人妻大衆 TOP 桃色コラム

女子アナ志望大学生たちの「SEX就職活動」天国と地獄

2015-01-04 [ヴィーナス12月04日号]


気が付けば"本番風俗嬢"に!

「私の場合、街でスカウトされたんです。話を聞くと、女子アナの養成学校のスタッフで"興味があったら、説明会にきませんか?"って……私に、その才能があるみたいに言うんです」と話すのは癒し系のほんわか美人の真希さん(21=大学3年)。東京六大学のひとつに通う才媛だが、今は"秘密の風俗"で働いているという。

「有名ドラマの演出家が講師で、ここはスゴイと思いましたね。それでいて、周りの生徒はあまり可愛くない。"意外にレベル低い"と思って、ますますいい気になったんです。ただ、毎月の授業料が8万円とバカ高かった」
とはいえ、講師のメンバーを見る限り、テレビ局とのつながりも強そうだ。真希さんは親には内緒で借金をして、学校に通いだした。

ところが当然、支払いは滞るようになり、
「スクールの女性スタッフから声をかけられたんです。業界の関係者がよく飲みに来る店があって、そこでバイトすればツテもできるし、バイト代もいいって……」
早速、バイトを始めた。

「確かにテレビ関係者の人は来るんです。ただ、店の奥にはソファベッド付きの個室があって……」(前同)
つまり、従業員で女子アナを夢見る女子大生たちは、業界関係者に誘われるまま、売春する仕組みだったのだ。

「普通に風俗なんて絶対無理だけど、相手が関係者なら……何かイイコトがあるかもしれない。そんな淡い期待もあったし、そもそも借金があるし……」(同)
女子アナを目指していたはずが、いつの間にか、本番風俗嬢となっていたのだ。

「プライベートのエッチとは全く違うんです。こっちは買われている身だから、嫌でも断れない。変態な人も多くて、"オシッコを飲ませろ"とか"追加料金払うから、アナルに入れさせろ"とか……私が断ろうものなら、"お前、うちの局を受けても絶対通さないようにしてやるからな!"と脅してくる人もいて……」

今も耐えているのは、
「女子アナになるのは並大抵のことじゃない」という、ズレた野心のようだ。

「もっとひどいケースになると、風俗バイトも難しいブスを、"ねずみ講"に誘う養成学校もあります。普通なら気づくと思うけど、女子アナ志望の女の子って視野が狭くなりがち。講師の"夢を叶えよう"みたいな安っぽい言葉にも感動して、なんでもやってしまう……いいカモです」(前出・テレビ局関係者)

女子アナになるという"天国"を夢見ながら、地獄に叩き落とされる女子アナ志望の女子大生たち。アナタはこの現実、どう思いますか!?


「あの時、私が誘ってたの、本当にわかんなかった?」読者諸兄の中には、女性にこう言われた経験がある方もいるかもしれない。あとひと押しすれば……と悔やんでも後の祭り。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号