人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」ムショ帰りの新聞配達の男が清楚系ナースに身勝手陵辱姦

2015-11-23 [週刊大衆11月30日号]
パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

事件調書

被害者  25歳の看護師
犯行現場 被害者女性の自宅マンション
犯行手口 窓を破壊して侵入して
レイプ犯 24歳の新聞配達員

法廷で明かされたのは、若い男の波乱の生い立ちだった。出生そのものが人と違い、傷害や恐喝で何度も少年院に収容されて育った、札つきのワルだった。
刑務所暮らしを経験したのち、新聞配達員として生活を送っていたのだが、あるとき、乱暴なレイプ犯行に及んでしまうのである。

西条徹平(24)は生まれて間もない時期に捨て子にされた。ある朝、小さな段ボール箱に入れられて、市役所の前に放置されていたのを発見されたのだ。
母親が名乗り出なかったため、施設で育てられた。中学時代から非行に走り、何度も少年院に送られた。

その西条にあった唯一の人生哲学が、〈弱いとやられる〉というものだった。
そのため腕立て伏せや腹筋で体を鍛え、格闘技の訓練も欠かさなかった。そして、喧嘩のやり方をいつも研究していたのだ。
同時に、ワルのグループを取り巻くヤンキー系の女の子たちとセックスに耽(ふけ)り、中学生のときに乱交やアナル挿入までしていた。

そんな生活だったため、高校卒業後すぐに地元の不良と喧嘩して傷害罪で逮捕。1年間の刑務所暮らしを経験した。
そして出所。これからは気持ちを入れ替えようと、刑務所からまっすぐ地元に向かうと、かつて喧嘩した不良と遭遇。5人に囲まれ、一方的にボコボコにされた。

“結局オレはずっとこうなのか……”
ケガだらけの体を近くの公園のベンチで休ませながら一人で考えていると
「どうした?」
と声をかけてくる年輩男性がいた。この男としばらく話をしていると、男は西条にこう持ちかけてきた。
「仕事がないならウチで働いてみるか?」
年輩男性は新聞販売店の経営者で、更生を手伝う保護司をしていたのだ。以来、西条は住み込みの新聞配達員として働くことになった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」ムショ帰りの新聞配達の男が清楚系ナースに身勝手陵辱姦

パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号