人妻大衆TOP

新着


「街でたまたま声をかけられて……最初はやっぱり抵抗はありました」 緊張気味にこう話すのは、清楚なお嬢様系美女のエミコさん(28歳)。 結婚2年目の人妻なのだが先日、街でスカウトされてAV面接を受けた…

桃色コラム

2016-11-14 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「紅ひいて 女生きゆく……」

忘れていた女を取り戻すことができるのか、差す紅がいつもより赤い。疼(うず)きはある、思えば濡れる、指を入れてみる、女が蘇(よみがえ)ってくる。まだまだ女。好きになる人に会えるかも。


桃色コラム

2016-11-13 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「朝勃ちに またがる妻の……」

冬の足音がする。布団から、なかなか抜け出せない。横でまだ寝ている夫の隆起を見ている。昨夜の満足から、もう濡れている。疼きを止めるため、そっと跨(またが)る。寒さも忘れる。


桃色コラム

2016-11-12 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「床上手 歳の数だけ……」

性の手引書には、数多くの体位が紹介されている。一つ一つ試していくのも楽しみだが、相応の体力がいる。結局のところ好きな体位は、相手の顔を見てイキたいし、イカせたい。


最近は、妊娠が発覚してから結婚するカップルも多いと言います。その呼び名も昔は"出来ちゃった結婚"と少しばかりネガティブな言い方だったのが、今では"授かり婚"や・おめでた婚・と非常にポジティブ。

まず一目見て、目を奪われるのは胸元! とにかく凄まじい巨乳なのだ。 そんなデカパイの奥様がこちらの、りかさん(40歳)。母性的な雰囲気のある癒し系美女だ。


夫婦生活も長くなってくると、お互いのことが空気の様な存在になっていくといいます。しかし、それは長い年月、燃えるような気持ちはなかなか持続しないため、致し方ない部分もあるのかもしれません。<


桃色コラム

2016-11-11 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「感じ過ぎ 夫の前で……」

片時も忘れたことはない。夫と比べたことはないし、比べようがないぐらい彼が好き。愛の言葉をくれる、前戯は時間をかける、溢(あふ)れる泉は私の答え。やっぱり夫と比べてる。


借金癖は病気と同じと言われています。借金をしてしまう人は、何度失敗しても借金を繰り返してしまうのだそうです。今回登場するゆいさんのご主人もそんな借金癖をもっている男性なのだそう。

桃色コラム

2016-11-10 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「夢に見た 裸エプロン……」

倦怠期は、どんな夫婦にもある。夫婦どちらかの浮気が大きな原因を占める。若くて美形のエプロン姿を妄想するのも、こんな時期かも。浮気の代償は大きく重くのしかかる。


桃色コラム

2016-11-10 [週刊大衆2016年11月14日号]

人妻とSEXできる「密事サークル」淫ら実態

「成功(性交?)率はなんと160%なんすよ、160%!」 口元を緩ませ、興奮気味に報告するのは本誌風俗取材班の遊軍ライター・N(41)である。


桃色コラム

2016-11-07 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「剃毛して 朝夕秋肌……」

秋、真っ盛りだ。朝夕が涼しくなった。夫にいわれて剃ってしまった。今朝は一段と涼しさが身に染みる。毛がないほうがキレイだね、と言った。愛撫する時間が、いつもより長くなった。


スナックやキャバクラの女性は、客の気を惹くために色恋営業というテクニックを使うことがあります。 元キャバ嬢というしおりさんはそんな色恋営業から結婚に至ってしまったそうです。

今、日本を囲むアジア近隣諸国の若者たちの間で“神の器”と呼ばれるとんでもないオナホールがあることをご存じだろうか。正式名称『アールニジュウ』。説明書きを見るとこのような文言が記載してある。


一昔前、アイドルといえば手の届かない存在だったのですが、最近の女の子にとって、アイドルは見るものより、なるものなんだそうです。 今回、登場する女性もそんな元アイドルの奥様でした。


「友達に誘われたんです。“新しい自分が見つかるかもしれない”って(笑)」 こう言い訳まじりにAV面接を受けた理由を語るのは、エミさん(28歳)。お嬢さまっぽい丁寧でおっとりとした話しぶりが魅力的な奥…


もしあなたが浮気をしていて、それが奥さんにバレてしまったらどうするでしょうか? 今回登場するのは、ご主人の浮気に気づいてしまったまゆさん。彼女はその後どんな行動を取ったのでしょうか?

桃色コラム

2016-11-04 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「入れ歯でも 乳首甘嚙み……」

普段は嚙み合わせが悪いのに、乳首だとなぜかスムーズだ。味わいたい気持ちが神経に伝わる。時間をかけないと、勃起が遠い。今夜も、乳首で終わりそうだ。妻は寝ている。


桃色コラム

2016-11-03 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「朝立ちも 無駄にはしない……」

夫の朝勃ちが、目覚ましだ。テントを張る面積が、今朝は大きい。そっと下ろすと鎌首が逞(たくま)しい顔を出す。我慢ができず、すぐに入れる。スムーズに奥まで。夫の寝たふりは続いてる。


桃色コラム

2016-11-02 [週刊大衆2016年11月07日号]

40代人妻の「不倫激増」4つの理由

普段は控えめでしとやかな奥様が、些細なきっかけで道ならぬ道へ……。そこに隠された女心を徹底分析!


ラブラブな夫婦がいつのまにやらセックスレスに……。そんなことが起こってしまう理由の一つに出産があります。子どもが産まれたことによりお互いの関係性が変わり、次第にセックスから遠ざかるパターンが多いそう…

桃色コラム

2016-11-02 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「お先にネ! 寝息の嫁の……」

なぜか吐息が乱れてる。心拍数も上がってくる。薄化粧した私が分かるだろうか。それほど、今夜は欲しい。女の性が激しく揺れている。嗚呼! あの人が入ってくる。効果覿面だ。


桃色コラム

2016-11-01 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「だめだめと 乙女のそぶり……」

年を重ねても、初々しい素ぶりは失わない。それが女の生きる糧。乙女の常套句(じょうとうく)は忘れない。頬を染めるのも自然な所作。痛くないのに、痛いといってみる。うれしそうなあなた。


桃色コラム

2016-10-31 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「自転車の 太ももに見とれ……」

女性が自転車で、風をきる姿は美しい。なびく長い髪、べダルを踏む伸びた脚。見ていてうっとりしてしまう。風のいたずらでスカートがめくれることも。何事も運次第か。


「旦那とのSEXがあまりにつまらなくて……」 こんな理由でAV面接を受けたと語るのが、24歳の若妻・エリちゃん。黒髪の似合う清純派ロリ系で、女子学生役でも通用しそうな可憐な奥様だ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号