人妻大衆 TOP 桃色コラム

永久保存版 女体の神秘「名器の正体」まるごと大研究 vol.6

2013-10-12
五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

岩井志麻子氏が語る名器

自ら女性器の美容整形手術を受けたという、作家の岩井志麻子氏。彼女が語る「名器」の実態とは?

「名器という言葉が一般でも語られるようになったのは、木嶋佳苗被告の連続結婚詐欺殺人事件が発端かもしれませんね。"性格が優しい"とか、"料理上手"という理由だけで、あれだけ多くの男性を翻弄したというのは納得できない。でも、"実は名器だった"と言われれば、妙な説得力がありますからね。
一般の女性で、自分の膣が名器か否かを把握している人は、少ないと思いますよ。自分では確かめられないですからね。そういう意味ではツチノコみたいなもんですよ。"ホントに存在するの?"って(笑)。
私自身は今年、女性器の美容整形を受けました。
Gスポットにヒアルロン酸を注入して隆起させる手術です。術後は、いい意味で自信が持てるようになりましたね。街を歩いていても、心の中で"あんたら知らんでしょうけど、私は名器よ"って(笑)。
それから、クシャミをしたときの尿モレも、気にならなくなりましたよ。全体的に締まったのかな(笑)。
とはいえ、"手術をして名器になったからオトコが離れられなくなる"というふうに、すべてが安直にうまくいくわけじゃないと思います。他の部分の努力も必要ですよ。
相性とか感度とか、いろんな要素をトータルして、セックスするんですから」

10月13日公開のvol.7に続く・・・。

五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号