人妻大衆 TOP 桃色コラム

女性はなぜ「濡れる」のか?

2014-09-01 [増刊大衆08月26日号]

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

女性が濡れる肉体のメカニズム「女性器は、実に様々な愛液を分泌しているんです」

愛液には、基本的に3種類ある。

まず、1つ目が、膣の入口を潤わせるバルトリン腺液。これは膣口の左右にあるバルトリン腺から分泌する。次に、膣の内壁から滲み出る膣液。そして、3つ目が、膣の奥から出る子宮頚管粘液である。

また、かなり退化してはいるが、尿道口付近のスキーン腺から分泌液を出す女性もいる。

せいぜい先走り汁(カウパー腺=女性のバルトリン腺に当たる)ぐらいしか出さない男性とは大違いだ。性科学者の志賀貢・医学博士によると、「膣分泌液と総称される愛液は、そのほとんどが水分で、これにタンパク質や糖類、乳酸などが混じって、粘りや匂い、味(!)の違いになる」ということだ。

「バルトリン腺液は、膣口を防御する目的で分泌され、あまり粘り気がなく、サラッとしています。膣液は、いわば膣の発汗現象と言え、汗と同様の匂いがして弱酸性です。俗に"本気汁"と呼ばれる子宮頚管粘液は、性的興奮がピークに達するときに分泌され、白くドロドロしています。また、受け入れた精子の生存率を高めるため、弱アルカリ性になっています」(前同)

愛液の粘りや味や匂いには個人差もあるが、排卵時期や興奮の度合いも関係している。実際、今回のアンケートでも〈エッチする日の体調や気分によって、愛液の状態が違う〉と回答した女性は多かった。また、愛液の量も〈あまり出ないので、ゼリーは必需品〉という方から、〈ベッドのマットを変えなきゃならないほど濡れる〉という方まで千差マン別。

愛液は基本的に汗と同じ成分だから、〈ビールなどを飲むと、量も多くなる〉という女性も少なくない。

なお、志賀博士によれば「愛液と潮は、まったく別物」なのだとか。続けて、「愛液は分泌腺から出ますが、潮の大部分は膀胱に溜まった水分(尿?)だからです」

愛液は湧き出し、潮は吹く―その"出方"も確かに違うようだ。

次ページ >> 女性はなぜ「濡れる」のか?

風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

「旦那とのSEXがあまりにつまらなくて……」 こんな理由でAV面接を受けたと語るのが、24歳の若妻・エリちゃん。黒髪の似合う清純派ロリ系で、女子学生役でも通用しそうな可憐な奥様だ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号