人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」ハメ撮りにハマって美女7人を昏睡姦した偽スカウトマン

2014-12-01 [週刊大衆12月8日号]
風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

事件調書

被害者  モデル志願の7人の美女
犯行現場 犯人の自宅アパート
犯行手口 酒に睡眠薬を入れて昏睡させる
レイプ犯 建築現場で働く派遣労働者

「被告人はスカウトマンを装って、若い女性たちを言葉巧みに誘い出し、次々と毒牙にかけていった」
検察官は起訴状を読み上げて、被告席の中年男を睨みつけた。
男は「ファッションモデルを探している」と、ネット上に偽りの募集広告を掲載。応募してきた女性を居酒屋に誘って睡眠薬入りの酒を飲ませて昏睡させ、自宅アパートに連れ込んだ。卑劣な手口で陵辱された女性は、7人に及んだ。

栗田盛久(42)は建築現場で、日払いの派遣労働者として働いていた。
5年前に妻子が家を出ていって以来、安アパートで一人暮らし。恋人もおらずわびしく過ごしていた。
そんな栗田の隣りの部屋に30代前半と思しき独身女性が引っ越してきた。
"結構いい女だ"
栗田は一方的に彼女とのセックス願望を膨らませていった。だが、その夢はすぐ打ち砕かれた。

ある日、壁越しにすすり泣きのような声が聞こえてきた。壁に聞き耳を立てると、やがて「ギャーッ!」という絶叫に変わった。
"暴漢にでも襲われたんじゃないか。助けたら、仲良くなれるかも……!"
そんな下心もあって隣室のドアをノックし、「大丈夫ですか?」と声をかけた。しかし、部屋の中はシーンとしている。
部屋に戻って改めて聞き耳を立てると、隣室から、「アーッ、イクイクッ!」と絶叫とも言える喘ぎ声が響いてきたのだ。
謎はすべて解けた。凄まじいばかりのセックスの喘ぎ声だったのだ。
それ以来、隣室から喘ぎ声が聞こえるたびに、栗田はオナニーを重ねるようになった。
わびしい一人暮らしの栗田にとって、退屈凌ぎのいい刺激となったが、一方で悶々として眠れない日々が続くようになった。

同僚に愚痴をこぼすと、「オレも寝不足だ」と、相手もこぼしてきた。
「オレ、動画投稿サイトにハマっちゃってさ」
何のことなのか、栗田はサッパリわからなかった。聞けば、素人の女性たちのセックス動画をネットで見ることができるという。
早速、動画投稿サイトを見た。その日から栗田は、AVの世界とは違う素人女性たちのセックスの動画に夢中になっていった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」ハメ撮りにハマって美女7人を昏睡姦した偽スカウトマン

風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号