人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」セレブ女子大生を逆恨みして噛みつき姦した鬼畜フリーター

2014-12-15 [週刊大衆12月22日号]
パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

事件調書

被害者  資産家の親を持つ女子大生
犯行現場 被害者の自宅マンション
犯行手口 宅配業者を装って部屋に侵入
レイプ犯 フリーター

「自分の人生に、まったく希望が持てなかった。セレブな若い女を見ると、"いい気になりやがって……。メチャクチャにしてやる……!"と思っていました」法廷でそう語った独身男は、年収200万円以上稼いだことがなく、貧しい生活を送っていた。
自暴自棄になった男が資産家のお嬢さまを襲って、残忍な行動に出た。
まず、陰毛を剃り落とし、次に全身に噛み跡をつけてからレイプに及んだ。

笹倉達也(35)は高校中退後、フリーター生活を送っていた。職を転々とし、やっと落ち着いたのが配送会社での仕分け作業だった。
資格もない笹倉の給料は安いままで、住むところも安い木造アパート。生活に希望を見出せず、毎晩、記憶をなくすまで安い焼酎をあおるように飲んだ。
唯一の楽しみは月に一度か二度、繁華街の片隅にたたずむ「立ちんぼ」とのセックスだった。笹倉は彼女たちの帰りぎわを狙って料金を値切った。
金が足りなければラブホテル代をケチって、街の暗がりでフェラチオだけをしてもらった。

荒んだ生活の中で、笹倉はこう思うようになった。"このままじゃ、オレの人生、孤独死しかない……"
先の見えない人生から抜け出すために、必死に貯めた金で自動車教習所に通い始めた。運転免許を取得して配送のドライバーになることで、給料を増やそうとしたのだ。
自動車教習所の客は若い男女が圧倒的に多かったこともあり、30代半ばの笹倉は教官から冷たくされているように感じた。
"低学歴で年のいったオレなんか相手にしないってことか!"
ひがみっぽさの混じった疎外感に苛(さいな)まれ、教習所は笹倉にとって居心地の悪い場所であった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」セレブ女子大生を逆恨みして噛みつき姦した鬼畜フリーター

パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

朝勃ちがなくても、夜間、レム睡眠中のみ勃起し、朝には勃起が収まっていることがある。 夜間勃起のほとんどが睡眠中のレム期に同調して発生する。人は睡眠時にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していて、夢を見や…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号