人妻大衆TOP

新着


「旦那とのSEXがあまりにつまらなくて……」 こんな理由でAV面接を受けたと語るのが、24歳の若妻・エリちゃん。黒髪の似合う清純派ロリ系で、女子学生役でも通用しそうな可憐な奥様だ。

桃色コラム

2016-09-22 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「傘寿でも 後釜欲しいと……」

愛する妻を亡くしても朝勃ちはあるし、悲しいかな勃起もある。自然の摂理は無常だ。勃起をくれる女性に出会えたら、素直になろう。亡き妻は晴れて、彼岸に旅立つはず。


桃色コラム

2016-09-22 [週刊大衆2016年09月26日号]

AV鑑賞からSEX願望まで…指原莉乃「下ネタトーク」がすごすぎる!

アイドルなのに、“バストトップの秘密”や、“下着事情”まで、テレビで告白しちゃう彼女。エロすぎッ


桃色コラム

2016-09-21 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「惚け茄子も 介護の嫁の……」

老介護は、国家存亡の深刻な問題になる。老人があふれる世で、若い嫁の介護を受けるとは、夢そのもの。心が健康であれば妄想が救いになる。妄想のフェラはつきることがない。


「女優さんの仕事に興味があったんです」  と語るのは現在21歳、アイドルばりのルックスを持つ、ちえちゃんだ。実は彼女、この年ですでに“人妻”。昨年、結婚式を挙げたばかりだ。

桃色コラム

2016-09-20 [週刊大衆2016年09月26日号]

美人バスガイド「禁断SEX」痴態告白

楽しい旅に花を添えるヒロインたち。清楚な見た目とは裏腹に、こ~んなすごいコト、シちゃってるんです


大盛り上がりで閉幕したリオ五輪だが、関係者の間では“あの数”が話題だという。「メダル!? いえいえ、コンドームです(笑)。2000年のシドニー五輪では7万個、10年のバンクーバー、14年のソチ冬季五…


普段は隠れているが、衣装が薄くなる夏、突如、ふくよかな双丘が露わに。“隠れ巨乳”――それは男が三度の飯より好きなものと言っても過言ではない。 本誌は今、最もアツい芸能美女の隠れ巨乳を、大きさ、意外性…


子育て中の奥サマは、子育ての忙しさや、ダンナが妻を母親としてしか見られなくなってしまったなどの理由でめっきりセックスレスになってしまうことも少なくありません。

エッチなビデオが好きなのは、何も男だけではない。女性が好きなビデオから、彼女たちが憧れるSEXを大解剖。これを読めば、あなたも明日から女性をトリコにできる――!?


昔から、結婚は一番好きな人としない方が良いと言われています。その理由は、結婚生活を客観的に見られなくなるうえに、相手ばかり優先して自分がガマンばかりしてしまうようになるからだとか。 しかし、一番好き…


結婚して1年と少し。今回、AV面接に応募してきたリエさん(25)は、綺麗なぱっちりお目々とちょっと突き出た上唇が妙に色っぽい若妻だ。「緊張しますね(笑)。どんなことを聞かれるんだろうって。ドキドキで…


「AVは結構、観ていますね。レズとか男同士のエッチが好きです」 同性愛のSEXに興奮を覚えるというのは、23歳の若妻・ゆかりさん。愛らしいルックスながら、ちょっと変わった性癖をお持ちの彼女は、好きな…

桃色コラム

2016-09-16 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「秋茄子で 遺影も揺れる……」

秋茄子の需要が増えているとか。亡夫の墓参を済ました夜ぐらい、許してくれるはず。夫と遜色のない大きさだ。形も硬さもいい。許してと、喘ぐ私が不憫。秋が暮れていく。


桃色コラム

2016-09-15 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「熱帯夜 汗も流れる……」

冷夏の予想も覆す猛暑が続いた列島。熱中症で亡くなった人も少なくない。夜のお勤めも、さぞや大変だったと思う。好かれたい一心で引く紅。薄化粧で誘う勃起。流れる汗が潤滑油。


清楚で品がある熟女系セクシー女優として、雑誌グラビアなどでも人気のある東凛。彼女のはじめての写真集『Presents』が好評発売中だ。


ひとくちに仲のよい夫婦と言っても、その関係性はそれぞれ違います。他人から見ればちょっと変わっていたとしても、お互いが信頼し合っていればきっとそれは幸せなのでしょう。 今回登場するののかさんも、そんな…

桃色コラム

2016-09-14 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「女体盛り ふすまの富士山……」

男の淫靡な夢はつきることがない。女体盛りは、おぼこで白い肌、胸の隆起は欲しい。谷間は涼しげに淡い草原。泉は湿る程度に流れる。盛りつけする前に、大いなる勃起だ。


桃色コラム

2016-09-13 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「彼岸月 川原の土手で……」

様々な思いが去来する彼岸。亡き夫は、向こうで待っていてくれるだろうか。老いた私がわかるだろうか。会いたくてしとどに濡れた。あなたの代わりと、入れるバイブが大き過ぎた。


若い頃とは一味も二味も違うエロ魅力を披露する彼女たち。出演する舞台や映画も話題の四十路美熟女の秘密に迫る!


「特技は空手と新体操です。体を動かすのは昔から大好きなんです」 こう話すのはレミさん、32歳。運動神経が抜群とあって、しなやかなボディは女豹のよう。そんなセクシーな美人妻がなんと、AV面接を受けた。…

桃色コラム

2016-09-12 [週刊大衆2016年09月19日号]

好色川柳「亡き夫に ススキ手向けて……」

遺影がむせび泣いている。彼岸にと、ススキが活けてある。どんな思いで私を眺めているのやら。もっとしたかったはず、もっと抱いてほしかった。彼岸はススキがあなた。


現役の人気AV女優となると、なかなか結婚のきっかけを掴めないことが多い。それを一挙に覆すのが、妊娠をきっかけに引退する“デキちゃった結婚”である。5年間活躍した巨乳キカタン女優のH・Rちゃんは、交際…


桃色コラム

2016-09-10 [週刊大衆2016年09月12日号]

好色川柳「筍と 頬張る嫁に……」

入れ歯はストレスの一因にもなる。入れ歯があると手入れも大変だ。安定もしないし、臭いも気になる。自分の歯でフェラをしてくれる。多少の黄ばみや、がたつきは許される。


男女の仲において相性はとっても大切です。性格はもちろんのこと、親密なおつき合いには体の相性だって重要なのです。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号