人妻大衆TOP

新着


男性でも女性でも、頼まれると断れないタイプの人がたまにいます。グイグイと押してくるような人の言うがままになり、いつしかその人の色に染まってしまう。でも、本人にとってはそれで幸せだったりするから分から…

昼間のお仕事中は、まるで宇宙人と話しているような感覚ですが、夜は人間同士、肌を通じてわかり合おう! いわゆる"ゆとり世代"の1期生(1987年生まれ)が4年制大学を卒業し、社会に出て、今年で早や5…


桃色コラム

2015-03-24 [週刊大衆03月30日号]

素人人妻が主催する「すごくエッチな3Pサークル」極秘潜入

「出会い系サイトを見ていると、最近、〈理恵&美穂〉みたいに、友達と2人で登録し、〈私たち2人と3Pを楽しみませんか〉と相手男性を募集する女性のプロフィールが、やたらと目につくようになっているんです。…


桃色コラム

2015-03-24 [週刊大衆03月30日号]

好色川柳「前戯なし 亭主淡白……」

妻にしてみたら、即挿入は、人権侵害と言われても文句は言えない。何事も準備がいる。相手をいたわる気持ちが大事だ。手抜きが多いと、離婚の理由にもなるから、心して。


お金についての悩みは人にはなかなか相談できないものです。それがたとえ親密な間柄でもお金にだらしないと思われてしまいそうで躊躇してしまう場合も少なくありません。 今回登場するゆうさんもそんなお金の悩み…

グラビア

2015-03-23

美しい体のライン編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


桃色コラム

2015-03-23 [週刊大衆03月30日号]

好色川柳「中折れの 竿(さお)をいたわる……」

若い頃は、相手が求めなくてもいつでも勃起した。今は、年齢や、仕事や、浮気などを理由にしたくはないが、ときたま機能障害に落ちる。でも、優しい妻がいる。いたわる心がある。


桃色コラム

2015-03-23 [増刊大衆2月28日号]

バツイチ女性100人アンケート 知られざるリアル性生活

日本では、約1分49秒に1組が離婚している。特に、若年層の離婚が急増していて、20~24歳で結婚した女性の離婚率は約4割。周りには、若くてきれいなバツイチ女性が必ずいるというわけだ。バツイチ女性は「…


借金癖は病気と同じと言われています。借金をしてしまう人は、何度失敗しても借金を繰り返してしまうのだそうです。今回登場するゆいさんのご主人もそんな借金癖をもっている男性なのだそう。

グラビア

2015-03-22

細身のお姉さん編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


若い彼との濃密なひとときを思い出すたび、顔ばかりか、女の恥ずかしいところも熱く火照ってきます。 夫にだって明るいところではマトモに見せたことがないのに、よりによって、自分の息子(長男)と同じ年の大学…


グラビア

2015-03-21

挑発着替え編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


最近、年の差カップルが増えてきました。芸能界に至っては20歳近くも年の差のある男女が交際するのはもはや普通。一般の男女でも10~15歳くらいの年の差は当たり前。若い女性でオジサン好きが増えてきたとい…

病院はセクシーなチン事件の導火線がいっぱい! もしも火が着けば、たちまち人にはいえないとんでもないことに。 病院と裸はつきものだから、まれに、看護師さんたちも顔を赤らめるような下半身の事件が起きる…


多かれ少なかれ、男性の永遠の悩みともいえるかもしれない。それは、アレの大きさ。 キングスカレッジロンドンのデビット・ヴィール博士の研究チームは、17~91歳までの男性を対象にヨーロッパ、アフリカ、…


私がレジのパートを終えて帰宅すると、夫から電話がありました。会社の新年会の帰り、上司の取締役を拙宅に連れてくるというのです。 上司といっても、高校と大学の先輩。しかも、現在の会社も、その先輩の口利き…


夫婦生活も長くなってくると、お互いのことが空気の様な存在になっていくといいます。しかし、それは長い年月、燃えるような気持ちはなかなか持続しないため、致し方ない部分もあるのかもしれません。<

グラビア

2015-03-20

春を感じる胸元編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


名器って実際にあるのか?どうすれば味わえるのか? その道のプロたちに聞いた"本当の名器"とは何か?読者の皆さんは「名器」に当たった経験があるだろうか? 記者は残念ながら経験がありませんが、「名器」…


桃色コラム

2015-03-20 [週刊大衆03月23日号]

好色川柳「啓蟄(けいちつ)も わが愚息には……」

春が来ても、収まりどころがない愚息は寂しいね。春の花を愛で、花の香りを楽しみ、独り寝の床に春を呼んであげる。気持ちも高ぶり、前向きに花咲く春に突き進む。


夫婦であってもお互い隠していることが一つや二つくらいあるはずです。もちろん、いまこの記事をお呼んでいる皆様も心当たりがあるのではないでしょうか? そして、我々取材班が出会った人妻のりかさんもご主人に…

たとえて言うなら、天狗さんのそっくり返った巨大なお鼻。 しかも、真っ赤に充血し、この氷点下で、その若き巨茎は、ほわほわ湯気すら立ち昇らせていたのです。 私は一瞬、外が猛吹雪であることを忘れるほど衝撃…


グラビア

2015-03-19

モチモチのお腹編

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。


主婦のかたわら近くの青果市場で売り子のパートをされているという新藤れいかさん40歳。そのパート先で知り合ったバイトの若い大学生の男の子と浮気を続けていたそうなのですが、大学生の彼は就職活動のために半…


「私、子供の頃から、すごくエッチに興味があったんです」 なんとも困った(!?)ことを平然と言ってのけるのが、こちらのりえさん。24歳のキュートな奥様だ。 子供の頃から性に目覚めていたというが、実はこ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号