人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」役作りのために美人OLを襲撃 鬼畜AV男優がリハーサル姦

2014-11-24 [週刊大衆12月1日号]
五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

事件調書

被害者  帰宅途中の美人OL
犯行現場 廃墟となった倉庫
犯行手口 結束バンドで緊縛
レイプ犯 AV男優

法廷に引き出された熟年の男は、AVの世界で脇役として出演する"汁男優"だった。汁男優とは作品内で性行為は行わず、射精だけを求められる男優のこと。男はAV女優と絡むことができる男優に憧れていた。そんな折、レイプ作品への出演依頼がきた。
このチャンスをモノにすれば、男優としてステップアップできる――男は役作りのため、若い女性に襲いかかったのだ。

山路耕平(50)は10年前まで、夫婦で喫茶店を経営していた。二十歳の頃から宅配業で働き、貯めた資金で喫茶店をオープンさせた。
喫茶店の経営は順風満帆だった。やがて妻が妊娠して出産、育児に専念するようになり、店に出なくなった。すると、山路は妻がいないのをいいことに、常連の女性客たちに手を出すようになっていった。
渋目の二枚目で巨根の山路は、女性のウケがよく、浮気を重ねながら、性技を磨いて己のセックスに自信をつけていった。
しかし、子どもが幼稚園に入って、妻が再び店に出るようになると、山路の浮気がバレてしまう。
結果、激怒した妻とは家庭内別居の状態になり、気づけば、妻子に生活費を渡すだけの立場になっていた。

だが、開き直った山路は、また浮気に精を出すようになり、そうした中で、女性器の構造や感度などを深く知るようになっていった。
しかし、常連客に手を出してきたツケが回ってきたのか、喫茶店の売り上げが急激に落ちてきた。
"いっそ官能小説家にでも転身しようか"
男は豊富なセックス経験をネタに官能小説を書き、出版社に持ち込んでみたものの、編集者たちの反応は冷ややかなものだった。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」役作りのために美人OLを襲撃 鬼畜AV男優がリハーサル姦

五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

ちょうどこの取材のとき、誕生日を迎えたばかりと陽気に語ってた。難波にあるホテルヘルス『奥様パート中』の人気奥様はるかサン(39歳、T155-B88W62H90)で、とにかく茶目っ気たっぷりやし、ドM…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号