人妻大衆TOP

新着


誰しも多かれ少なかれ親や家族、友人、恋人など身近な人から様々な影響を受けています。 今回、登場するるみさんも、身近な家族から受けた様々な影響を受けてしまったのだそうです。

桃色コラム

2016-10-28 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「嚙み殺す 喘ぎ二階に……」

親の援助がある二世代住宅は、それなりに悩みがあるのだろう。若い嫁さんが来ただけで、義父は生きる喜びを感じているはずだ。夜伽(よとぎ)の時間は、神経戦になる。大声出すのもいいかも。


桃色コラム

2016-10-27 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「混浴や のぼせてしまう……」

混浴できる温泉場は、数少ないことと思う。運よく巡り合えたら、楽しむに限るね。のぼせて当然、大いに楽しませていただく。もし美人に会えたら、来年はいい年になるかも。


桃色コラム

2016-10-26 [週刊大衆2016年10月31日号]

働くオンナたちの「秋の淫らSEX」絶頂告白

寝ても覚めてもHなことを考えている――そう、現代女性は愛欲に飢えている! 人肌恋しい今がチャンス!!


普段マジメな人ほどいったんタガが外れると、良からぬことにのめりこんでしまうといいます。今回登場するあきらさんも、この間までは品行方正な人妻だったのに、ひょんなきっかけで変わってしまったのだそうです。

桃色コラム

2016-10-26 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「老妻の 垂れ乳含んで……」

ひとり暮らしの老人が増えている現在、老いても妻がいることに感謝したい。垂れた胸でも、含める喜びを噛みしめたい。触れることのできる存在があること事態、稀有なことだ。


桃色コラム

2016-10-24 [週刊大衆2016年10月24日号]

好色川柳「秘境の湯 ランプのあかり……」

なるべく遠くへ行きたいと、あなたは言った。ランプの灯りで夕餉(ゆうげ)、薄明りの入浴、ぼんやり浮かぶ白い肌、夜風に揺れる心、忘我に身をまかす。言葉の見つからない夜が更けていく。


桃色コラム

2016-10-24 [週刊大衆2016年10月31日号]

現役アイドルを「首都圏ヘルス」で発見!

「繁華街で見た」という証言が、すべての始まりだった。地道な取材の結果たどりついた彼女との一夜は熱く……。


同窓会などに行くと、女の子が学生時代は地味だったのに、いきなり美人になっているなんてことはよくあります。

桃色コラム

2016-10-23 [週刊大衆2016年10月24日号]

好色川柳「秋の夜 虫もおどろく……」

秋の夜のしじまにとどろく妻の嗚咽。風情に鳴いている虫もさぞかし驚くはずだ。妻の泣きは、私の勝利宣言だ。泣いている顔の、なんと美しいことか。老いても泣き止まないでと思う。


桃色コラム

2016-10-23 [週刊大衆2016年10月31日号]

石原さとみ「巨乳化が止まらない!」目撃証言

「このところ、映画にドラマに大活躍している石原さとみ(29)ですが、それに比例するように、おっぱいがどんどん大きくなっているんです」(芸能記者)


桃色コラム

2016-10-22 [週刊大衆2016年10月24日号]

好色川柳「よがり声 いち時鳴き止む……」

嗚咽が秋の夜を満たしていく。恥ずかしいから、今夜は泣かせないでといったあなた。でも、あなたは泣いた。昨夜より激しく泣いた。秋の虫が遠慮して鳴き止んだ。秋のしじまに染みていく。


話す口調は穏やかで丁寧。上品な雰囲気が漂う、まなさん(33)は結婚10年目の人妻だった。まずはAV面接に応募した理由を尋ねると、「旦那とSEXレスでして、欲求不満も溜まり、応募させていただきました」…

つ、ついに……。 ×月●日(火) 私の「性枯れ」を心配に思ったらしい周りの人が、飲み会を開催した。まあ、合コンである。


清楚系ルックスながらムッチリボディが魅力的な彼女は、みあさん。現在25歳のOL妻だ。 「結婚4年目になります。旦那さんは……結構、年上ですよ(笑)」 どうやらかなりのオジサンのようで、夜のほうも最近…


男性ならば、人に言えないような妄想をしてしまったことがあるはず。会社の新人の女の子と○○○とか、近所の美人な奥さんと×××という感じに様々な妄想を日常茶飯事のごとくしているはず。しかし、こんな妄想を…


「旦那は優しいですけど、物足りなくて」 こう申し訳なさそうに語るのは、ちえさん。現在25歳の若妻で、どこかオドオドした雰囲気が可愛い。だが、その可憐な見た目とは裏腹に、 「エッチは激しめが好きなほう…

桃色コラム

2016-10-21 [週刊大衆2016年10月24日号]

好色川柳「完熟し 柔さがそそる……」

妻と出会えたことに感謝する。心はともかく、体にこんなにも癒されるとは思ってもいなかった。唇は天使のしずく、乳房は熱い抱擁、花園は安堵の調べ。今宵も天使と戯れるか。


「あのFカップ乳がムニュムニュと揉みしだかれる様を、今度こそ見られるのかもしれませんね……。間違いなく、来年の“最大の注目作”でしょう」 映画ライターがこう鼻息を荒くするのは、上戸彩(31)のこと。…


桃色コラム

2016-10-20 [週刊大衆2016年10月24日号]

好色川柳「からませた 脚から温もり……」

秋の夜は、心和ませてくれる。風のせいか、はたまた虫の音か。妻の寝息がかわいい。からむ脚に、なんともいえぬ温もりが。後ろから滑るように入っていく。秋の音が染みていく。


子育て中の奥サマは、子育ての忙しさや、ダンナが妻を母親としてしか見られなくなってしまったなどの理由でめっきりセックスレスになってしまうことも少なくありません。

桃色コラム

2016-10-19 [週刊大衆2016年10月24日号]

佐々木希「純白の生パンティ」最新写真集がスゴイ!

嗚呼、エロ過ぎる!「9月末に発売された佐々木希(28)の最新写真集『かくしごと』が、とにかくすごい。生尻に食い込んだ“純白の生パンティ”まで披露しています」(芸能記者) 見てみると……おおっ、鼻血が…


 清純派からの脱皮、借金返済、なし崩しで……全裸になったとき、彼女たちは、いったい何を思ったのか!? 当時18歳、人気絶頂にいた国民的美少女の宮沢りえ(43)が脱いだ91年11月、日本列島に激震が走…


桃色コラム

2016-10-16 [ヴィーナス2016年9月4日号]

トラベル&セックス! 10万円で行ける「スケべぶらり旅」

ひと夏のアバンチュール……そんな華々しい世界とは無縁の記者についに、ついにチャンスが到来!! フーゾクではない、笑顔の優しい素人女性と好き放題ヤリまくる!


結婚すると会話がだんだん減ってしまうご夫婦も少なくありません。そうならないためには共通の話題が必要になってきます。 今回登場するえりなさんはご主人とは共通の趣味で結ばれ結婚3年目にしてラブラブなんだ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号