人妻大衆TOP

新着


「元旦那へのあてつけで、AVに出ようと思いました」 こう話すのは3か月ほど前に離婚した、いくみさん(26歳)。身長154cmの小柄なスレンダー系。清楚な雰囲気の漂う美女だ。

桃色コラム

2016-10-05 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「締めてこそ良妻……」

自慢じゃないが、うちの嫁は締まりがよすぎる。無論家計も、少ない小遣いで、毎月四苦八苦している。夜は夜で三擦り半で終ってしまう。もう少し緩めてと懇願する日々だ。


桃色コラム

2016-10-04 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「アスパラと笑った熟女を……」

この熟女に感謝する。言われなければ、ここまで奮起したか。言われたからこそ、アスパラが意地をみせた。長さがあるから奥に届く。二度も三度も泣かせた。もう笑わせない。


桃色コラム

2016-10-03 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「命賭け火傷覚悟で……」

演歌の世界を地で行くことにした。火傷が炎症を起こしている。家庭も崩壊し、仕事も失った。この人を死に物狂いで守ると、自己陶酔もした。明日からの生活が重くのしかかる。


物事を始めるのは、早ければ良いというわけではありません。
今回登場するわかさんも、セックスを体験したのは遅かったのですが、その後、濃厚な体験をして大輪の花を咲かせたのです。

桃色コラム

2016-10-02 [ヴィーナス08月04日号]

ヤリマンあるある!? 女性記者オメオメ子「破廉恥ムクムクSEX日記」

昨年から数えて新たにセックスした男性は2人。14年から数えても、前戯だけで終わった催眠術師が1人加わるだけだ。


桃色コラム

2016-10-01 [週刊大衆2016年10月03日号]

好色川柳「秋茄子を 嫁に食わすな……」

己(おのれ)の秋茄子を自画自賛する。この反り具合、色艶、硬さ、嫁が愛用する秋茄子よりも、自慢できる。嫁を覗けば、もう、秋茄子が収まっている。なんと、俺のより立派だ。


桃色コラム

2016-10-01 [ヴィーナス2016年08月04日]

人妻、独身、OL…タイプ別「三十代女子とSEXする方法」

かつては三十路女といえば恋愛やナンパの対象外だった。しかし現在、周りを見渡してみれば、一番ソソるのが30代女性だ。好奇心で突っ走った20代を経て、恋愛やSEXにも慣れて落ち着いた色気が出始める。また…


男性の多い職場だと、たまに職場を訪れる、保険のお姉さんがオアシスのような存在になったりします。そういう女性に笑顔で勧誘されると、つい保険に入ってしまったりすることも……。<

「元旦那へのあてつけで、AVに出ようと思いました」 こう話すのは3か月ほど前に離婚した、いくみさん(26歳)。身長154cmの小柄なスレンダー系。清楚な雰囲気の漂う美女だ。


誰しも多かれ少なかれ親や家族、友人、恋人など身近な人から様々な影響を受けています。 今回、登場するるみさんも、身近な家族から受けた様々な影響を受けてしまったのだそうです。


桃色コラム

2016-09-30 [週刊大衆2016年10月03日号]

好色川柳「秋茄子を 友に深け行く……」

収穫の秋はうれしい。秋茄子が所狭しと並んでる。選ぶ目が、今宵の喘ぎを想像させる。あれが入るか、これが収まるかと考えるだけで濡れてくる。独り身でも秋の夜は楽しい。


ショートヘアでボーイッシュな可愛らしさがある、ナミさん(26)は結婚して1年半の若妻だ。 「旦那さんとはセックスレスでもなく……お互い仕事をしているので、今は週に1~2回ぐらいです。エッチしているの…

桃色コラム

2016-09-29 [週刊大衆2016年10月03日号]

好色川柳「ああ凄い こんなの初めて……」

よかったね。たまにはイカせてあげないと、妻が不憫だ。初めてというぐらいだから、よっぽど凄かったんだろう。優しい言葉と甘い口づけで、逞しい櫓(ろ)を操り忘我の海へ誘う。


預金すると、見返りとして芸能美女が抱ける金融機関があるという。しかも複数プレイも可能というが、本当か?


セックスの最中、女性のあるポイントを愛撫した途端に息が乱れ、驚くほどにアエギ始めたこんな経験は、きっと多いはずだ。女性があられもなく乱れる性感帯とは、そもそも何なのか。そして、どう攻めればいいのか。


男性でも女性でも、頼まれると断れないタイプの人がたまにいます。グイグイと押してくるような人の言うがままになり、いつしかその人の色に染まってしまう。でも、本人にとってはそれで幸せだったりするから分から…

桃色コラム

2016-09-28 [週刊大衆2016年10月03日号]

好色川柳「あえぎ声 妻の寝息が……」

優しくそそる喘ぎは、心癒される。秋の虫の音に同調し、同化するかのようだ。秋の夜風が心地よい。滑る肌が白く輝く。逞(たくま)しい勃起が奥襞をなぞる。また、喘ぎが闇に溶ける。


桃色コラム

2016-09-27 [週刊大衆2016年10月03日号]

好色川柳「だんな様 今夜ばかりは……」

嫁さんの切実な願いだ。毎晩遅く帰ってきては高いびき。今夜は早く帰ると、約束したのに午前様。今日こそ守る、といって出社した。思いはたかぶるが、不安ばかりが募る。


桃色コラム

2016-09-25 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「黒光りする彼の……」

本当の茄子もいいが、やはり彼の黒茄子が一番好き。八百屋さんの茄子にもお世話になったが、この茄子、反りはいいけど、心がない。心のこもる黒光りする優しい勃起が好き。


男性ならば純真無垢な女性を自分色に染めてみたい、という願望を持ったことがある人も少なくないはず。古くは『源氏物語』の光源氏も幼い紫の上という姫を自ら育て妻にするというようなエピソードがあります。 今…

桃色コラム

2016-09-25 [ヴィーナス2016年08月04日号]

彼女がピンサロ嬢だった…フーゾクで本当にあった「深イイ話」

ドライな仕事だけの関係が繰り広げられる特別な場所。性欲と金欲の狭間から生まれた奇跡の物語をお届けします。


桃色コラム

2016-09-24 [週刊大衆2016年09月26日号]

好色川柳「嫁以外 食べさせたいな……」

妻帯者の妄想はつきない。据え膳食わぬは男の恥、とばかりとチャンスを狙うが、世の中そう、うまくはいかない。嫁に飽き、ひとりしごく茄子。好きで一緒になった嫁、大事にする。


桃色コラム

2016-09-24 [ヴィーナス2016年08月04日号]

初恋の人と、ドライバーと…フーゾクで本当にあった「深イイ話」

男の性欲と女の金欲が交錯する風俗――。ときには奇跡とも思える美しい話が存在する。男と女、両方の証言を徹底取材した!


童顔で可愛らしい30歳の主婦・ゆうこさん。 「AVの面接を受けたんですけど、いまになって、“本当に私、大丈夫かなぁ”と心配になってます」 と、不安を隠せない表情で語る。面接に挑んだ理由は2つ。お金と…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号