人妻大衆TOP

新着


「今じゃなきゃダメなんだ! こっち向けよ!!」 なんて猛プッシュされて、思わず飛び込んだのが5人目の彼。歴代の彼氏の中で唯一のオッパイ好きで、パイズリを完全マスターさせられました。 胸が張りすぎてて…

体育館にある用具置き場、生徒面談室、保健室、学校にはエッチしやすい場所がいっぱい  あろうことか、神聖な学校内でコトに及ぶ先生もいらっしゃる。数学教師の沙織さん(26)は、57歳の教頭と職員室でした…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

検察官は法廷で強い怒りをあらわにした。「被告人は被害女性が苦しむ姿を見て快楽をむさぼるという、卑劣極まりない行状に及んだのです!」 男は、出会い系サイトで知り合った人妻を自分の部屋に誘い込み、彼女を…

イヤラしい自分ををさらけ出すことで、教師としての自分と女としての自分のバランスを取るの  以前、風俗店でバイトしていた29歳の現役教師が懲戒処分を受けたという事件がニュースになった。中学高校などの学…

タグ

 究極の挿入快感は射精されるときだという。“ナマ入れ”は男の快感だが、“ナマ出され”は女性の快感のようだ。 「子供が欲しくて直に受けたとき、本当にビックリしました。その瞬間、お湯をかけられたと思うぐ…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

エッチの経験があまりないので、AVデビュー作は初めてチャレンジすることばかりでした。3Pやハメ撮りはもちろん初めてだったし、潮を吹いたのも、イったのも初めての経験でした。男優さんも優しく接してくれた…

 最後に、フィニッシュしたあと、どうされるといいか、聞いてみた。各年代とも〈すぐに抜かず、しばらく入れたままにしておいてほしい〉がトップだった。 「そのとき、キスをしたり髪をなでたりして“よかったよ…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

今回お越しいただいたのは設楽あやさん43歳。サラリーマンのご主人と小学生のお嬢様との3人家族。学生時代から付き合っていたご主人一筋で結婚11年目。

桃色コラム

2018-04-05 [週刊大衆2018年4月9日号 ]

老舗「ハプニングバー」に本誌女性記者が潜入してみた!

 他所では言えない欲望を満たすため、人々が集う場所。重くて厚い扉を開き記者がカラダを張って見たものとは!?  開放的に性を謳歌できる淫らな場所。ハプニングバーに、そんな印象を持つ方も多いのではないだ…

タグ

〈挿入中に言葉はいらない〉と答えた女性はけっこう多いが、これは男性の側に問題があるようだ。「愛撫にしても、あんまり“これ、いい?”とか聞かれると、なんかうざいし……気が散るんですよね」(ゆずきさん=…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

タグ

院内でこっそりオナニーを…  女医と一口にいっても、「科」によってタイプは異なるそうだ。「外科は突発的な手術も多く、30代になっても忙しい。何より、すぐに人の生死に関わる現場ですから、緊張感もハンパ…

 男の場合、チン棒への物理的な刺激が射精への必要十分条件だが、女性は、これだけでは不足なのだとか。冒頭のアダルトショップ女性店長によると、「より深いエクスタシーを感じるためには、挿入している最中に、…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

タグ

桃色コラム

2018-04-04 [週刊大衆2018年4月9日号]

「憧れの女性とSEX」できる“魔法のコツ”

 簡単には手を出せない相手。そんな“高嶺の花”を口説き落とす、魔法のテクを徹底検証。すぐに試すべし!  かつては“20世紀最後の正統派アイドル”と評された女優Y・Tの不倫騒動が、日本男児の心を刺激し…

タグ

マンネリはセックスの大きな敵  結婚して25年の人妻・佐伯優子(49)さんは、ある日、“目覚めた”という。「夫とのセックスがマンネリなので、ものは試しとディスカウントショップでナース服を買ったんです…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号