人妻大衆TOP

新着


童顔で可愛らしい30歳の主婦・ゆうこさん。 「AVの面接を受けたんですけど、いまになって、“本当に私、大丈夫かなぁ”と心配になってます」 と、不安を隠せない表情で語る。面接に挑んだ理由は2つ。お金と…

日本唯一のオリジナルアダルト番組を制作・放送するテレビ局「パラダイステレビ」主催の恒例行事「おっぱい募金」が今年も10月10日に東京・新宿で開催された。このイベントは、「アダルト業界に従事するパラダ…


桃色コラム

2016-10-12 [週刊大衆2016年10月17日号]

好色川柳「飽き茄子と 言われ浮気の……」

夫婦生活も長いと、飽きがきて当たり前のこと。原因は、お互いにあるはず。浮気に走るのは一般的な事柄。経費もかさみ、家庭崩壊の元ともなる。飽き茄子を秋茄子に変えていく努力を。


愛する妻ならば、やることなすこと、愛おしく見える。好きで一緒になれば、相乗効果も大きい。咥(くわ)える妻の頬を、優しく触れてあげる。この世で、一番美しく見えるはずだ。


誰しも多かれ少なかれ親や家族、友人、恋人など身近な人から様々な影響を受けています。 今回、登場するるみさんも、身近な家族から受けた様々な影響を受けてしまったのだそうです。

桃色コラム

2016-10-11 [週刊大衆2016年10月17日号]

温泉女将が教える「ワケあり不倫カップル」7つの特徴

旅先で見かける夫婦かな? あれ、でも、なんか違う。そんなイケナイ関係の2人には、共通点があるようで……。


桃色コラム

2016-10-10 [週刊大衆2016年10月17日号]

好色川柳「空閨に 耐えて秋茄子……」

ひとり閨(ねや)に、秋の風が吹き抜ける。あの人が逝って、早2年。浮気もせず、封印したままの疼(うず)きを、抑えてきた。でも、もう許してと祈る。見事な秋茄子が入っていく。嗚呼(ああ)!


桃色コラム

2016-10-10 [ヴィーナス2016年9月4日号]

日本一激安!「すすきの1980円ヘルス」大興奮の1日3本勝負

やって来ました北海道! 出張で訪れた今回は、1泊3000円のカプセルホテルに宿泊して節約した分、向かう先はもちろん、すすきの。 聞き込み取材をしたところ、この地には、すすきの一、いや、日本全国でも一…


「特技は空手と新体操です。体を動かすのは昔から大好きなんです」 こう話すのはレミさん、32歳。運動神経が抜群とあって、しなやかなボディは女豹のよう。そんなセクシーな美人妻がなんと、AV面接を受けた。…

お酒ほど上手くつきあえばストレス解消や人間関係を良くするのに役立つものもありません。 しかし、それが過ぎると痛い目に遭ってしまうことも……。 今回登場するえみるさんも、飲み過ぎて失敗してしまった経験…


AV面接を受ける奥様の8割以上が「旦那とはセックスレス」だ。しかし今回、取材した静香さん(37)は、 「旦那は底なしなんですよね。1回は短いのですが、出した後もフニャッとならず、何回も何回も求めてく…


桃色コラム

2016-10-07 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「秋茄子を頬張るアワビ……」

独り身でも秋の夜長は、することがあるから楽しい。今年の秋茄子は立派だ。間をあけることなく収まっている。少しでも動けばイク。明日はこの茄子、よく洗ってぬか床に。


「旦那さんとの夜の生活ですか? ウフフ」 意味ありげに微笑むのは、22歳の新妻・みなさん。とっても可憐な美女で、まだ10代でも通用しそう。

桃色コラム

2016-10-06 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「八百屋行き、胡瓜とお茄子……」

胡瓜はイボつきだし、茄子は先太りと、どれかと悩む。どれ一つとして、同じモノはないから選択にも苦しむ。旦那で満足できれば、八百屋には来ない。今夜は胡瓜のイボがいる。


桃色コラム

2016-10-05 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「締めてこそ良妻……」

自慢じゃないが、うちの嫁は締まりがよすぎる。無論家計も、少ない小遣いで、毎月四苦八苦している。夜は夜で三擦り半で終ってしまう。もう少し緩めてと懇願する日々だ。


桃色コラム

2016-10-04 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「アスパラと笑った熟女を……」

この熟女に感謝する。言われなければ、ここまで奮起したか。言われたからこそ、アスパラが意地をみせた。長さがあるから奥に届く。二度も三度も泣かせた。もう笑わせない。


ショートヘアでボーイッシュな可愛らしさがある、ナミさん(26)は結婚して1年半の若妻だ。 「旦那さんとはセックスレスでもなく……お互い仕事をしているので、今は週に1~2回ぐらいです。エッチしているの…

桃色コラム

2016-10-03 [週刊大衆2016年10月10日号]

好色川柳「命賭け火傷覚悟で……」

演歌の世界を地で行くことにした。火傷が炎症を起こしている。家庭も崩壊し、仕事も失った。この人を死に物狂いで守ると、自己陶酔もした。明日からの生活が重くのしかかる。


桃色コラム

2016-10-02 [ヴィーナス08月04日号]

ヤリマンあるある!? 女性記者オメオメ子「破廉恥ムクムクSEX日記」

昨年から数えて新たにセックスした男性は2人。14年から数えても、前戯だけで終わった催眠術師が1人加わるだけだ。


桃色コラム

2016-10-01 [週刊大衆2016年10月03日号]

好色川柳「秋茄子を 嫁に食わすな……」

己(おのれ)の秋茄子を自画自賛する。この反り具合、色艶、硬さ、嫁が愛用する秋茄子よりも、自慢できる。嫁を覗けば、もう、秋茄子が収まっている。なんと、俺のより立派だ。


長い黒髪の似合う清純なお嬢様っぽい若妻のハルコさん(23歳)は、夫にはまだ知られていない性癖があるそうだ。 「主人と付き合う前に交際していた人が、野外でするのが好きだったんです。公園や車の中、漫画喫…

桃色コラム

2016-10-01 [ヴィーナス2016年08月04日]

人妻、独身、OL…タイプ別「三十代女子とSEXする方法」

かつては三十路女といえば恋愛やナンパの対象外だった。しかし現在、周りを見渡してみれば、一番ソソるのが30代女性だ。好奇心で突っ走った20代を経て、恋愛やSEXにも慣れて落ち着いた色気が出始める。また…


「元旦那へのあてつけで、AVに出ようと思いました」 こう話すのは3か月ほど前に離婚した、いくみさん(26歳)。身長154cmの小柄なスレンダー系。清楚な雰囲気の漂う美女だ。


誰しも多かれ少なかれ親や家族、友人、恋人など身近な人から様々な影響を受けています。 今回、登場するるみさんも、身近な家族から受けた様々な影響を受けてしまったのだそうです。


「さおりです! 21歳になります!」 元気いっぱいの声で答えてくれたのは、結婚1年目の新妻・さおりちゃん。あどけない顔立ちながらアヒル型の唇が妙に色っぽい。そして、実に明るい性格のようだ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号