人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」美人ホステスを刃物で脅迫! 風呂場で強姦したホームレス

2014-09-15 [週刊大衆09月22日号]
角えび本店
http://honten.kadoebi.co.jp/
江戸時代から脈々と受け継がれる本物の大衆店「角えび本店」!

事件調書

被害者  クラブのホステス
犯行現場 被害者の自宅
犯行手口 サバイバルナイフで脅迫
レイプ犯 痴漢の常習者のホームレス


「いくら働いても給料が上がらず、結婚なんて夢のまた夢で……世の中すべての女性を恨んでいました」法廷に立った男は、自身の状況を語り始めた。最初の性犯罪は電車内での痴漢だった。しかし、逃げる際にケータイを落としてしまう。逮捕されることを恐れた男は、新聞配達の仕事をやめて、ホームレス生活を送ることを決意。その後、荒れた生活のあげく、一人暮らしの女性宅に侵入し、レイプに及んだのだ。

沼田涼一(40)は、工業高校に進学したものの、学校になじめず、すぐに中退。それから、新聞配達員として働き始めた。寮に住み込み、午前2時から出勤する生活を送っていた。

朝刊と夕刊を配達し、仕事が終われば寝るだけという生活の繰り返し。また、月末は集金に回るため、1か月で休めるのは3日ほどしかなかった。たまの休日はスナックで飲むか、風俗で遊んで過ごしていた。

いつかは結婚したいと思ってはいたが、風俗遊びのせいで貯金も増えず、結婚への夢は遠のくばかりだった。代わり映えしない生活の中で沼田は密かな楽しみを見つけた。

朝刊の配達後、最寄り駅から通勤ラッシュの電車に乗って若い女性の体をまさぐるのだ。"痴漢って意外にバレない。女ってチョロイもんだ" 沼田が狙うのは気の弱そうな若い女性ばかりだった。

駅のホームで物色して、急行電車に乗る女性を狙う。急行電車なら、一度ドア側に追い込めば、長時間、女体を堪能できるからだ。

この日、狙ったのは女子大生風のスレンダー美女だった。いつものようにドアの隅へと追いやり、スカートの上からヒップをなでまわす。恐怖のあまり女性は声も出せないようだった。

次第に興奮してきた沼田はスカートの裾からパンティの中に手を侵入させた。恐怖で硬直した女性の恥丘をなで回した。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」美人ホステスを刃物で脅迫! 風呂場で強姦したホームレス

角えび本店
http://honten.kadoebi.co.jp/
江戸時代から脈々と受け継がれる本物の大衆店「角えび本店」!

「女房にエッチを持ちかけると、こっちがムラムラしてる足元を見て〈庭の草むしりをしてくれるなら〉とか〈風呂掃除をしてくれるなら〉と言うんです。いざ始まると、自分だって気持ちいいくせに、ねえ」

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号