人妻大衆TOP

新着


どんなに気の強そうに見える女性でも、実際に話してみると、とても可愛らしくて、守ってあげたくなるような一面を持っていたりします。

結婚をすると、義理の両親や兄妹や姉妹ができます。なかなかそんな義理の家族とのつきあいかたに悩む人も少なくありません。 今回登場するあみさんも義理の家族との関係について悩んでいる女性でした。


なみさんは、24歳。7歳上の会社員男性と結婚して2年目だという。「旦那さんは優しくて、男らしい人です。最初は知人の紹介で知り合って、お互い一目ぼれみたいな感じでした」 と幸せそうな笑顔で答えるあたり…


桃色コラム

2016-09-23 [週刊大衆2016年09月19日号]

性欲強めな女性たちの「SEXしたいサイン」を見逃すな!

「今夜は寝かさないよ!!」こうベッドで宣告するのはエッチ大好き女豹たち。イマドキの女は、すげえ!


最近は日本に英語教育も根付いてきたのか外国人と日本人のカップルも増えてきました。昔は排他的と言われた日本も少しずつ国際化しているようです。 今回登場するのはそんな国際的な愛にルーツを持つクリスさん…

桃色コラム

2016-09-23 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「洗い髪の 浴衣貴方の……」

浴衣姿に洗い髪、それだけで浮世絵の世界だ。洗い髪は漆黒が望ましい、浴衣は藍染め、中は素肌、と欲にはきりがない。老いたけど、蝶になる私がいる。夏の妄想はつきない。


桃色コラム

2016-09-22 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「傘寿でも 後釜欲しいと……」

愛する妻を亡くしても朝勃ちはあるし、悲しいかな勃起もある。自然の摂理は無常だ。勃起をくれる女性に出会えたら、素直になろう。亡き妻は晴れて、彼岸に旅立つはず。


桃色コラム

2016-09-22 [週刊大衆2016年09月26日号]

AV鑑賞からSEX願望まで…指原莉乃「下ネタトーク」がすごすぎる!

アイドルなのに、“バストトップの秘密”や、“下着事情”まで、テレビで告白しちゃう彼女。エロすぎッ


清楚でおっとりとした雰囲気が魅力的。結婚5年目の人妻・ほなみさん(24)は、随分と年上のご主人を持っていた。 「旦那さんは17歳上なんです。だから今、41歳かな。もともと、私は甘えん坊なので年上の男…

桃色コラム

2016-09-21 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「惚け茄子も 介護の嫁の……」

老介護は、国家存亡の深刻な問題になる。老人があふれる世で、若い嫁の介護を受けるとは、夢そのもの。心が健康であれば妄想が救いになる。妄想のフェラはつきることがない。


桃色コラム

2016-09-20 [週刊大衆2016年09月26日号]

美人バスガイド「禁断SEX」痴態告白

楽しい旅に花を添えるヒロインたち。清楚な見た目とは裏腹に、こ~んなすごいコト、シちゃってるんです


大盛り上がりで閉幕したリオ五輪だが、関係者の間では“あの数”が話題だという。「メダル!? いえいえ、コンドームです(笑)。2000年のシドニー五輪では7万個、10年のバンクーバー、14年のソチ冬季五…


「ゆなです…今日はよろしくお願いします…」 そう恥ずかしそうに話すのが、結婚4年目の奥様・ゆなさん(24歳)。あどけなさの残るロリ系ながら、ぽってりとした唇が妙に色っぽい。謎めいた雰囲気も漂う彼…

普段は隠れているが、衣装が薄くなる夏、突如、ふくよかな双丘が露わに。“隠れ巨乳”――それは男が三度の飯より好きなものと言っても過言ではない。 本誌は今、最もアツい芸能美女の隠れ巨乳を、大きさ、意外性…


エッチなビデオが好きなのは、何も男だけではない。女性が好きなビデオから、彼女たちが憧れるSEXを大解剖。これを読めば、あなたも明日から女性をトリコにできる――!?


昔から、結婚は一番好きな人としない方が良いと言われています。その理由は、結婚生活を客観的に見られなくなるうえに、相手ばかり優先して自分がガマンばかりしてしまうようになるからだとか。 しかし、一番好き…


「普段の仕事はその……音楽をやっています」こうモジモジしながら答えるのは、ちなみさん(34歳)。詳しく聞くと、彼女はプロの音楽家! しかも3年前に結婚するまではフランスで活動。当然、フランス語もペラ…

結婚して1年と少し。今回、AV面接に応募してきたリエさん(25)は、綺麗なぱっちりお目々とちょっと突き出た上唇が妙に色っぽい若妻だ。「緊張しますね(笑)。どんなことを聞かれるんだろうって。ドキドキで…


桃色コラム

2016-09-16 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「秋茄子で 遺影も揺れる……」

秋茄子の需要が増えているとか。亡夫の墓参を済ました夜ぐらい、許してくれるはず。夫と遜色のない大きさだ。形も硬さもいい。許してと、喘ぐ私が不憫。秋が暮れていく。


桃色コラム

2016-09-15 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「熱帯夜 汗も流れる……」

冷夏の予想も覆す猛暑が続いた列島。熱中症で亡くなった人も少なくない。夜のお勤めも、さぞや大変だったと思う。好かれたい一心で引く紅。薄化粧で誘う勃起。流れる汗が潤滑油。


もしあなたが浮気をしていて、それが奥さんにバレてしまったらどうするでしょうか? 今回登場するのは、ご主人の浮気に気づいてしまったまゆさん。彼女はその後どんな行動を取ったのでしょうか?

清楚で品がある熟女系セクシー女優として、雑誌グラビアなどでも人気のある東凛。彼女のはじめての写真集『Presents』が好評発売中だ。


桃色コラム

2016-09-14 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「女体盛り ふすまの富士山……」

男の淫靡な夢はつきることがない。女体盛りは、おぼこで白い肌、胸の隆起は欲しい。谷間は涼しげに淡い草原。泉は湿る程度に流れる。盛りつけする前に、大いなる勃起だ。


桃色コラム

2016-09-13 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「彼岸月 川原の土手で……」

様々な思いが去来する彼岸。亡き夫は、向こうで待っていてくれるだろうか。老いた私がわかるだろうか。会いたくてしとどに濡れた。あなたの代わりと、入れるバイブが大き過ぎた。


「旦那は私の誕生日にだけエッチしてくれます(笑)」 照れながらこう話すのは、清楚系美女で上品な雰囲気も漂う、ゆうさん(32歳)。まさか、こんな綺麗な奥様がAV面接を受けたなんて信じがたいが、それ以上…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号