人妻大衆 TOP 桃色コラム

死ぬまでに一度は行きたい!「美女だらけのハーレム国」

2016-01-03 [ヴィーナス10月04日号]
雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

どうせモテないし……なんて諦めることなかれ。この世には、美女が余って困っている、夢のような国が存在するのだ。オスであるだけで大人気! パツキン美女を抱き放題!! 日本男児よ、勇気とムスコを奮い立たせて、今こそ世界へ出よ!

ブロンド美女が入れ食い!
男不足1位:ラトビア

ピンクの衣装に身を包んだ金髪美女が街に溢れ返る……。なんともムフフな珍イベント“ブロンド祭り”で有名な国、それがラトビアだ。
「西ヨーロッパ系民族と、ロシア系民族が人口の大半を占め、両者の混血も多い。ゆえに美人が多く、有名モデルなどを多数輩出しています」(旅行情報誌記者)

そんな美女たちの最大の悩みが、意外にも“結婚できないこと”なんだとか。
「人口における男性の割合が世界で最も低く、男女比率は女性100人に対し、男性84人です。男性の平均寿命が短いことや、第二次世界大戦時に、ナチス・ドイツとの激しい戦闘が長引いたことが原因だともいわれています」(前同)

世界で最も簡単に美女とおつきあいできる国、ラトビア。しかし、一体全体、どんな国なのか!?
そんな疑問に、世界204か国を股にかける旅人タレント、MASAKI世界一周氏は、こう答える。
「バルト三国の真ん中に位置する国がラトビア。首都はリーガで、旧市街の町並みそのものが世界遺産に指定されています。治安はあまり良くありません」

気になる女性の生態は!?
「ロシア女性に比べると洗練されている印象がありました。日本人についてはあまり知らないようで、中国人と間違われますが、日本人だとわかると態度が好意的に変わります」(前同)
ムムム、これは大チャンス。今すぐ行くべし!

次ページ >> 死ぬまでに一度は行きたい!「美女だらけのハーレム国」

雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

法廷に引き出された50代と40代の2人の中年男に対し、検察官は厳しい表情で起訴状を読み上げた。「被告人両名は共謀し、被害女性を昏睡させたうえで強姦を遂げた」被害女性というのは、実は50代男の再婚相手…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号