人妻大衆TOP

新着


最近、銀行を舞台にした某ドラマが非常に話題となりました。話によればあのドラマで描かれた、銀行内部は意外とリアルであの様に権謀術数渦巻きドロドロしているのだとか。

グラビア

2015-03-16

魅惑の大きなお尻編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


自分でも意外なんだけど、ついセックスに応じちゃったんです よその奥サマたちとデキる秘密がこれ! 不倫なんて無縁そんな貞淑な奥さんが、ふらっと道を踏み外してしまう。 なぜだろう。 みんな、"魔法の言…


桃色コラム

2015-03-16 [週刊大衆03月23日号]

好色川柳「湯上がりの 閨(ねや)に艶めく……」

この冬は、ことのほか寒さが身に染みる。暖房代も馬鹿にならない。風邪など引けば、お手上げだ。湯上がりは至福の一服。床で寝息をたてる寒牡丹。そっと触れて吸う。


ショートヘアでボーイッシュな可愛らしさがある、ナミさん(26)は結婚して1年半の若妻だ。 「旦那さんとはセックスレスでもなく……お互い仕事をしているので、今は週に1~2回ぐらいです。エッチしているの…

グラビア

2015-03-15

若さ溢れるピンクの生下着編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


今回、何人かのスナックのママに話を聞いたところ、「お客とのエッチは基本的にNG」なのだとか。 「お客さんと寝たことが知れたら、常連の3分の2は離れちゃうわ。かといって色気も必要だし、ここの兼ね合いが…


駆け出しのグラビアアイドルや女優が、TV番組のプロデューサーや芸能界の実力者にカラダを売っている──。 たびたび、週刊誌などで芸能人による枕営業や売春疑惑が報じられてきたが、決定的証拠に乏しく、半…


なみさんは、24歳。7歳上の会社員男性と結婚して2年目だという。「旦那さんは優しくて、男らしい人です。最初は知人の紹介で知り合って、お互い一目ぼれみたいな感じでした」 と幸せそうな笑顔で答えるあたり…

近年、パンツを穿かない女性が急増中だという。特に、春になれば、多くのノーパン女子が街を闊歩し出すようだ。 それは聞き捨てならない! 記者はある女性に話を聞いてみた。 「春、夏になるとノーパンで出…


現在、ドイツの企業が夢のような商品を開発中! その商品とは何と、「洗って使えるコンドーム」。 そんな飽くなきチャレンジをしている企業はいくつかあるようだが、最先端をいっているのが、アインホルン(E…


グラビア

2015-03-14

肉感的!パンストの若妻編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


我々男性のストレス解消法と言えば、やっぱりお酒。気の置けない友人や同僚と楽しく呑む酒は格別で、日頃の辛いことも忘れ、明日への気力を奮い立たせる効果があります。しかし、お酒で痛い目に遭ってしまうことも…

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


美里有紗さんの履いているおパンティはどれ?


桃色コラム

2015-03-13 [週刊大衆03月16日号]

好色川柳「おひなさま エッチ心も……」

雛(ひな)人形は、優美でなまめくものがある。男心には良からぬ妄想も起きるが、女性は華やかな恋心に憧れる。春めく妄想は、女心に火をともす。胸いっぱいに春を謳歌したいもの。


「恥ずかしい。ほんと、顔が熱くなっちゃう」 可愛い声でやたら恥ずかしがるのは、エリカさん。結婚3年目、25歳の若妻だ。ちなみに、ご主人は大手企業に勤める会社員。 「真面目でおとなしい人です。でも、…

グラビア

2015-03-12

レズOLの脱がしっこ編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


編集部には「人妻に迫られた」という投書(自慢話?)も多く、最近では専業主婦から逆ナンパされたケースが目立っている。「3食昼エッチ付き」の乱れっぷりをレポートした。 専業主婦逆ナンパの理由 本誌の投稿…


白石悠さんの履いているおパンティはどれ?


最近は、妊娠が発覚してから結婚するカップルも多いと言います。その呼び名も昔は"出来ちゃった結婚"と少しばかりネガティブな言い方だったのが、今では"授かり婚"や・おめでた婚・と非常にポジティブ。

東京都世田谷区にお住まいの仁科あや子さん40歳。見るからに上品そうな美人奥様ですが、実はご主人との冷え切った夫婦関係で寂しい毎日を送っているとのこと。朝、ご主人とお子さんを見送り炊事洗濯を済ませると…


桃色コラム

2015-03-12 [週刊大衆03月16日号]

好色川柳「恋の夜 星が煌(きら)めき……」

たくさん降らせたことだろう。セックスレスのカップルが増えているという。少子化の波は続いてる。恋して、思う存分降らせば、星がきらめくがごとく子どもが生まれる。


「仕事仕事の毎日で忙しく、女の子との出会いもないので、LINEの〈知り合いかも?〉に表示されたカワイイ顔写真に、ついクラッとしてしまったんですよね……」 深い溜め息とともに、39歳独身の浜本剛さん(…


「ゆなです…今日はよろしくお願いします…」 そう恥ずかしそうに話すのが、結婚4年目の奥様・ゆなさん(24歳)。あどけなさの残るロリ系ながら、ぽってりとした唇が妙に色っぽい。謎めいた雰囲気も漂う彼…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号