人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」美人ホステスを刃物で脅迫! 風呂場で強姦したホームレス

2014-09-15 [週刊大衆09月22日号]
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ


ホームから線路に降りて逃走

あまりに夢中になっていたため、電車が停車することに気づいていなかった。

ドアが開いた瞬間、「この人、痴漢です!」と、女性が叫び、腕をつかんできた。

「オレじゃねえよ!」沼田はつかまれた腕を振り払い、ホームの端へ駆けだした。

"逃げるしかない!" 沼田はホームから線路に飛び降りて逃げた。線路を走り、柵を乗り越えて外へ。追っ手がいないことを確かめて、安心したが、ケータイがポケットになかった。途中で落としてしまったようだ。

"やべえ、身元がバレて捕まってしまう" 前科持ちになることを恐れたが、すぐに居直った。

"どうせクソみたいな生活だったんだ。これからは自由に生きてやる!" 沼田は寮には戻らず、公園で、ホームレス生活を送るようになった。

"オレを束縛するものは何もないんだ!" 公園で野宿をするようになってから、妙な解放感に浸るようになっていた。

低学歴の沼田は劣等感が強く、女性からもまったく相手にされないので、世の中に一方的な妬みを募らせていた。その憂さを晴らすように、覗きや電車内の痴漢を繰り返すようになった。

"俺には何もないんだ。どうせなら、もっといい女をムチャクチャにしてやりたい"

頭に思い浮かんだのは、新聞配達中に見かけた、朝帰りの水商売の女性だった。

クラブホステスの沢本桃香さん(27)といった。ロングヘアの巨乳美女で、ミニスカートからスラリと伸びた脚がまぶしかった。

新聞配達をしていた頃、明け方に桃香さんが千鳥足で歩く姿にそそられ、抱きつきたい衝動に駆られた。

我慢できたのは、仕事があったからだ。しかし、公園生活を送るようになってから、本能を抑える必要はなくなっていた。

"やるか……?" 悪魔の決意をした沼田は準備を開始。桃香さんの家を調べ、脅迫するための凶器を入手した。

月のない夜、沼田は未明に桃香さんを待ち伏せた。酔った彼女が部屋のドアを開けた瞬間、背後から襲いかかった。

サバイバルナイフを桃香さんの首に突きつけて、脅した。

「騒ぐと殺す!」沼田は桃香さんを寝室まで追い込み、ベッドに押し倒してうつ伏せにした。

電気コードで後ろ手に縛り上げた。さらに、ガムテープでサルグツワと目隠しを施した。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」美人ホステスを刃物で脅迫! 風呂場で強姦したホームレス

池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号