人妻大衆 TOP 桃色コラム

人妻からの「エッチな手紙&電話」1年分一挙公開

2015-03-04 [週刊大衆03月09日号]

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
金瓶梅
http://www.kinpei.net/
吉原で長年培ってきた安心と実績の当店へ!

昭和33年4月の創刊以来、一貫して世相と性の最前線を追求してきた週刊大衆。奥様からも熱~い支持が!?

普段から週刊大衆編集部には、読者の方から、さまざまな問い合わせや情報が寄せられる。
雑誌のカラーからいって、多くは男性読者からだが、ここ数年は、ウェブサイト版の『日刊大衆』や公式ツイッターを通じて週刊大衆の存在を知り、メールや手紙を送ってくる女性が目立つようになってきた。その中には、なんと少なからぬ数の既婚女性も含まれている。
そこで今回は、この1年間に編集部に届いた奥様方の「夫や知人に話せない」手紙や電話、メールを一挙公開してみよう(プライバシー保護のため、一部の固有名詞は変えてあります)。

小誌への電話、手紙、メールで、まず目につくのがAV関係の問い合わせだ。
「熟女・人妻AVに出演したいので、良心的なメーカーを教えてほしい」
という問い合わせは、月に数件はかかってくる。編集部では責任を取りかねるので、そういう問い合わせは丁重にお断りしているが、なかには、こちらの話も聞かず一方的に、
「ギャラは最低でも××万円、相手役の男優さんは○○さん希望で、子どもが小学校から帰ってくるので3時には帰宅したい」
と、電話口で条件をまくしたてる奥様も。ウチはハローワークじゃないので、お力にはなれません……。

また、昨年3月に掲載した記事で、一流AV男優のYさんにコメントを頂戴したのだが、
「Yさんを紹介してもらいたいので、プライベートの電話番号を教えて」
との電話が2件もあった(もちろん、こちらもお教えできません)。

「自分のヌード写真を撮ってもらいたい」
という手紙や電話も月に5~6通は舞い込む。多くは人気連載『アラーキー不倫写人妻エロス』へのモデル応募の手紙だが、札幌の夏美さん(39)は、自撮りのヌード写真を同封した手紙を送ってきた。
《1年半、一生懸命にエステとスポーツジムに通い、周りからも"10歳若返った"と言われるようになりました。自分でも若い頃の美と肉体が戻ってきたと感じています。(中略)私も来年で40歳。これを記念に、プロのカメラマンに撮っていただきたいのです》

確かに、なかなかのナイスバディ。「ギャラはなくてもいい」というのも非常に魅力的な申し出に聞こえたが、直接、電話で話してみると、
「撮影者は大御所カメラマンのDさんが必須で、札幌に来て撮影してもらいたい。雑誌に掲載する際は、顔出しNGだが、写真集も最低10万部出してもらいたい」
などなど、条件が厳しすぎて折り合いがつきませんでした。

また小誌では、人妻の"性態"や不倫についてもたびたびレポートしている。
奥様方に身近なテーマなのか、結構レスポンスがある。なかでも多いのが「私もヤッてます」という告白。ワクワクドキドキの不倫体験もめったな人には話せない。
そこで小誌に打ち明ける、ということになるようだ。

昨年のGW合併号で、人妻の皆さんに不倫に関するアンケートを掲載したところ、それを読んだという加奈子さん(41)から、便箋6枚に及ぶ「不倫告白手記」が送られてきた。
《(前略)結婚するまで処女だった私は、夫のセックスに何の疑問も抱かず、こんなものだろうと思っていました。ところが、カレと知り合い、セックスをすると、まるっきり違うのです。私にとって人生観が根底から変わる体験でした》
ご主人はクンニもすることがなく、正常位一本。対する不倫相手はマングリ返しの大技を手始めに、高速ピストンや立ちマン、駅弁から座位まで、ありとあらゆる体位を駆使するという。

《彼の上に乗せられて、わし掴みにされた腰を前後に揺すられるうちに、目の前がスイッチを切ったテレビのように真っ暗になったのです。どれくらいの時間が経ったのかはわかりませんが、ボーッと彼の顔が見えてきて、ようやく初めて自分が失神したことに気づきました》

《彼のことを考えただけで下着がびっしょりなる》
という彼女は、
《たとえ夫にバレても、この不倫をやめるつもりはありません》
と言い切る。住所は書いてないが、消印は兵庫の超高級住宅街。今度ぜひ、ナマでお話を聞かせてください!

昨年8月に、『人妻の不倫座談会』を掲載したところ、東京在住の美鈴さん(37)から反響があった。
彼女は昨年の夏休み、名古屋にある夫の実家に帰省したのだが、
《義母は孫より夫にべったり、夫も義母に優しく接するので、私は何かジェラシーのようなものを感じていました》
美鈴さんの息子は従兄と一緒に2階の部屋で寝たので、美鈴さん夫妻は義母の寝室とふすま一枚隔てた居間に寝ることに。

《夫は姑の寝室でひとしきり昔話に花を咲かせると、私が寝ている居間に入ってきました。2人の楽しそうな話を聞きながら何かモヤモヤしていた私は、夫が自分の布団に入ると、スルッと夫の布団に潜り込んだのです》

ふすま一枚隔てているとはいえ、義母がすぐ横に寝ている。ご主人は「おい、今夜はマズイよ」と声を潜めたが、構わず夫の下半身を探った。

次ページ >> 人妻からの「エッチな手紙&電話」1年分一挙公開

風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
金瓶梅
http://www.kinpei.net/
吉原で長年培ってきた安心と実績の当店へ!

「女優さんの仕事に興味があったんです」  と語るのは現在21歳、アイドルばりのルックスを持つ、ちえちゃんだ。実は彼女、この年ですでに“人妻”。昨年、結婚式を挙げたばかりだ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号