人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」意気投合した不倫美女を殴打 失神姦したバツイチ横暴男

2015-02-02 [週刊大衆02月09日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

事件調書

被害者  不倫中のOL
犯行現場 ラブホテル
犯行手口 殴ってから首を絞めて失神させた
レイプ犯 バツイチの失業者

「被告人は被害者女性を恫喝し、激しい暴力に及んで無理やり性交を遂げた」
検察官が起訴状をこう読み上げた。
被告人は深夜、安酒場で声をかけた若い女性とお互いの"合意"の上でラブホテルに入った。
しかし、ホテルの室内で2人は大喧嘩。
ブチ切れて暴走した男が、女性の肉体を蹂躙(じゅうりん)。鬼畜のごとき所業を遂げたのだ。

小松辰也(43)は工業高校を卒業以来、食品加工会社で働いていた。しかし、折からの不況を受けて会社が倒産。無職になったことで、家庭内別居状態だった妻との不仲が決定的となって離婚に至った。
再就職もなかなかうまくいかず、雇用保険で飲み歩く荒んだ日々を送っていた。
冷たい雨が降りしきる日、小松は安酒場で飲んでいた。ラストオーダーに近い時間、隣のカウンター席に1人の女性が座った。

"いい女じゃねえか……"
小柄でショートカットの似合うかわいらしい女性に、小松は見とれていた。彼女は独身OLの雨宮真央さん(28)。真央さんがひとりで安居酒屋に入ってきたのには理由がある。少し前、やり切れない思いをする羽目に陥っていたのだ。
先ほどまで職場の妻子ある上司(50)とラブホテルで密会の最中だった。
仕事を終えたふたりは、会社から離れた場所にあるこの街で合流、そのままラブホテルに直行した。

抑えきれない情欲に駆られて、服を着たままベッドイン。激しい愛撫を重ねるうちに麻央さんの性欲は高まってきた。
「早く入れて。私、もう我慢できない」
上司はコンドームを装着し、反り勃つイチモツを股間のヌカルミに突き入れた。その直後だった。上司のケータイが鳴り響いたのだ。しばらく無視していたのだが、いつまでも呼び出し音が鳴り止まない。渋々、上司はケータイに出たのだ。
「お前か。どうした、こんな時間に……」
ボソボソとしゃべる上司は電話を切ると、気まずそうにベッドに戻った。
「その電話、奥さんからなんでしょ?」
「息子がバイク事故を起こしたそうだ」
「そう。帰るなら、一緒に出ましょう」
「すまない」
気まずくラブホテルを出ると、上司はそのまま駅の方へと姿を消していった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」意気投合した不倫美女を殴打 失神姦したバツイチ横暴男

モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号