人妻大衆TOP

新着


スポーツでや楽器、コレクションなど、どんな趣味でも覚えたての頃は、とにかく楽しくてしようがなかったりします。それはセックスでも同じ。これを読んでいる皆さんも初体験の後、猿のようにセックスをしたなんて…

今、日本を囲むアジア近隣諸国の若者たちの間で“神の器”と呼ばれるとんでもないオナホールがあることをご存じだろうか。正式名称『アールニジュウ』。説明書きを見るとこのような文言が記載してある。


一昔前、アイドルといえば手の届かない存在だったのですが、最近の女の子にとって、アイドルは見るものより、なるものなんだそうです。 今回、登場する女性もそんな元アイドルの奥様でした。


「友達に誘われたんです。“新しい自分が見つかるかもしれない”って(笑)」 こう言い訳まじりにAV面接を受けた理由を語るのは、エミさん(28歳)。お嬢さまっぽい丁寧でおっとりとした話しぶりが魅力的な奥…


男性の本能として、素敵な女性がいたらセックスをしてみたいと思ってしまうものです。女性は一見、性欲を表には出しませんが、彼女たちだって、いくつになっても素敵な男性とおつき合いしたいと思っているのです。

桃色コラム

2016-11-04 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「入れ歯でも 乳首甘嚙み……」

普段は嚙み合わせが悪いのに、乳首だとなぜかスムーズだ。味わいたい気持ちが神経に伝わる。時間をかけないと、勃起が遠い。今夜も、乳首で終わりそうだ。妻は寝ている。


桃色コラム

2016-11-03 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「朝立ちも 無駄にはしない……」

夫の朝勃ちが、目覚ましだ。テントを張る面積が、今朝は大きい。そっと下ろすと鎌首が逞(たくま)しい顔を出す。我慢ができず、すぐに入れる。スムーズに奥まで。夫の寝たふりは続いてる。


桃色コラム

2016-11-02 [週刊大衆2016年11月07日号]

40代人妻の「不倫激増」4つの理由

普段は控えめでしとやかな奥様が、些細なきっかけで道ならぬ道へ……。そこに隠された女心を徹底分析!


若い夫婦にとってお金を稼ぐことは重要課題。最近の奥サマは専業主婦は夢のまた夢、共働きしないとやっていけない家庭がほとんど。 今回、登場するあんずさんも、共働きをしながらお金を貯めて、ご主人とマイホー…

桃色コラム

2016-11-02 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「お先にネ! 寝息の嫁の……」

なぜか吐息が乱れてる。心拍数も上がってくる。薄化粧した私が分かるだろうか。それほど、今夜は欲しい。女の性が激しく揺れている。嗚呼! あの人が入ってくる。効果覿面だ。


桃色コラム

2016-11-01 [週刊大衆2016年11月07日号]

好色川柳「だめだめと 乙女のそぶり……」

年を重ねても、初々しい素ぶりは失わない。それが女の生きる糧。乙女の常套句(じょうとうく)は忘れない。頬を染めるのも自然な所作。痛くないのに、痛いといってみる。うれしそうなあなた。


桃色コラム

2016-10-31 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「自転車の 太ももに見とれ……」

女性が自転車で、風をきる姿は美しい。なびく長い髪、べダルを踏む伸びた脚。見ていてうっとりしてしまう。風のいたずらでスカートがめくれることも。何事も運次第か。


白衣の天使とも呼ばれる看護師さん。彼女たちのお仕事は、言うまでもなく過酷。しかし、そんなことは微塵も感じさせずに笑顔で頑張り、患者たちを時には癒し、時には元気づけてくれるのが天使たる所以。 今回登場…

桃色コラム

2016-10-31 [週刊大衆2016年11月07日号]

横綱は石原さと美! テレビ美女「真の隠れ巨乳」最新番付

隠し事は誰にもあれど、芸能美女たちがあえて隠すのは、巨大バスト。脱いだらスゴいムチムチ秘所を本誌が鑑定する!


桃色コラム

2016-10-30 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「虫の音か 息子の嫁の……」

秋の夜は楽しみが多い。息子は虫の音に合わせるようにと、いってあるらしい。できた嫁で、呼応する術を身につけている。それはそれで忍び音の二重奏だ。素晴らしい嫁だ。


今月から連載担当になった「アラフォー独身バイセクシャル」のアナル中山です。とてつもないプレッシャーで、思わずアナルが引き裂かれそうですが、変わり種風俗ライターとして名を馳せ、片思い中のニューハーフ・…


垂れ目の大きな瞳が可愛い奥様、エリカさん(27歳)は思わず、抱きしめたくなるタイプ。身長も149cmと小柄で実に愛らしい。 「今日はよろしくお願いします」 と、チョコンと頭を下げて恥ずかしそうに微笑…

「主人とは仲は良いんですけど…エッチは、昔からあまり好きじゃないのかな。いまは全くないですね」 夫婦生活の秘密を恥ずかしそうに語るのは、マミさん(37歳)。結婚歴12年、子供はおらず、夫婦水入らずの…


最近は年の差20歳くらいのカップルが誕生することは珍しいことではありません。 今回登場するりんさんも26歳もの年の差を超えて結婚。その夫婦生活はどんなものなのでしょうか?


桃色コラム

2016-10-29 [ヴィーナス2016年10月04日号]

性格いいタレントは誰!?「お願いすればSEXさせてくれる」と噂の芸能美女

彼女たちは、いわゆる“ヤリマン”ではない!! 男に土下座で頼まれると断れない“女神様”は芸能界にも多数、存在。世の男たちを優しさで包んでいるのだ。


人は見た目によらないと言います。でも、これはよくあることで、誰もが一見しただけでは若ならい様々な一面を持っているということの証でもあります。

桃色コラム

2016-10-28 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「嚙み殺す 喘ぎ二階に……」

親の援助がある二世代住宅は、それなりに悩みがあるのだろう。若い嫁さんが来ただけで、義父は生きる喜びを感じているはずだ。夜伽(よとぎ)の時間は、神経戦になる。大声出すのもいいかも。


桃色コラム

2016-10-27 [週刊大衆2016年10月31日号]

好色川柳「混浴や のぼせてしまう……」

混浴できる温泉場は、数少ないことと思う。運よく巡り合えたら、楽しむに限るね。のぼせて当然、大いに楽しませていただく。もし美人に会えたら、来年はいい年になるかも。


桃色コラム

2016-10-26 [週刊大衆2016年10月31日号]

働くオンナたちの「秋の淫らSEX」絶頂告白

寝ても覚めてもHなことを考えている――そう、現代女性は愛欲に飢えている! 人肌恋しい今がチャンス!!


一昔前、アイドルといえば手の届かない存在だったのですが、最近の女の子にとって、アイドルは見るものより、なるものなんだそうです。 今回、登場する女性もそんな元アイドルの奥様でした。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号