人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」婚活サイトで資産家を名乗り美女ナースを昏睡姦した鬼畜

2014-09-29 [週刊大衆10月06日号]
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

事件調書

被害者  婚活中の美人看護師
犯行現場 被害者女性のマンション
犯行手口 睡眠薬入りの菓子を食べさせる
レイプ犯 バツイチの中年男

法廷に現れたバツイチの中年男は、婚活サイトを悪用して女性を陵辱した。男は資産家を装って、婚活中の若い美人看護師に接近。最初のデートの席で、「君の手料理が食べたい」と言って、女性宅を訪れた。そして、食後に持参した睡眠導入剤入りシュークリームを食べさせて昏睡させた。意識を失った女性の肉体を蹂躙(じゅうりん)して、昏睡レイプに及んでいたのだ。

西島雅人(43)は高校を卒業してから、鉄工所に就職したが、生来の飽きっぽい性格のためか長続きしなかった。鉄工所を辞めてから職を転々とし、最近では弁当工場で働いていたが、年収200万円を超えた年はなかった。

稼ぎが悪いせいで妻との喧嘩も絶えず、8年前に離婚。バツイチとなってからは、安アパートで一人暮らしをするようになった。

そんなある日、隣の部屋に若い女性が引っ越してきた。恋人を部屋に連れ込んでいるのか、その日以来、たびたび喘ぎ声が壁伝いに聞こえるようになった。

西島は喘ぎ声をオカズにオナニーに耽るようになったが、一方で虚しさを感じてもいた。

"オレだって、若い女とセックスがしたい"

だが、長年にわたる低所得の生活に、己の無力感にも苛まされていた。

"女の最大の武器は、美貌と若さだ。男は金がなけりゃ、どうしようもない"

ふと、ある考えが浮かんできた。

"この世の中は、どうせウソだらけだ。騙したもの勝ちじゃないか……"

西島はこれまでまったく縁のなかった婚活サイトに登録し、女性たちに頻繁にアタックするようになった。

プロフィールの登録にあたって、年収欄に実際の10倍の金額を記した。職業欄は会社役員と記入、さらに実家が資産家だと装った。

また、年齢は10歳若くし、身長も5センチサバを読んだ。

ウソだらけのプロフィールで固めた西島は、リサイクルショップでスーツやシークレットブーツを買ってデートに出向いた。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」婚活サイトで資産家を名乗り美女ナースを昏睡姦した鬼畜

吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

 ヘンタイたちが待ちに待った秋がやってきた。そう「SM神社祭」の秋だ。  今年で16回目を迎えるこのアングラショーは“SMの神様”と呼ばれた故長田英吉氏をしのび、長田一美を中心に年一回開催される恒例…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号