人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

100年前のバイブ発見!そのお値段は?

2014-09-26
角えび本店
http://honten.kadoebi.co.jp/
江戸時代から脈々と受け継がれる本物の大衆店「角えび本店」!

夜の生活に欠かせない(?)バイブが今回のトピックでございます。バイブといえば、愛し合う男女が夜な夜な性生活に用いて楽しむいわゆる「大人のおもちゃ」だが、実は歴史は深く、電動式でないディルドであれば、日本でも江戸時代から流通しているポピュラーなもの。とはいえ、用途がアレなんで、世間一般では大きな声で話題にできるものではない。

しかしこのたび、それを覆す事態が起きた。なんと、100年以上前に作られたバイブがオークションに出品されたのだ! しかも、英国の伝統あるオークション「クリスティーズ」で、アンティークのバイブが出品されたとなったから、もう話題騒然。何せ、このオークションハウス「クリスティーズ」は、世界で最も歴史の長いオークションとして有名で、主に美術品を取り扱うことが多い。

今回は、何とも珍品のバイブレーターである。製造されたのは1893年というから、120年以上も前の代物だ。最初は1000ドルで出品され、最終的には2461ドル(約26万円)で落札された。

治療器具の1つとしてベンジャミン・ボイド博士が製作したものらしく……ん、医療器具? 確かに、コンドームだって医療器具だが、バイブが医療器具とはどういうことか?  何でも、このバイブはセルロイドと金属で構成されており、女性のヒステリーを抑えるのに効果があるそうだ。

出品内容を記したカタログでは「医療目的のための電子器具」に分類されており、説明文には以下のように記されている。
「大部分は米国で取得された特許を用いて製作されています。20世紀の初期には、こうした機器は一般的に医療機関で使用されていました。電気的な振動による刺激は、女性のヒステリーを治療するのに効果的とされていたのです」

つまり、ヒステリーを起こして喧嘩になった夫婦が、とりあえずベッドインし、この「医療器具」で女性を大人しくさせていたということか? 確かに、効果はありそうだ。

しかし、落札者はこの「医療器具」をどうするおつもりか? やはり使用目的? でも、誰の愛液が染み込んでるか分からないこのバイブを使用するには、それなりの勇気が必要な気がする。

皆さんはどうですか? 私だったら、病気が怖いので、とりあえず医療器具のコンドームを着けてから使用してみたいなぁ。今のバイブとの差はどうか?  興味深いですね。
角えび本店
http://honten.kadoebi.co.jp/
江戸時代から脈々と受け継がれる本物の大衆店「角えび本店」!

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号