人妻大衆 TOP 桃色コラム

現役女子大生20歳とエロ写メ交換のうえ自宅でデート

2014-11-10


思えば学生時代から“女子大生”というものが好きだった。
理由こそ「素敵なお姉さんにいろいろ教えてもらいたい」から、「好奇心旺盛な若い子にいろいろ教えてあげたい」に変わったが、30代を超えた今も女子大生に対する色情は変わらない。男にとって女子大生はいくつになっても“鉄板”なのだ。

話を本題に移そう。女子大生と出会うなら、利用料無料(*パケット代別)の出会い系サイト「めちゃ近」を利用するのが最適だ。これまで本サイトで紹介してきた数々の体験談から、『「めちゃ近」=人妻』と連想するかもしれないが、「めちゃ近」は女子大生の会員も多数。しかも、これが意外に狙い目だったりする。

「ひと回り以上年上の素敵なお兄ちゃんとお友達になりたいな☆」

10月某日、出会いは、掲示板で偶然見つけたメッセージへのアタックからだった。お相手は、都内の女子大に通う20歳の麻友ちゃん。警戒心を持たれないように丁寧にアプローチした結果、1時間もしないうちにレスをもらった。

「えっ! 連絡くれるなんてうれしい! ありがとうございます! よろしくお願いします!」

何度かやり取りをしていくうちに、彼女が“出会い系バージン”だということが判明! なんでも彼女は、1年半前に進学のため上京。何人かの女友達はいるものの、同年代の男子とはどうもノリが合わなくて、東京ではずっと彼氏なし。勇気を出して「めちゃ近」に登録したのだとか。

「かなりブラコンなんです。今はひとり暮らしで、大好きなお兄ちゃんと会えなくて寂しい」
「じゃあ今日から俺のことを、東京のお兄ちゃんと思って。本当のお兄さんよりはかなりエッチだろうけど(笑)」
「私のお兄ちゃんも相当なので大丈夫wだって私のお兄ちゃん、昔エッチな写メを送れって言ってきたことあるからw」
「え!?マジで!?じゃあ東京のお兄ちゃんにも送りなさい……って。ゴメン!忘れて~」
「私の家に会いにきてくれるなら、okですよ。恥ずかしいから写メは胸チラまでで☆」

そんなまさかの急展開で、胸チラ写メ&ご自宅訪問券をゲット!
ちなみに送ってくれた写メはコチラ↓↓↓

002

003



というわけで早々に約束を取り決め、いざ麻友ちゃん宅へ。実際に会ってみると、写真の何倍も可愛い(しかも生脚)!

「男の人、家にあげるの初めてなの~。お父さんに怒られちゃうかも。あ、でもお兄ちゃんだから問題ないか(笑)」
なんて冗談を言いながら、ソファーに座るボクにイキナリ腕を絡めてくる麻友ちゃん。
「(鼻息荒く)ちょ、ちょっとお兄ちゃんにそれはないでしょ」
どう考えても恋人以上の距離感。そしてとってもいい匂い(笑)。時間が経つと、腕だけじゃなく足まで絡めくる始末。どうやら彼女は根っからの甘えん坊体質のようだ。
「(さらに鼻息荒く)だ、だから」
「東京のお兄ちゃんとは、血がつながってないから大丈夫だもん。ず~っとこんなことしたかったのに……ダメ?」

結局ボクは彼女の家にお泊まり。あんなことやこんなことをして、朝まで甘い時間を過ごすことになった。
そういえば、彼女がこんなことを言っていた。

「女子大生は冒険したいけど、お金がない。だから気軽にオトナの男性と出会える場に目がないの。それに相手に1秒でも長く甘えていたいから、相手がご近所さんならベストなんだよね」

ん!? それって、女子大生と出会いたいなら、「めちゃ近」が一番ってことじゃん!
やっぱり「めちゃ近」と女子大生の親和性はバツグンなんですね~。


あなたの近くに住んでいる運命の相手探しは
『めちゃ近【完全無料】』
で決まり!
無料で遊べて素敵な恋をはじめられます!

めちゃ近【完全無料】
URL:http://deai-m.com/mch/

スマホ・ガラケーはこちらから↓



「やっぱり、あの国か……」

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号