少ないそうだが、先生自ら垣根を越えることもある。

福祉関係の資格の取得講座を持つ清美さん(41)は、Vネックのセーターを盛り上げる胸の膨らみも眩しい人妻講師だが、去年のちょうど今頃、ある男性の添削指導をしたという。
「私より6つ下で、なんか気弱な感じなの。添削指導は彼のアパート近くの喫茶店でしていたんですが、指導の合間に話を聞くと気の毒なの。直前に会社をリストラされ、住んでいた家も、奥さんに追い出されたそうなんです」

バツイチで姉御肌なところがある彼女は、添削が終わったある日、Mさんを励まそうと飲みに誘った。
「ところが、彼は飲んでも元気になるどころか、“僕なんか、生きててもしょうがない”なんて言うでしょう。お酒に酔って、足下もフラフラしている彼のことが心配になって、アパートまで送っていったんです」

体を抱えるようにしてベッドに寝かせると、彼はクルリと向こう向きになり、「ありがとうございます。もういいですから」と言うと、体を細かく震わせて泣き始めた。
「そんな彼を放っておけなくてねえ。思わず肩に手をやったんだけど、そのときふと、昔、自分の子供を慰めたときのことを思い出したんですよ。実は私、子供が小学生になるまで、子供が泣いて家に帰ってきたりすると、おっぱいを口に含ませていたんです。だけど、それって、わりと効くんですよね(笑)」

部屋の明かりを消すと、ブラウスからおっぱいを出し、「ほら、ちょっと、こっちを向いて」と胸を突き出した。Mさんは驚いた様子だったが、構わず彼の頭を抱え込み、ナマ乳に顔を埋めさせると、彼は遠慮がちに乳首をしゃぶり始めた。

これで終わったら、慈愛に満ちた女教師を描いた“一房の葡萄”かもしれないが、現実はもう少し生々しい。“一粒の葡萄”を口に含ませた彼女は、夫が単身赴任中ということや酒の酔いも手伝い、つい疼いてしまったのである。
「なんか、体がウズウズとしてきて……私のほうから彼に覆い被さっていったんです。でも、彼もあれで少しは元気になったのか、その後、資格試験には一発で合格しました。ま、ダンナにもバレなかったし、結果オーライですかね(笑)」
雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

昨年から数えて新たにセックスした男性は2人。14年から数えても、前戯だけで終わった催眠術師が1人加わるだけだ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号