人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

人妻たちの「SEXルーティン」初告白

2015-10-13 [週刊大衆10月19日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

120%の快感を味わいたくって、こっそりエッチな"おまじない"。あン、いつもより感じちゃう……。

番狂わせの大金星となったラグビーW杯の日本VS 南アフリカ戦。その立て役者で、一夜にして世界的スーパースターとなったのが、日本代表・FB(フルバック)の五郎丸歩選手だ。
「特に世界が注目したのは、南アフリカ戦でも見せたキックの前に行う"サムライおがみポーズ"。どんな大一番でも正確なキックを繰り出す五郎丸選手は毎回、両手の指を合わせて体をかがめる一連の動作を行います」(スポーツ紙記者)

これはスポーツ心理学における"プレパフォーマンス・ルーティン"の一つ。
「イチロー選手がバッターボックスに立つ際、バットをクルクルと回し、最後に焦点を合わせるような仕草をしますよね。要は、日頃の練習から決められた動作を繰り返す=ルーティンを持つことで、本番でも全力を出せるというメンタル技術なんです」(前同)
五郎丸選手の名前と同時に我々が知ったルーティンの大切さ。そんな中、興味深い話が飛び込んできた。

「特に女性は多いんですが、セックスの前や最中に何かしらのルーティンをやってるんです。快感に集中できる方法、イキやすくなるポーズとか。性経験の豊富な人妻ほど、自分のルーティンを確立してますよ」
こう話すのは、性カウンセラーの青山愛さん。我々男性の知らないところで、人妻がこっそりやっているという"SEXルーティン"とは!?

その内容を、さっそく取材してみた。まずは、五郎丸選手も仰天必至のルーティンを持つ若妻から。
「私はエッチする前、ある"おまじない"をします。それをやっておくだけで、何もしないときより、ずっと気持ちよくなれるんです」
と照れつつ話すのは、結婚4年の看護師・美咲さん(32・仮名=以下同)。永作博美似の愛らしい奥様ながら、半年前から知り合いの男性と浮気しているとか。

「だいたい月1回、会うんですけど、やっぱり緊張するんです。ホテルに入って、シャワーを浴びてるときなんて"これから彼に抱かれるんだ"と強く意識しちゃって……期待もあるけど、ドキドキが強くて、自分を解放できないんですよね」
そんなとき、彼女はバスルームの鏡に自分の全裸を映しながら、シャワーをクリトリスに当てるという。

「自分の指でクリの皮をめくって、シャワーの水流を当てて洗うんです。ポーズも決まってて、両足を肩幅ぐらいに開いて腰を前に突き出す(笑)。ハシタないんですけど、そんな自分を鏡で見ておけば、ベッドで思いきり楽しめます」(前同)
お分かりの通り、女性、特に人妻は浮気する際、羞恥心や罪悪感もあるため、本来の欲望をさらしにくい。そこで、こうしたSEXルーティンが必要になるのだ。

こんなケースもあった。
「シャワーのとき、胸の谷間をボディソープで泡まみれにして丹念に洗うんです。昔の彼氏がパイズリ好きで、エッチ前、綺麗にしなきゃと思ってたんです(笑)」
と言うのは、Fカップ乳がまばゆいポッチャリ系主婦の陽子さん(40)。過去の男との思い出が、SEXルーティンに組み込まれることもあるのだ。
「夫とのセックスが多少嫌でも、それをやっておけば、なぜか愛しい気持ちが芽生えるんです。そしたら、フェラチオにしても熱が込められます(笑)」(前同)

思えば、古くからある"勝負下着"も同じだろう。
「願掛けみたいなもんですけどね。今も男性から食事に誘われると、独身の頃、合コン用だった赤のセクシーなパンツをはくんです。赤の下着のときは、相手の男性が躊躇してても、こっちから"この後、どうしよっか……今夜、旦那が遅いんだよね"とか言えちゃう(笑)。自分の色気に自信が持てるというか」(結婚歴8年の悦子さん= 37)

もっといえば、SEXルーティンには"抱かれたいサイン"も見え隠れする。
「男性とホテルのラウンジなんかで食事すると、逆に何も起こらないんです。互いに気取ってしまうんですね。だから、私は興味のある男性から食事に誘われると、あえて"近くの居酒屋に行きましょう"と言います。庶民的な飲み屋で気取らず会話して、ホテルというのが、私のヤリたいときのルーティンかも」(結婚歴14年の弘子さん= 46)

SEXルーティンの中には、女性ならではのテクも隠されていた。『世界一のオトコを探す旅』などの著作があるライターの渡辺ひろ乃さんは、〈1回目でフェラチオはしない〉という方針だとか。
「一夜限りの相手ならともかく、継続的な関係を築きたい素敵な男性に当たったときは"舐めて"と言われても、最初は"嫌よ"と拒否するんです。その代わり、射精後に突然舐めてあげる。そのほうが"なんだ、この女!?"と男性は興味を持ってくれ、またヤリたいとなってくれるんです(笑)」

さすが世界40か国の外国人男性と対決してきたSEXアスリートは、ルーティンのレベルも高い!?

次ページ >> 人妻たちの「SEXルーティン」初告白

モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号