人妻大衆 TOP 桃色コラム

50代女性の「SEXと性欲と女性器」大研究

2015-03-31 [週刊大衆04月06日号]
鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

美人議員もウチのカミサンも、ひと皮むけば一人の女。年齢を経るうち高まる性欲には、あらがえないのだ!

「美人議員」の誉れも高い中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)が、自民党同僚の門博文(かどひろふみ)衆院議員(49)と、夜の六本木で路上で接吻しているところを『週刊新潮』に激写され話題になった。
「門議員が妻子持ちだったため、安倍政権にとって大打撃となりましたが、議員のなかには"56歳にして人目もはばからずディープキスをする情熱はたいしたもの"と感心する人もいたぐらいです」(政治部記者)

作家の岩井志麻子さん(50)が解説する。
「ご自分の地位や立場も考えず路上でキスをしたわけでしょう? あくまでも想像ですが、中川政務官はきっと、私と同じく50代になって性欲が亢進(こうしん)したタイプでしょうね。お二人がすでに男女の関係なのかどうかはわかりませんが、彼女は相手の男性をオカズにオナニーをしていると思います。これは作家生命を賭けてもいいですよ!」

50代の女性に性欲が高まる人が多いのは、体の変化が影響しているようだ。
「これは、女性は50歳前後で閉経することが大きいんです。閉経を迎えて"女として終わった"と考える人がいる一方、私のように"もう妊娠する恐れがない。安心してナマでできる。ラッキー"と思う女性もいます。"これからは誰とでもやりたい放題できる"と、性欲も高まるんですね」

男は年とともに枯れる一方なのに……。思わず首をすくめたご亭主も少なくないだろうが、今回の取材では、若い女性が裸足で逃げ出すぐらいヤリまくっている50代女性もいた。
「実は、ウチは今でも週2~3回やってます」
少し照れながら打ち明けるのは、専業主婦の沢田和美さん(57・仮名=以下同)。
相手はもちろんご主人(57・会社員)だが、彼女によると「夫は若い頃から大のセックス好きで、したがり」だったことが大きいという。

「新婚の頃はほぼ毎晩。40代になってどうにか週2~3回に減ったのですが、まあ、私も決して嫌いじゃありませんから、ここまで続いたんでしょうが(笑)」
そんなに励んでいるせいだろうか。和美さんは周りの人より閉経も遅く、1年前にやっと月のものが終わったという。

「アソコは今も十分潤いますし、セックスの感度も昔とあまり変わらないですね。絶頂感は5回に5回と言いたいけど、最近、夫が少し早くなったので(笑)、5の4という打率です」
何かの拍子で2週間ぐらいしないと「体に熱がこもったようになる」と言う。
「これは夫も同じで、ブランクが長くなると"自然と勃(た)ってきちゃう"そうです。お互い、セックスすることに体が慣れちゃったんでしょうね」

今回、何人かの50代熟女に取材すると、定期的・継続的にセックスをしている人は閉経が遅く、濡れ具合も良好という傾向があった。また、セックスレスの時期があっても、再びヤリ始めると心身ともに"女"が戻ってくるようだ。

その典型が、51歳で離婚したバツイチ美熟女の神谷英子さん(53)。離婚して1年たった頃、ある中年男性(56)と知り合いい「今恋愛中」と顔を輝かす彼女は、離婚直後は気持ちも暗かったと言うが、
「今は毎日が楽しいし、同じ職場の女性から"最近、肌の色艶がすごくいい"と羨ましがられるぐらいなの。女の体って不思議ですよね。恋をしてセックスをするようになると、若い頃のような肌が戻ってくるんだもの。実はアソコもね、彼とエッチし始めた最初の頃は潤いがなくてローションを使ってたんだけど、今はまったく必要ないほどなんです」

成田桂子さん(55)のケースもこれと似ている。
40代の後半から夫とセックスレスになった彼女は、2年ほど前からスーパーで働き始め、店の主任(61)と親しくなったが、ずっと一線だけは越えられなかったという。
「彼のことは好きだし、夫に悪いとも思っていなかったんだけど、セックスに自信がなかったんです」

本能の疼(うず)きにはあらがえず、半年ほど前に初めてホテルに入った。
「彼の強引さに負けてだったのですが、体がガチガチに強ばり、セックスどころじゃなくて……」
2回目でどうにか最後までいったが、このときもセックスを楽しむ状況にはほど遠かった。
「3回目のとき、彼が私に添い寝しながら、優しく髪の毛をなでてくれたんです。すると体がホワ~ンと温かくなって……。たぶん、あれが"春の目覚め"だったみたい(笑)。そのあと、彼の指で愛撫を受けていると、体の中から何かグツグツグツ~ッと何かが沸騰してくるような感じがあって、その瞬間、イッちゃいました」

次の逢瀬(おうせ)のときは、彼のモノで絶頂に達した。
「彼の体にしがみついて、"ごめんなさい、ごめんなさい"と、自分でもワケがわからないことを叫んでました(笑)」

ご主人とセックスをしていた頃、絶頂感を味わうことはほとんどなかったが、今ではほぼ毎回イケるようになったという。
「相手の男性による、と言えばそれまでだけど、この年になってもセックスは"進化"するんだと、内心驚いています」

医学的見地からは、この「女性は50歳を超えて性欲や性感が高まる」という現象は、どうなのか?
『女医と整体師が教える40歳からのもっともっと気持ちいいSEX』(共著)などの著書がある『成城松村クリニック』(東京都世田谷区)の松村圭子院長に聞いてみた。
「女性は30代後半から女性ホルモンの分泌が減り、結果的に男性ホルモン優位になります。男性ホルモンは性欲を高める作用があるため、50代から性欲が高まるのは医学的にもありうることですね」

また、前述のように、閉経すれば妊娠の心配がなくなる影響も大きいようだ。
「こうした間接的要因で、性欲がさらに高まることも考えられます。そのため、海外では更年期以降の夫婦を"セカンド・ハネムーン"と呼ぶほどです」

次ページ >> 50代女性の「SEXと性欲と女性器」大研究

鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

「女優さんの仕事に興味があったんです」  と語るのは現在21歳、アイドルばりのルックスを持つ、ちえちゃんだ。実は彼女、この年ですでに“人妻”。昨年、結婚式を挙げたばかりだ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号