人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」偽装強盗で自分の店に侵入!美人女性店員を緊縛姦した男

2015-07-20 [週刊大衆7月27日号]
アトリエなにわ
http://www.club-naniwa.com/
高級店レベルの女の子がゴロゴロ在籍している、奇跡のような吉原の超人気店!!

事件調書

被害者  コーヒーショップの新人女性店員
犯行現場 閉店後の店内
犯行手口 スプレーで目潰しされて
手引き犯 コーヒーショップの店長

法廷に引き出された中年の男は、コーヒーショップの店長だった。仕事ぶり、人柄ともに周囲からの評判は上々だったが、突如、彼は"裏の顔"を見せる。
新人女性スタッフを閉店後の店に残すと、強盗を装って侵入。店の売り上げを奪っただけでなく、女性スタッフに卑劣な手を下したのである……。

板橋慎平(47)は20年以上勤務した会社をリストラされると、今までの経験をまったく生かすことはできないが、コーヒーショップのチェーン店に就職した。
"この年齢で会社を放り出されたんだ。これからは、自分がやってみたかったことに全力を注いでやる"
その思いから必死に働き、わずか2年で店長への昇進を果たした。

ところが、店長になると売り上げアップを本部から強く求められ、当初は感じていなかった強いストレスを抱えるようになった。
元の会社にいた頃から板橋のハケ口となっていたのが、3歳年上の妻との"営み"だった。
とはいえ、結婚前から性交痛に悩まされていた妻は、加齢とともに、それまで使っていた潤滑ゼリーの効き目も弱くなり、次第に関係を拒絶。2人はセックスレスになっていった。
変に生真面目な板橋は風俗で遊んだ経験もなく、店長就任以降、オナニーをする回数が激増した。

そんな板橋のコーヒーショップに、新しいアルバイトの松沢綾菜さん(22)が入ってきた。母子家庭で育った彼女は、それまでとある有名洋菓子店で働き、職人の道を歩んできた。
ところが、1人で暮らしていた母親が病気になったため、職人を辞めて一緒に暮らすようになったのだ。

板橋は綾菜さんに仕事を丁寧に教えた。
「店長って、すっごく親切なんですね」
綾菜さんからそう言われた板橋は、
"オレの親切心なんて、世の中を無難に生きるための仮面に過ぎない。むしろ、本心にはドス黒い欲望が渦巻いてるんだ"
と心の中で呟くのだった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」偽装強盗で自分の店に侵入!美人女性店員を緊縛姦した男

アトリエなにわ
http://www.club-naniwa.com/
高級店レベルの女の子がゴロゴロ在籍している、奇跡のような吉原の超人気店!!

東・名・阪三大都市圏VSおらが故郷どっちがスケベ?  誘惑の多い都会と、娯楽の少ない田舎で育つのとでは、どっちがセックス偏差値は高いのか? まずは、首都圏から。特筆すべきは千葉県。温暖な気候で育った…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号