人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

真夏のビーチ美女「SEX白書2015」

2015-08-11 [週刊大衆08月17日号]
社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

もっと画像を見る

水着姿の女の子たちであふれている海水浴場。彼女たちはどんな目的で来ているのか? 聞いてビックリ!

夏のビーチでムチムチむっちりの体を惜しげもなくさらして戯れる夏ギャルたち。オヤジ世代には見るも眩しい存在だが、夜の戯れぶりはどうなのか?
湘南のビーチギャル100人に、本誌記者が突撃取材とアンケートを敢行した。

まず出撃したのは「湘南でも美形のナイスバディギャルが集まる一番のビーチ」と評判の逗子海水浴場(神奈川県)。大きな弧を描く浜辺にはカラフルなパラソルが所狭しと立ち並ぶ。
今回の取材とアンケートは高校生以下は除外したため、大学生と専門学校生が48人、これにOLや社会人35人と続いたのだが、意外に女友達や女子グループで来た子が多い(円グラフ①、②参照)。



浜辺で甲羅干しをしていた3人組に取材を申し込むと、気軽にOKしてくれた。3人は神奈川県内の電装会社に勤めるOLだという。
「夏はやっぱり一度は海水浴に行かないとね。秋になったとき、いったい何してたんだろうって不安になるから」と話すのは麻衣ちゃん(23・仮名=以下同)。
「26歳を過ぎたら、海でビキニなんてできないでしょ。今のうちにと思って」(遙香ちゃん・24)

この2人に誘われて海水浴に来たという茜ちゃん(22)は「最初は乗り気じゃなかった」という。
「だってぇ、私、おっぱいが小さいんだもん。そしたら、この2人が"盛りビキニ"にすればいいじゃないって言うんです」

盛りビキニとは乳房に直接貼りつけるシリコンパッド付きの水着で、簡単にボリュームアップできて見た目も本物そっくり。バストを両手で持ち上げながら、「えへへ、私も、これのおかげでビーチに来れました」と舌を出す。
ちなみに、今年の流行は上下の柄が違う水着やカップル用ペア水着だとか。

男性から、ずいぶん声を掛けられたでしょうと水を向けると、
「うん。さっきも"一緒にバーベキューやらない?"って……」(茜ちゃん)
ついて行かなかったの?
「バーベキューも男の子も、なんか暑そうだったから(笑)。気が向いたら後で行くって答えました」

続いて、仲がいい友達と2人で来たという美容専門学校生の由美ちゃん(19)。小麦色の肌に真っ白のビキニが眩しい美女だ。ナンパ経験を聞くと、
「1週間前も来たけど、そのときにナンパしてきた男の子と飲みに行きました」
相手の男は30歳前後だったが、日焼けした筋肉質の体と彼女好みの濃い顔だったので、飲んだ後、「これも、ひと夏の思い出づくりだと思って」ホテルに行ったという。

「手マンは少し痛かったけど、中に入れると大きさも硬さもジャストフィットで気持ちよかったの。出し入れが早くなったとき、彼が"オレ、種なしだから中で出しても大丈夫なんだよ"って言うんです。私もイキそうだったし、そういうもんかと思って、"いいよ"って受け入れちゃったんです。そのことを友達に話したら、"バッカねえ。そんなの、ウソに決まってるじゃん"と言われました」
思わず彼女のお腹を見ると、「あ、妊娠は大丈夫でした」とニッコリ。
性病もあるので気をつけてくださいネ。

今回のアンケートでは《ビーチに来た目的は?》も聞いたのだが、恋人探しやアバンチュールを求めてが26%、4人に1人という結果に(円グラフ③参照)。


由比ヶ浜海岸(鎌倉市)に場所を移して話を聞いたが、真子ちゃん(22・大学生)はズバリ、「サーファー狙い」だと言う。
「ここってサーフィンが盛んじゃないですか。いっぱいいるんじゃないかと思って……」

サーファーを狙っているのは、サーフィンを教えてもらいたいこともあるが、一番の理由は「今年の夏、サーファーとつきあっていた」と友達に自慢したいからなんだとか。
「なんか青春って感じで、かっこいいじゃないですか(笑)」(真子ちゃん)
サーフィンが盛んな由比ヶ浜には、こんなビーチギャルが多いという。

鎌倉市内に住み、サーファーのボーイフレンドと一緒に来た絵美ちゃん(25・家事手伝い)が苦笑気味に明かす。
「みんな積極的ですよ。私がそばにいるのに"ねえ、サーフィン教えてくれない?"って彼に声をかけてくる子までいるんです」

一緒にいたボーイフレンドのM君がニヤッと笑い、
「入れ食いっす。女の子たちだけで来てる子に"教えてあげるからサーフィンやんない?"と声をかけたら、ほぼ100%OKです。特に埼玉とか東京の子は、向こうから食いついてきますね」

次ページ >> 真夏のビーチ美女「SEX白書2015」

社長秘書 KOBE HEAD OFFICE
http://s-hisyo.com/
新しい価値を紡ぎだす セクハラとのコラボレーション 現役社長秘書 福原勤務!

事件調書 被害者 23歳の会長秘書 犯行現場 温泉旅館の貸切露天 犯行手口 非常口から侵入しナイフで脅迫 レイプ犯 温泉地を巡るコソ泥2人組  法廷に引き出されたのは2人の若い男だった。彼ら…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号