人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

愚痴聞き作戦で人妻33歳の家庭とカラダの不満を解消してあげました!

2014-10-08
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

「女はいつでも“じっくりと愚痴を聞いてもらえる男”を求めている。男はそこで余計なアドバイスなどせず“聞き役”に徹すればいい。すると女は男に信頼感と安心感を覚え、早々に身も心も委ねてくるのだ……」

上記は、恋愛マニュアルなんかでよく見かける一節だが、なかなか的を射た話だ。
確かに世の中には、実に愚痴を聞いてもらいたい(=身も心もスッキリしたい)女性であふれている。特に出会い系サイトを利用しているのは、その典型だろう。
では、そんな女性と出会うためには、どこのサイトを利用するのがベターなのか。答えは勿論『めちゃ近』だ。

さて、前置きはここら辺にして、ここからは記者が『めちゃ近』で冒頭のマニュアルよろしく、“愚痴からのムフフ体験”を実現させたエピソードをお伝えしよう(サイトのシステムなどは、過去記事をご参照ください)。今回のヒロインはプロフィールに、「仕事と家庭のストレスをはらしたい今日この頃。。。聞き上手な男性へ☆」と記していた化粧品販売員の晶子さん(33歳・人妻・子持ち)だ。

「メールでも対面でも、好きな時間に好きなだけ愚痴を聞きますよ~」
冒頭の一節を妄信するボクは、彼女の“お疲れ女子”ぶりに惹かれ早速アプローチ。すると、
「メールだと1000通くらいになりそうww会って愚痴りたい」とのお返事が!
拍子抜けするほどあっさり得た逢瀬の機会。やはり女は愚痴を聞いてもらえる男を求めているのようだ。

「夫は全然、私の話を聞いてくれなくて…。こうやってじっくり話してくれる人ってスゴいありがたいの。今日は覚悟しておいてね(笑)」

そんなセリフから始まった、晶子さんとのお食事会。外見は大和撫子風のおしとやかな美人だが、いろいろ溜まっているのか、外見にそぐわないマシンガン(愚痴)トークをスタートさせた。

「職場は女の子ばかりでギスギスしていて疲れちゃうんだ…」
「最近クレーマーが多いの。若い子だと火に油を注いじゃうから、対応はすべて私に押し付けられちゃうの。ホント甘やかされてんな、って感じ」
「子育てってホント大変。ウチの旦那なんか全然手伝ってくれないの。死んでほしいわ」

愚痴が止まらない。しかも酔いが回ってきたせいか、次第に言葉遣いが乱暴になっている…。

「晶子さんは間違っていないよ。頑張っているもんね」
マニュアル通り聞き役に徹し、相手を持ち上げる適当な相槌を打つボク。
「そーなの!そーなの! わかってるじゃない! ワタシは頑張ってるのよ!」
吐き出したいものを吐き出して、とても気持ち良さそう。そんな中、饒舌だった晶子さんが、突然大人しくなった。しかも、好きな人に告白できずモジモジしている乙女のような雰囲気を出しているではないか!

「どうしたの?」
「あ、あのね、溜まってるのは愚痴だけじゃないの…」
「もしかして?」
「……うん」
「今日は溜まっているものは、全部だしちゃわないとね」

そしてボクの役割は受け手から攻め手へと変化し、晶子さんの溜まったモノを発散させることに成功したのでした。

現在ボクは、『めちゃ近』で晶子さんに続く“愚痴を聞いてもらいたい女性”を吟味中。このサイトには、そんなスペックを持った女性が本当に多い! だからいつまでも『めちゃ近』が、ヤメられないんですよね~。


あなたの近くに住んでいる運命の相手探しは
『めちゃ近【完全無料】』
で決まり!
無料で遊べて素敵な恋をはじめられます!

めちゃ近【完全無料】
URL:http://deai-m.com/mch/

スマホ・ガラケーはこちらから↓

神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

初エッチは高1の夏に5歳年上の社会人の彼氏と。でも、優しくなくてガツガツしていてたんで痛い記憶ばかりが先に立ちますね。その彼って愛撫自体がうまくなかったんです。オチンチンは大きいけれど、ただガンガン…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号